2020年1月10日 (金曜日)

聖火リレールート(八潮市・三郷市)を走行してみた道路情報レポート2020。

地元三郷市も聖火リレールートに選定されました。🏁

20200110_road_01

さて、東京2020オリンピック競技大会の聖火リレールートが公表され、リレールートに三郷市が選定されました。聖火は福島から全国47都道府県巡ります。埼玉県は46番目に通過。三郷市は埼玉県ルートの2日目、2020年7月8日(水)になりました。ルート区間は、八潮市の自動車販売店前から三郷市のさいたまダイハツ三郷店前まで。県道29号草加流山線を通る約1.3kmのコースだ。🎠

で、聖火リレーが通るルートを車で走行してみました。🚗

出発地点【自動車販売店前】(八潮市八條) 出発予定時間:9時9分

国道298号線と交わる八潮八条交差点から東へ県道29号草加流山線を進むと、左右に車関係のお店があります。左手に「クロカンワールド」・「オートスピリット八潮店」、右手に「クライスラー・ジープ八潮店」があるので、この辺りがスタート地点になるのでしょう。ランナーたちはお店の駐車場スペースで出発待機になるのかな?。

ここから、県道29号草加流山線を東へ(三郷市方向)、聖火ランナーが駆け抜けるルートです。走行していきましょう。💨

20200110_road_03

スタート地点近く右手に「珍来総本店 八潮ドライブイン店」があります。🍴

この辺りは、道幅も広く、両側に歩道がある。沿道で声援を送りやすいポイントでしょう。🎪

20200110_road_04

この辺り、高さのある建物は、パドック島田3階建てくらい。(あとは、真向かいの石田株式会社の建物)。🏢

20200110_road_05

まもなく、八条橋西詰交差点を通る。🚗

20200110_road_06

八条橋西詰交差点から先は八条橋を渡る為、少し上り坂となる。歩道は右側だけになる。🚗

20200110_road_07

中川にかかる八条橋を渡ります。🚗

20200110_road_08

中川を渡る。左側は歩道がないので、川上の船から中継カメラが入るのかな?。💦

20200110_road_09

中川を越えると三郷市に入ります。八条橋交差点を直進する。🚗

20200110_road_10

八条橋交差点を過ぎると、左側に歩道が復活する。右手に「安楽亭三郷店」、左手に「カレーハウスCoCo壱番屋三郷彦成店」がある。🚗

20200110_road_11

上彦名バス停付近。右手に「ワークマン三郷上彦名店」、左手に「バイクプラス三郷店」がある。🚗

20200110_road_12

左手に「日産プリンス埼玉販売三郷八条橋店」。ショールーム内から声援出来たら涼しそう。🚗

20200110_road_13

左手に「吉川警察署」がある。🚗

20200110_road_14

左手に「すき家三郷上彦名店」、右手に「ヒューマンスイミングスクールみさと」がある。🚗

20200110_road_15

右手に「Honda Cars 三郷西店」がある。街道沿いだけにディーラー屋さんなど車関係のお店は多い。🚗

20200110_road_16

右手に「イエローハット三郷店」、左手に「上彦名香取神社」がある。🚗

20200110_road_17

左手に「レッドバロン三郷」や「パソコンファーム」がある。🚗

20200110_road_18

到着地点【さいたまダイハツ三郷店前】(三郷市上彦名) 到着予定時間:9時30分

右手に「さいたまダイハツ三郷店」がある。県道67号葛飾吉川松伏線との交差点付近。このあたりが聖火リレーの到着地点となる。約1.3kmずっと直進のルートだ。🚗

「聖火リレールート(八潮市・三郷市)」

八潮市八条から中川を渡り三郷市上彦名へ、県道29号草加流山線を東へ進む約1.3kmのルートコース。🚗

 

埼玉県コース・2日目「2020年7月8日(水)」

市町村区名 出発予定地 到着予定地
八潮市・三郷市 自動車販売店前 (09:09発) さいたまダイハツ三郷店前 (09:30着)

 

聖火ルート上で声援をする場合、通常、八潮側(西側)を向いて聖火ランナーが来るのを待つ状態になるでしょう。と言う事で、聖火ルートコースを逆走(三郷→八潮)してみました。🎥

20200110_road_19

到着地点の「さいたまダイハツ三郷店前」。この辺りは、幅広く見えるポイントなので、多くのギャラリーがいるかもな。👀

ここから、県道29号草加流山線を八潮方面へ向かってみます。🚗

20200110_road_20

「吉川警察署」付近。三郷市側は、左右両側とも歩道が狭い。人で混雑するだろうし、移動も大変になると思われる。さらに、日陰の個所が多めになりそう。暑さしのぎにはなるが、写真映りに難儀しそうかも。📷

20200110_road_21

「八条橋交差点」です。🚗

20200110_road_22

八潮市側です。声援を送るにも写真を撮るにも良さげである。日陰がない分、暑いかも知れない。🚗

聖火リレーが行われる7月8日は、梅雨時期とは言え暑いと思われる。埼玉県2日目の1か所目が「草加市」、2か所目が「八潮市・三郷市」です。なので、ここを聖火ランナーが通るのは9~10時くらいではないかと推測される。(→2020.02.17追記 出発9時9分・到着9時30分と発表されました。)🎧

