2021年3月25日 (木曜日)

矢河原の渡し桜広場にて、濃いピンク色の桜「陽光」を観賞してきた2021。

濃いピンク色の桜の花びらを咲かせます。黄色の菜の花と供に鑑賞。❤

20210325_youkou_01

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある矢河原の渡し桜広場です。矢河原は「やっから」と読む。矢河原の渡し桜広場には、毎年3月中旬になると、陽光ヨウコウ)という品種の桜が咲き見頃を迎えます。🎄

撮影日は、2021年3月20日(祝土)。📷

20210325_youkou_02

陽光(ヨウコウ)は、アマギヨシノ(天城吉野)とカンヒザクラ(寒緋桜)を交雑させて作出した栽培品種である。🎨

ソメイヨシノより少し早めに咲き始めます。樹形は広卵状で、花は一重で大輪、鮮やかなピンク色となるのが特徴。👀

20210325_youkou_03

陽光の花びらです。花びらは桜だが、色がピンク色だ。⛳

20210325_youkou_05

矢河原の渡し桜広場は江戸川土手の中腹(自転車道)に沿ってあります。3月中旬の江戸川土手斜面は、黄色の花を咲かせる菜の花が咲き誇ります。なので、ピンク色と黄色のツートンカラーの景観になる。🎪

20210325_bord

矢河原の渡し桜広場の看板。🎪

20210325_youkou_06

矢河原の渡し桜広場には、10本?程、列をなして木が植えられている。🎄

平成23年(2011年)3月6日に桜を植樹されました。なので、今年で10年になるんですね。🎂

20210325_youkou_12

花びら満開、見事ですな。✨

20210325_youkou_13

広場にはベンチが設置されているので、まったり時間を過ごすのも良し。💺

20210325_youkou_14

早咲きの桜「陽光」を撮りに訪れる方も多し。🎠

20210325_youkou_15

陽光は、学校教員であった高岡正明さんが試行錯誤して作りだした新品種の桜だ。戦死した生徒たちの冥福を祈って、環境適応能力が高い桜(アマギヨシノとカンヒザクラ)を掛け合わせ誕生。なので、別名「非戦のサクラ」とも呼ばれている。花びらの濃いピンク色は、平和のシンボルとして海外でも愛される色にしたかったからだそうだ。🎥

*説明のソースは、Wikipediaと東京新聞のコラム(筆洗 2021/3/23付)より。📺

20210325_youkou_07

土手下から、陽光の桜を眺める。菜の花との2ショット、色鮮やかだ。💡

20210325_youkou_09

広場の名の由来でもある、矢河原の渡し跡。広場の少し北に位置する。👠

「加村の渡し」とも言い昭和35年(1960年)頃まで存続した。幕末、屯集した新選組隊長・近藤勇は、新政府軍に包囲されて出頭、盟友・土方歳三と別れ、この渡しで流山を去った。🎤

20210325_youkou_11

土手上から陽光の桜を眺める。👀

20210325_nanohana_1

土手上から江戸川を眺める。新政府軍に出頭した近藤勇は、この江戸川を渡り、対岸の埼玉県三郷市に渡ったのでしょう。🏥

20210325_youkou_10

3月中旬から4月上旬にかけ、江戸川土手斜面は、黄色の菜の花が一面に広がる。土手上の道路は、菜の花ロードとなり、ずーっと続きます。この時期だけの光景だ。その菜の花ロード、流山市内約9kmを自転車で走行してきた。そのレポは、「江戸川土手の流山市菜の花ロード2021。」へどうぞ。✋

20210325_youkou_16

という事で、矢河原の渡し桜広場にて、早咲きの桜「陽光」を観賞してきたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「矢河原の渡し桜広場」(やっからのわたしさくらひろば) 住所:〒270-0176 千葉県流山市加6丁目地先 アクセス:流鉄流山線流山駅から徒歩約10分 撮影日:2021年3月20日(祝土) 📝

2021年3月23日 (火曜日)