そこで、7月8日、過去10年分の天気(東京)をまとめてみた。🎤

年月日 最高気温 最低気温 天気(9時)
2019年7月8日(月) 24.8 17.7 ☁ 曇り
2018年7月8日(日) 32.2 24.5 ☁ 曇り
2017年7月8日(土) 33.7 22.8 ☀ 晴れ
2016年7月8日(金) 29.8 22.1 ☁ 曇り
2015年7月8日(水) 26.6 19.9 ☁ 曇り
2014年7月8日(火) 31.5 21.6 ☁ 曇り
2013年7月8日(月) 35.3 25.7 ☀ 晴れ
2012年7月8日(日) 26.6 19.9 ☔ 雨 
2011年7月8日(金) 31.4 26.5 ☁ 曇り
2010年7月8日(木) 30.1 22.9 ☀ 晴れ

 

梅雨時期とはいえ雨の確率は低い。9時の気温は25度くらいでしょうかね。☁

20200110_road_23

八条橋、歩道側にやってきた。車道よりも少しだけ歩道が高い。声援も写真撮るのも良さげだ。ただ、八条橋、川の上だし安全上の問題で立ち入り不可になるかも知れない??。📷

20200110_road_24

中川の風景を合わせ、八条橋は良き撮影スポットだ。📷

20200110_road_25

八条橋西詰付近は上り坂になっているので、ここから撮影も良さそう。沿道の人は多いだろうが..。📷

20200110_road_27

中川土手から八条橋を撮影するのもありでしょう。あとは、聖火ランナーがこっちを向いてくれたらラッキーだね。👀

八潮市・三郷市ルートの後、聖火は、吉川市・越谷市ルートへ移動します。🚢

聖火リレー公式HPは、「オリンピック聖火リレールート情報」→「埼玉県のルートマップを見る」を参照の事。📺

尚、車からの映像画像は、ドライブレコーダーの動画データを編集しています。🎥

ちなみに、グーグルマップ「出発地点」です。どこで、声援を送ろうか、いろいろ検討してみましょう。📺

と言う事で、聖火リレールート(八潮市・三郷市)を走行してみた道路情報レポートでした~。 🐶

(2020.02.17追記) 出発と到着の予定時間が発表されました。八潮市・自動車販売店前、出発予定時間は9時9分、三郷市・さいたまダイハツ三郷店前、到着予定時間は9時30分と発表されました。🎥

2020年1月 7日 (火曜日)

三郷IC出口(西)交差点改良工事のお知らせ。2020年3月頃完成予定。

交差点改良で事故数が減るといいね。🚗

20200107_kanban_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある三郷IC出口(西)交差点です。国道298号線と県道67号葛飾吉川松伏線の交点です。🚥

国土交通省関東地方整備局北首都国道事務所の交通安全事業として、現在、交差点改良工事を行っています。ここの、三郷IC出口(西)交差点は、県内有数の事故が発生する交差点なのだ。改良して、運転しやすくなって、事故件数を減らしたいものです。⛽

20200107_kanban_2

交差点の周囲には、工事実施に関するお知らせの看板が設置されている。🎤

20200107_kanban_3

【現在の交差点】

国道298号線外回りは、外環三郷西IC出口からの流入ポイントで渋滞発生。🚗

国道298号線内回りは、三郷IC出口からの流入ポイントで渋滞発生。🚗

三郷IC出口(西)交差点で、交通事故発生。💢

20200107_kanban_4

【改良後の交差点】

A.[外回り] 右折車線と転回路が設置されます。

B.[外回り] 左折車線が延長されます。

C.[内回り] 右折車線が2車線になります。

D.[内回り] 側道入口形状が変わります。(転回路から側道に進入できません)

20200107_kousaten_1

国道298号内回り(草加方向)、三郷IC西出口合流部から三郷IC出口(西)交差点の区間。県道吉川方面への右折レーンが2車線になります。🚩

20200107_kousaten_2

国道298号内回り、吉川・戸ヶ崎方面への側道分岐の形状が変わります。外回りからの転回路流入が新設されます。💦

20200107_road_11

国道298号外回り(松戸方向)は、左折車線が延長されます。👣

外環三郷西IC出口からの流入、さらに、左折車線への車線変更がかなり危険状態。渋滞も発生するし、もう少し改良できるといいんだけどね。👂

できれば、県道北側(吉川方面)からの三郷IC出口(西)交差点においても、左折車線を2車線にして欲しいな。こちらも渋滞列長いので。🎮

改良交差点工事は、令和2年3月20日までと表示されています。3月には改良された交差点が運用開始される事でしょう。🚙

という事で、三郷IC出口(西)交差点改良工事のお知らせ(2020年3月頃完成予定)レポでした~。🐶

「三郷IC出口(西)交差点」 埼玉県三郷市天神  国道298号線と県道67号葛飾吉川松伏線の交点 📝

2019年12月19日 (木曜日)

首都高小松川ジャンクション(7号小松川線→C2中央環状線)を走行してきた2019。

中央環状線(埼玉方面)と小松川線(千葉方面)のアクセスが可能になりました。🚗

20191218_road_19

さて、車で走行しているところは、東京都江戸川区にある小松川ジャンクション付近です。首都高速小松川ジャンクションは、7号小松川線(京葉道路方面)とC2中央環状線(堀切JCT方面)のみを相互接続するクォーターJCTである。今までは、小松川線と中央環状線は立体交差するものの接続はしていなかった。しかし、時を経て、2019年12月1日(日)17時小松川JCTが開通しました。🚗

20191219_road_20

早速、小松川JCTを利用してみようと、7号小松川線(両国JCT方向)を走行中。🚗

小松川JCT分岐1km手前の案内板。🎤

20191219_road_21

小松川JCT分岐500m手前の案内板。🎤

C2中央環状線(堀切JCT方面)へは、左分岐となる。🎤

直進も左分岐も6号の表示あり。これは、ちょっと紛らわしいかも知れない。ちなみに、直進は6号向島線(箱崎JCT・江戸崎JCT方面)、左分岐は6号三郷線(加平IC・三郷IC方面)と6号向島線(堤通IC・向島IC方面)になる。🎧

20191219_road_22

今月開通した小松川ジャンクション。左折分岐初めての走行だ。どんな感じかな。👀

20191219_road_23

左から、中環小松川ICから合流してきます。🚗

20191219_road_24

ぐんぐんと上り坂。中央環状線の上を越す為、かなり上昇する。🚗

20191219_road_25

料金所300mの案内があり。JCT区間内は、時速40km規制です。🎤

20191219_road_26

右への急カーブとなります。🌙

20191219_road_27

直進しながら下り坂が続く。🚗

20191219_road_28

まもなく、料金所になります。速度を落としましょう。🚗

20191219_road_29

中環小松川料金所です。2レーンあり、直進右側のレーンがETC線用、左側レーンがETC・一般供用です。🚗

20191219_road_30

料金所ブースを通過。🚗

20191219_road_31

左車線から、本線へ合流します。🚗

20191219_road_32

C2中央環状線、高さのある高架を走行する。防音壁がなく、下が見えるので、運転ちょっと怖いんだよね。💦

20191219_road_35

逆方向、中央環状線から小松川線への小松川JCTも走行しました。そのレポは、「首都高小松川ジャンクション(C2中央環状線→7号小松川線)を走行してきた2019。」へどうぞ。✋

尚、掲載写真画像は、ドライブレコーダー(車載カメラ)のデータを使用しています。🎥

と言う事で、首都高小松川ジャンクション・7号小松川線からC2中央環状線へ走行してきたレポでした~。🐶

「小松川ジャンクション」 東京都江戸川区西小松川町 2019年12月1日(日)17時開通 📝

2019年12月18日 (水曜日)

首都高小松川ジャンクション(C2中央環状線→7号小松川線)を走行してきた2019。

中央環状線(埼玉方面)と小松川線(千葉方面)のアクセスが可能になりました。🚗

20191218_road_01

さて、車で走行しているところは、東京都江戸川区にある小松川ジャンクション付近です。首都高速小松川ジャンクションは、7号小松川線(京葉道路方面)とC2中央環状線(堀切JCT方面)のみを相互接続するクォーターJCTである。今までは、小松川線と中央環状線は立体交差するものの接続はしていなかった。しかし、時を経て、2019年12月1日(日)17時小松川JCTが開通しました。🚗

20191218_road_02

早速、小松川JCTを利用してみようと、C2中央環状線(葛西JCT方向)を走行中。かつしかハープ橋を通過。🚙

20191219_road_33

平井大橋IC出口分岐にて。次は「小松川JCT」と案内。🎤

20191218_road_03

小松川JCT分岐1km手前の案内板。🎤

20191218_road_04

小松川JCT分岐500m手前の案内板。🎤

20191218_road_05

小松川JCTに差し掛かりました。7号小松川線へは、左へ分岐します。🌙

20191218_road_06

今月できたての小松川ジャンクション。初めて走行します。どんな感じかな。🎧

20191218_road_07

分岐連絡道路は、時速40km規制です。スピード注意。💦

20191218_road_08

直進下り道です。この先、左へ急カーブがあります。🎮

20191218_road_09

本線の下まで下がり、右手に荒川、左手に中川が見えるね。🔍

20191218_road_10

半径50mの急カーブです。走行注意。🌙

20191218_road_11

直進になると、右から7号小松川線に合流します。👣

20191218_road_12

右車線へ合流します。💣

20191218_road_13

合流してすぐ、小松川IC出口へ分岐します。今までは、右への分岐出口だったが、この度、小松川JCTが開通に合わせ、左への分岐に変わった。💋

20191218_road_14

今回は、小松川ICで降りましょう。🎁

20191218_road_15

この先は、一般道にでます。船堀街道(新小岩・西葛西方面)へ出られます。👜

20191218_road_16

出口清算用ETCゲートを通ります。📩

20191218_road_17

高速出口、一般道に合流するが、この先は2車線になります。📺

20191218_road_18

この信号の先、船堀街道・小松川ランプ入口交差点になります。2車線右側は、右折専用(西葛西方面)になる。🚥

20191218_road_19

逆方向、小松川線から中央環状線への小松川JCTも走行しました。そのレポは、「首都高小松川ジャンクション(7号小松川線→C2中央環状線)を走行してきた2019。」へどうぞ。✋

尚、掲載写真画像は、ドライブレコーダー(車載カメラ)のデータを使用しています。🎥

と言う事で、首都高小松川ジャンクション・C2中央環状線から7号小松川線へ走行してきたレポでした~。🐶

「小松川ジャンクション」 東京都江戸川区西小松川町 2019年12月1日(日)17時開通 🚗

2018年12月24日 (月曜日)

三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。

大きな車両通行対応させる為かな。

20181224_kousaten

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にあるスマートIC入口交差点です。交差点から常磐道三郷料金所スマートICへ向かう道路が工事中です。

20181224_keiji_1

スマートIC入口交差点近くには、工事案内が掲示されています。

20181224_keiji_2

この工事は、三郷料金所スマートIC道路改良工事です。工事期間は、平成31年3月22日まで。

現在、スマートIC入口交差点からスマートIC方面へは、大型車は通行できません。スマートICは、中型・大型・特大車は通行不可です。今後、大型車を含め全車両通行できるようになります。その為の、道路改良工事なのでしょう。おそらく、...。

20181224_road_1

道路の半分が工事の為、通行する道幅が狭くなっています。

20181224_road_2

工事個所は既に砂利になっているね。

20181224_smart_ic

三郷料金所スマートインターチェンジ入口です。

20181224_shizai

道路脇、資材置き場?なのかな。それとも、今回の工事と関係なし?。

20181224_road_3

反対側側道に来ました。スマートIC出口方向も道路工事が始まっています。

20181224_road_5

こちらも、道幅がかなり狭くなっています。夜間時は特に走行注意です。

20181224_road_6

側道とスマートIC出口合流部。道が狭いし、スピード落とさず突っ込んでくるので、特に走行注意です。

20181224_road_7

工事は左側だけなんだろうか。完了後、右側も工事するのだろうか。

20181224_road_8

この付近はコーンを設置している。

20181224_road_9

今後は、大型車も通れる道になるんだね。

現在、三郷料金所スマートインターチェンジは、水戸方面出入口だけのハーフインターだが、2023年度にはフルインター化を予定しています。つまり、三郷料金所スマートICから東京・外環方面へも行き来できるようになります。

さらに今後、この付近、三郷流山橋有料道路から三郷団地方面へ向かう道路が交差する予定(計画段階)でもある。

という事で、三郷料金所スマートIC道路改良工事中レポでした~。

ちなみに、過去の三郷料金所スマートICのレポート記事は、以下のリンク先へどうぞ。

「三郷料金所スマートインターチェンジ」 〒341-0013 埼玉県三郷市小谷堀

2018年10月23日 (火曜日)

三郷流山橋有料道路、三郷側橋脚工事が始まった2018。

2023年度暫定開通へ向け工事が始まりました。

20181023_kanban_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある江戸川土手です。埼玉県三郷市と千葉県流山市の間を流れる江戸川に新たな橋梁を整備する事になりました。その橋とは、三郷流山橋有料道路であり、流山橋をはじめとした周辺道路の渋滞緩和と地域間の連携強化を目的とするものです。一応、三郷流山橋は仮称となっている。

20181023_kouji_1

国から道路工事の許可がおり江戸川河川敷の整地工事が始まりました。

20181023_setumei_1

(仮称)三郷流山橋を開通させるために、まず、新しい橋脚をつくっています。橋りょう全体を支える重要な構造物です。

20181023_kouji_2

河川敷、この整地している直線部分に橋梁が設置されるのでしょうか...?。

20181023_setumei_2

今回の工事は、「P1橋脚」・「P2橋脚」・「P4橋脚」の工事を行います。P1橋脚・P2橋脚は同じ形だけど、P4橋脚だけ違う形です。P4橋脚、川の水のあるところに造るから基礎が特殊なのです。

20181023_post

県道三郷幸手自転車道・江戸川土手の海から29.5kmポスト付近にて、三郷流山橋と土手がクロスする事になる。住所としては、埼玉県三郷市田中新田である。

20181023_kouji_3

工事の先、江戸川を超えると流山市に入る。県道5号松戸野田線バイパス・茂侶神社前の交差点へ接続される。途中の、流山街道(松戸野田線)は立体交差になるようだ。(接続はできず?側道合流?)。

20181023_toti

三郷側は、県道21号三郷松伏線前間交差点に接続される。その方向は木々があったり、田んぼがあったりである。多少、建物があるので、それらは転居・移転される事になるのだろうか?。

20181023_mikado_coffee

ミカド珈琲商会三郷工場の南側を、三郷流山橋有料道路が建設される事になる。

20181023_smart_ic

三郷流山橋有料道路の建設とあわせ、常磐道三郷料金所スマートICの東京方面の出入り口新設フルインター化も予定されている。こちらも2023年度開設予定。ここのフルインター化は前倒しで開通して欲しいけどなぁ...。

20060115_misatonagareyamesen_2006

元々、都市計画道路三郷流山線として平成17年(2005年)に計画されていた。そのまま江戸川を越え、茨城県つくば市まで全長32kmだ。その記事は、「県道三郷流山線が開通すると便利になるね2006。」へどうぞ。

ようやく、まずは、江戸川にかかる橋の建設にとりかかったという事だ。

20181023_map

まずは、(仮称)三郷流山橋有料道路として延長約2km、三郷市前間~流山市三輪野山間、片側暫定1車線で2023年度暫定開通を目指すことになる。まぁ、5年後かぁ..。ちなみに、この有料道路の通行料金は、普通車150円・軽自動車100円・軽車両等(自転車・原付バイク)20円になる見込みである。

まぁ、これから少しずつ工事が進められる事でしょう。まだ先の話だが楽しみである。

という事で、三郷流山橋有料道路、三郷側橋脚工事が始まったレポでした~。

上の地図位置は、三郷流山橋の三郷側橋脚設置工事場所です。三郷市田中新田付近。

2018年6月 8日 (金曜日)

外環道千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)を走行してきた2018。

ツナガリ、ツナグ。GAIKAN

20180608_misato_minami_1

さて、2018年6月2日(土)16時、東京外かく環状道路・三郷南IC~高谷JCT間の約15.5kmが開通しました。外環道千葉区間ができて、外環と京葉道路・東関東道・小松川線・湾岸線が繋がり、アクセス便利になりました。

で、週末、早速ドライブ走行してきました。三郷南ICを通過だ。

20180608_edogawa

江戸川を渡ります。ここから、千葉県に入ります。

20180608_jyuutai_info_1

江戸川を渡ると、京葉道路・東関東道の渋滞区間情報、走行時間が表示されています。箱崎・辰巳・宮野木までの時間があり、特に宮野木までは、京葉道路経由と東関東道経由両方の時間が表示され、ルート選択できるようになっている。

20180608_tunnel_1

松戸市に入ると地下区間となります。トンネル入口です。

20180608_matsudo_enter_2

松戸IC入口合流部です。地下区間は半地下構造となっていて、外からの光が入るように設計されています。

20180608_blue_light

松戸ICを過ぎると、青い点滅の光が出現します。これは、青い光の流れでドライバーを誘導する「ペースメーカーライト」が設けられている。走行速度が低下した場合の速度回復支援である。

20180608_kita_chiba_jct

ここは、北千葉JCTです。北千葉道路とつながる予定のジャンクション。とりあえず、分岐箇所だけ作られている。開通すれば、東松戸・千葉ニュータウン・成田空港方面へアクセスできる予定だ。

20180608_itikawa_kita_exit

市川北IC出口分岐です。

20180608_bunki_info_1

京葉JCTの案内表示。分岐まであと3km。首都高小松川線と京葉道路へ分岐できる。

20180608_itikawa_cyuuou_enter

京葉JCT1km手前で、市川中央IC入口が合流してきます。

20180608_keiyou_jct

京葉JCTです。首都高小松川線・京葉道路へは、左へ分岐します。

20180608_itikawa_minami_exit

市川南IC出口分岐です。

20180608_tunnel_2

登り坂になり、トンネルを出ます。

20180608_koya_jct_info

高谷JCTまで1.1km。千葉方面は左分岐、東京方面は右分岐となる。

20180608_koya_jct_1

外環道の終点、高谷ジャンクションに来ました。

20180608_koya_jct_2

直進2車線は東関東道千葉方面へ、右へ分岐する2車線は首都高湾岸線東京方面へ分岐します。

20180608_higashi_kantoudou

今回は、左、千葉方面へ分岐し、東関東道へ走行します。高谷JCT、カーブして、降りていく風景は、なかなかダイナミックだな。

外環道開通した千葉区間(三郷南~高谷間)は約15.5kmと距離的には短いので、あっという間に完走できます。ちなみに、三郷中央IC(三郷中央料金所)から高谷JCTまで走行時間は14分でした。いゃあ~早いよぉ。

今回の開通で、船橋・幕張方面、浦安方面へ行くのにかなり時間短縮になって、利用したくなるな。

なお、走行時の写真は、ドライブレコーダーで撮影した動画を、静止画キャプチャしてブログ投稿しています。

という事で、開通した東京外環自動車道千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)を走行してきたレポでした~。

2018年6月 4日 (月曜日)

外環道三郷中央インターチェンジを利用してきた2018。

三郷中央ICが開設され、早速、ドライブ利用してみました。

20180604_info_1

さて、2018年6月2日(土)16時、東京外かく環状道路千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)が開通しました。それに伴い、三郷中央インターチェンジも開設されました。千葉区間側の出入口があるハーフインターである。IC番号は「81」。

三郷中央IC入口へ案内する道路標識も設置されている。基本的に三郷IC(西入口)の方向へ向かえばよいです。(入口乗り場は少し離れている)

20180604_enter_1

では、三郷中央インターチェンジ、入口への紹介。国道298号線松戸方向へ進んで行くと、三郷JCT付近で、三郷中央IC入口へ分岐する案内標識があります。

20180604_enter_2

外環道の道路情報を表示する電光掲示板があり。

20180604_enter_3

国道298号線から、右へ分岐します。

三郷中央IC入口です。国道298号線との分岐位置。

20180604_enter_4

直進していくと、その先に、上へ登っていきます。

20180604_ryoukinjyo_1

三郷ジャンクション、首都高・常磐道からの車線と合流します。

20180604_ryoukinjyo_2

三郷中央ICの料金所となります。ゲートは3レーンあり、右側と左側はETC専用、中側はETC・一般の供用である。

元は外環三郷東料金所で、三郷中央IC開設により、三郷中央料金所に名称変更されました。

20180604_gouryuu_1

料金所を抜けると、本線へ左側から合流します。

この先、三郷南インターチェンジから先は、今回新たに開通した千葉区間となる。ちなみに、三郷中央IC~高谷JCTまでは、14分で走行できた。あっという間に、湾岸道へ抜ける事ができます。

20180604_exit_1

さて、今度は三郷中央インターチェンジ、出口の紹介。三郷南ICを通過し、少し走行すると、三郷中央IC出口1.5kmの案内板が設置されている。

20180604_exit_2

800m先の三郷中央IC出口の案内。その先2kmの、首都高・常磐道へ分岐する三郷ジャンクションの案内があり。ちなみに、外環道では、三郷JCT・三郷ICへの出口は無いので、三郷中央ICで降りる事になります。

20180604_exit_3

三郷中央IC出口500mの案内。

20180604_exit_4

本線と三郷中央IC出口の分岐点です。直進は大泉方面と表示。

20180604_exit_5

分岐の道路は、時速40km規制となる。

20180604_etc

下り坂の途中、ETCゲートがあります。ここを通過して、出口清算となる。

20180604_exit_6

左側側道には、歩行者や自転車が入り込まないよう棒が設置。

一旦、右側からの国道298号線の側道に合流します。

20180604_exit_7

さらに、国道298号線本線に合流します。この先に交差点があるので、赤信号時には渋滞しています。

三郷中央IC出口です。国道298号線合流箇所。

20180604_hanawada

国道298号線に合流して、最初の交差点は花和田交差点です。三郷市役所・三郷駅方面へは右折したいところだが、国道合流時に渋滞していたら、なかなか、右折車線に行くのが難しいかも。

国道298号線千葉区間も同時開通されたが、こちらは、交通量も多く渋滞しやすいです。千葉区間は外環道を使った方が走行時間はかなり短縮されます。もちろん、三郷中央ICから京葉道・湾岸道へはかなり時間短縮になった。船橋・幕張方面へは楽になったね。

三郷市内の今後の高速道路事情としては、常磐道三郷料金所スマートインターチェンジの東京方面出入口の新設が要望としてあがっています。事業認可され、開設されたら、これまたとても便利になるんだよね。

なお、走行時の写真は、ドライブレコーダーで撮影した動画を、静止画キャプチャしてブログ投稿しています。

という事で、外環道三郷中央インターチェンジを利用してきたレポでした~。

ちなみに、三郷中央IC開設前のレポは、以下のリンク先へどうぞ。

【2018.06.08追記】

20180608_matsudo_enter_2

開通した外環道千葉区間を走行してきました。松戸IC~市川南IC間は半地下構造のトンネルになっています。地上からの光が差しています。

20180608_koya_jct_1

外環道は東関東道と湾岸道に接続します。便利になりましたな。走行してきたレポは、「外環道千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)を走行してきた2018。」へどうぞ。

2018年5月14日 (月曜日)

東京外かん「松戸インターチェンジ」開通プレイベントに行ってきた。松戸IC~江戸川橋梁間を歩く2018。

高速道路開通前のウォーキングイベントに行ってきた。

20180514_gate

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある外環道松戸インターチェンジ付近です。ここで、2018年5月12日(土)、東京外かん「松戸インターチェンジ」開通プレイベントが開催されました。来場者は約15000人だったそうです。

外環道千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)が、2018年6月2日(日)16時に開通します。開通前に、高速道路を歩けるというイベントという事で、松戸ICに行ってきました。入口ゲートをくぐり、中へ入りました。

20180514_enter

松戸IC出口部の道路から下って入っていきます。

20180514_road_01

外環道千葉区間のほとんどは、地下を走行します。なので、トンネル区間なのだ。

20180514_cycle

イベント当日は、GAIKANサイクリングが同時開催。事前予約制だが、松戸IC~高谷JCT間を自転車で走行するイベントもありました。約1600人の参加だったようです。機会があったら、参加してみたかったけどね...。

昔、外環道埼玉区間(三郷JCT~和光IC間)の開通前に、自転車開放されて、外環三郷西IC~和光IC間を自転車で走行した思い出が懐かしい...。

20180514_bunki

松戸IC出口分岐の案内板。直進は三郷方面と表示。

20180514_oreno_gaikan

俺の外環という事で、工事を担当した人たちの名言が心に響く。

20180514_bunki_2

松戸IC出口分岐点です。

20180514_photo

松戸の歴史写真展がありました。常磐線列車の大混雑の様子という事で、昭和22年、馬橋駅の風景。いゃあ~、すごいね。

20180514_photo_2

昭和28年頃の松戸駅西口の風景。

20180514_road_02

今回のウォーキングは、松戸IC(出口)から江戸川橋梁まで片道約3kmを歩く事が出来ます。内回り線を埼玉・三郷方面へ歩いて行きます。

松戸IC出口分岐地点は市川市で、本線を少し北上して松戸市に入る。

20180514_hiroin

司会進行役のメイドールズというそうだ。

20180514_super_car

スーパーカーの展示がありました。

20180514_road_03

外環道千葉区間は、半地下構造。地下トンネルではあるが、地上からの光が入るように設計されている。

20180514_road_04

未来トンネル。東京大学とのコラボレーションによる先端科学を活用した音と映像の体験型インスタレーション。

20180514_road_05

坂を登っていくと、地上部に出てきます。

20180514_kinen

記念撮影用パネル。松戸市にとっては、初めての高速道路の開通だからね。待ち遠しいでしょう。

20180514_kitcin_car

フードコートエリアです。キッチンカーによる飲食販売があります。

20180514_route_6

高速道路から眺めた国道6号線。外かん矢切入口交差点付近です。国道298号線が開通すると、ここから、市川市方面へも行けるようになります。

20180514_road_06

地上部高架になった道路を歩いて行きます。目的地までの走行時間を表す表示。川口JCTまで・柏まで・小菅JCTまでの3カ所表示されます。

20180514_edogawa

江戸川橋梁部までやってきました。

20180514_road_07

今回のウォーキングは、江戸川橋梁部までとなる。この先は、埼玉県、三郷南ICへ続きます。三郷南IC付近まで歩けたら良かったのになぁ...。担当管轄が違うからなのでしょうか。

20180514_road_08

戻りましょう。反対に向きを変えると、1直線の道路が先へ伸びています。

20180514_road_09

箱崎・辰巳・宮野木までの走行時間と渋滞情報が表示されます。外環道からは、京葉道路、湾岸道どちらも行けるので、宮野木JCTへの京葉道路経由と湾岸道路経由の到達時間が分かるようになっている。これは、いいね。

20180514_jyouban_line

高速道路から、JR常磐線の眺め。

20180514_classic_car

クラシックカーの展示がありました。

20180514_nashi_water

フードコートで販売していた梨ウォーターを購入。千葉県産の梨を使った飲料。これ、なかなか美味しいと思うよ。ふなっしーをデザインしたら、もっと売れるかも。

20180514_exit

非常階段を使って出口に出ます。

20180514_kaidan

非常階段をえいこらしょっと登っていくと、地上に出ます。

20180514_road_10

国道298号線の側道部も整備されています。

20180514_road_11

矢切っ子歩道橋からの眺め。国道298号線三郷方向です。

20180514_road_12

国道298号線市川方面です。

20180514_ryoukinjyo

松戸IC入口、松戸料金所です。料金所を通過すると、地下へもぐり、外環道に合流します。

20180514_kousaten

国道298号線と県道1号市川松戸線が交わる交差点名は、「松戸IC北交差点」です。

国道298号線の信号機は、新型小型LED信号機を採用されていますね。

20180514_bus

松戸駅西口(市民劇場前)と会場間は、無料シャトルバスが運行されました。10分間隔なので、やや空いていました。

八柱駅南口とも30分間隔で運行されていました。

20180514_poster_2

待ちに待った、外環道千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)が平成30年6月2日(日)16時に開通します。並走する国道298号線も同時に開通します。交通量はかなり増えそうだろうけど、走行時間短縮となり便利になる事でしょう。

という事で、東京外かん「松戸インターチェンジ」開通プレイベントに行ってきたレポでした~。

ちなみに、外環道開通前ウォーキングイベント過去開催時の訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20180514_poster

告知ポスターです。

「東京外かん「松戸インターチェンジ」開通プレイベント」 開催日:2018年5月12日(土) 開催時間:10時~16時(最終入場15時) 会場:松戸インターチェンジ(千葉県松戸市三矢小台) 入場無料 京成バス中矢切バス停下車徒歩約1分 松戸市民劇場前から無料シャトルバスあり

2018年3月 6日 (火曜日)

外環道&道の駅オープンフィールドinいちかわ、開通前の高速道路を歩いてきた2018。

開通前の高速道路工事区間が特別開放され歩いてきたよ。

20180306_hyoushiki_1

さて、やってきたところは、千葉県市川市にある道の駅いちかわ付近です。ここで、2018年3月4日(日)、外環道&道の駅オープンフィールドinいちかわが開催されました。外環道千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)が2018年6月頃までの開通予定で、開通前の高速道路の開放と道の駅いちかわオープン前のイベントとして開催された。

20180306_gate

こちらは道の駅いちかわ入口ゲート前。会場は多くの人で大混雑だ。

20180306_stage

イベントステージでの披露がありました。

20180306_sisetu_1

道の駅いちかわの施設。現在、工事中である。建物自体はほぼ出来上がっています。

この建物は、地域振興施設で、メインホール・レストラン・物販・飲食施設・FM放送ブース等が設置される。

20180306_sisetu_2

このガラス張りの建物は何かな?。ここは、情報提供施設兼用の24時間利用可能なトイレである。

20180306_gurumet

いちかわうまいもの市エリア。市川の特産品と地元のお店からうまいものが大集合。しかし、混み過ぎで味わうのは断念。

20180306_misatoshi

三郷市のブースがありました。

20180306_mitinoeki_itikawa_image

道の駅いちかわの完成イメージです。平成30年4月オープン予定です。

20180306_road_01

建設中の国道298号線を少し歩く。

20180306_road_02

市川北IC出口から地下へ入っていきます。

20180306_road_03

少し急な坂道を降りていく。

20180306_road_04

外環道・高速道路部本線にやってきた。半地下構造になっていて、地上からの光が差し込むようになっている。

20180306_road_05

スリットから光が差し込む景観はちょっと幻想的。

20180306_hyoushiki_2

市川北インターチェンジ出口分岐の案内標識。

20180306_norimono

市川北IC出口分岐付近では、はたらくクルマ大集合エリアで、建設車両等の展示・乗車体験ができました。

20180306_marason

外環道内回りでは、マラソン大会が行われていました。

20180306_panel

工事に関するパネル紹介がありました。

20180306_gaiyou

「道の駅いちかわ」の概要です。面積は17323平方メートルで、駐車台数は120台(大型48台・小型72台)です。

20180306_super_car_1

スーパーカー大集合の時間になりました。見たことがない!?。世界のスーパーカーが外環道にやってきた。

20180306_super_car_2

爆音は抑え気味だが、続々とパレードのようにスーパーカーが目の前を通り過ぎていきます。

20180306_super_car_3

どのクルマもかっこいいね。それにしても、どんどんスーパーカーがやってくるな。

20180306_super_car_4

このスーパーカーパレード。贅沢なひと時だなぁ。

20180306_super_car_5

最後までスーパーカー見ていたかったが、トンネル内での走行だけに爆音と共に、排気の臭いが充満してきた。なので、これで会場を退散しました。

20180306_soubu_line

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、JR総武線本八幡駅か市川駅です。会場へ直通無料シャトルバスが運行されています。バスの本数が多い本八幡駅で下車しました。

20180306_bus_stop_1

本八幡駅北口ロータリーからシャトルバスが10分おき発車するのだが...。

20180306_gyouretsu

なんと、乗車の為の待ち行列が、本八幡駅交差点付近まで続いていた。係員に聞いてみると、乗車に約1時間待ちとの事。いゃあ~唖然です。

20180306_bus_stop_2

本八幡駅をあきらめ、JR線で1駅乗って、市川駅にやってきた。市川駅からも無料シャトルバスが運行されているが、案の定、大行列である。なので、国分高校行き有料路線バスに乗車しました。こちらは、車内満員だが1回で乗車できました。

20180306_bus_stop_3

最寄となる曽谷春雨橋バス停で下車。路線バス自体も遅延していたが、会場周辺の道路も大混雑していて、結構時間がかかった。では、会場へ向かおう。すると、帰りの為の無料シャトルバス待ちの行列が...。う~ん...。

20180306_kaijyou_map

会場マップ・周辺マップです。

2018年6月までに開業予定の外環道千葉区間。市川北IC付近には、並行して走る国道298号線に道の駅いちかわが2018年4月オープン予定である。開通・開業へ向け、まもなくだ。

それにしても、千葉県側待望の高速道路開通だからなのか、ものすごい来場者だったな。シャトルバスピストン輸送でもさばけず、周辺道路は大渋滞。この周辺は道が狭いので、外環道や国道298号線の開通で少しは渋滞緩和になるといいですね。

という事で、外環道&道の駅オープンフィールドinいちかわに行ってきたレポでした~。

ちなみに、外環道千葉区間・松戸IC付近も開通前ウォーキングしてきました。その参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20180306_panf_1

パンフレット表紙面です。

「外環道&道の駅オープンフィールドinいちかわ」 開催日:2018年3月4日(日) 開催時間:10時~16時 会場:道の駅いちかわ付近(千葉県市川市国分6-10-1付近) 入場無料 本八幡駅・市川駅から無料シャトルバス運行

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん食べねた。 おまけねた。 かつしかバルねた。 さいたま市ねた。 つくばエクスプレスねた。 つくば市ねた。 におどり公園ねた。 みさと公園ねた。 よしかわ街バルねた。 らーめん巡りねた。 イルミネーション鑑賞ねた。 ウイスキー飲みねた。 ウェブログ・ココログ関連 カフェ・喫茶店ねた。 カレー食べねた。 グルメイベントねた。 グルメ・クッキング コンビニねた。 サッカーねた。 ジャズ演奏観覧ねた。 スイーツグルメねた。 スポーツ ニュース パン食べねた。 ビール飲みねた。 プロ野球ねた。 ワイン飲みねた。 三郷七福神めぐりねた。 三郷市寺社めぐりねた。 三郷市桜散策ねた。 三郷市消防出初式ねた。 三郷市路線バスねた。 三郷料金所スマートインターチェンジねた。 乗り物その他ねた。 八潮市ねた。 北越谷駅まちバルねた。 吉川市ねた。 地元(三郷市)ねた。 地酒日本酒呑みねた。 埼玉西武ライオンズねた。 守谷市ねた。 寺・神社めぐりねた。 小川町ねた。 川口市ねた。 川越市ねた。 市川市ねた。 懸賞ねた。 新松戸星空バルねた。 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 早稲田公園ねた。 映画・テレビ 春日部市ねた。 東武健康ハイキングねた。 松戸市ねた。 柏市ねた。 水元公園ねた。 流山市ねた。 珈琲ねた。 社会科見学ねた。 祭りねた。 花火大会観賞ねた。 草加市ねた。 葛飾区ねた。 蕎麦食べねた。 西武鉄道ウォーキング&ハイキングねた。 越谷市ねた。 足湯ねた。 足立区ねた。 車・ドライブねた。 道の駅ねた。 道路ねた。 鉄道ねた。 音楽 飛行機・空港ねた。 飲み・食べ処ねた。 飲み物ねた。 ETCねた。 JR三郷駅ねた。 JR武蔵野線ねた。 JR駅からハイキングねた。 misato styleねた。 PASMOねた。 SA・PAねた。 Suicaねた。 TVドラマねた。 TX三郷中央駅ねた。

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