江戸川土手の流山市菜の花ロード2021。

江戸川土手は黄色の道だ。🌕

20210323_nanohana_01

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある江戸川の土手です。毎年3月中旬から4月上旬にかけて、江戸川土手斜面には、菜の花が咲き誇り、黄色の絨毯が広がります。色鮮やかな風景だね。✨

今回は、江戸川土手、流山市内を北から南へ約9km、満開に咲いた菜の花ロードを走行してみよう。利根運河(流山市深井新田)から、つくばエクスプレス橋梁(流山市木)まで、南下していきます。🎠

撮影日は、2021年3月20日(祝土)。📷

20210323_nanohana_02

色鮮やかな黄色の菜の花。すごいね。🎨

20210323_nanohana_03

撮影日はどんより曇り空。平日は天気が良いんだけどね...。週末はどうも天気が悪い。☁

20210323_nanohana_04

高速道路・常磐道の下をくぐっていきます。🚗

20210323_nanohana_05

現在工事建設中の三郷流山橋有料道路(仮称)付近。橋桁は完成しているようだね。🍔

現在この付近、堤防天端道路(上の歩行者道路)は工事の為通行止め。歩行者は下の自転車道を通行迂回する事になる。👟

20210323_nanohana_06

矢河原の渡し跡です。矢河原は「やっから」と読む。🚥

「加村の渡し」とも言い昭和35年(1960年)頃まで存続した。幕末、屯集した新選組隊長・近藤勇は、新政府軍に包囲されて出頭、盟友・土方歳三と別れ、この渡しで流山を去った。🎤

20210323_nanohana_07

矢河原の渡し跡の少し南側には、濃いピンク色の早咲き桜が咲いています。❤

黄色の菜の花とピンク色の桜のツートンカラーだ。🎨

20210323_sakura_1

ここは、矢河原の渡し桜広場です。この広場に咲く桜は、ソメイヨシノよりも少し早めに咲く、陽光(ヨウコウ)という品種の桜です。花びらは少し濃いめのピンク色。見頃は3月中旬から下旬にかけて。💓

ちなみに、陽光の桜鑑賞詳細レポは、「矢河原の渡し桜広場にて、濃いピンク色の桜「陽光」を観賞してきた2021。」へどうぞ。✋

20210323_nanohana_12

菜の花の先の江戸川。💧

20210323_kyouryou_1

流山橋や江戸川橋梁の下をくぐる。ちょうど、JR武蔵野線が通り過ぎていく。🚃

20210323_nanohana_13

南流山付近は、江戸川の河川敷が野球場になっている。⚾

20210323_nanohana_08

南流山付近もまた、見事な咲き誇りだ。土手斜面一面に黄色い絨毯が広がる。🌙

20210323_nanohana_09

つくばエクスプレスが通り過ぎる。車内からも菜の花の眺めが良さそうだね。🚄

20210323_nanohana_10

つくばエクスプレス、江戸川を渡ります。🚄

20210323_nanohana_11

流山市内の江戸川土手を走行してみました。ずっと、黄色の菜の花が咲き続いていますよ。散歩がてら、春の雰囲気を味わうのも良いでしょう。☀

という事で、江戸川土手(流山市側)の菜の花ロードを散策したレポでした~。🐶

ちなみに、流山市の江戸川土手過去散策レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

【撮影場所】 江戸川土手 千葉県流山市(深井新田~木) 【撮影日】2021年3月20日(祝土) 📖

2021年2月22日 (月曜日)

一茶双樹記念館を訪れた。展示された雛飾りを鑑賞してきた2021。

小林一茶寄寓の地です。☕

20210220_kinenkan_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある一茶双樹記念館です。ここ、流山本町に俳人・小林一茶がたひたび立ち寄ったようですね。🏠

一茶双樹記念館は、平成7年(1995年)4月にオープン。🎠

20210220_kiguunoti_1

江戸時代の俳人・小林一茶(1763-1827)は、人生の多くを旅に過ごした。中でも流山を含む下総地方は、最もよく訪れており、その地の俳友達に俳句を指導したり、情報を交換したりして、生活の糧を得ていた。🍴

流山で一茶と親交が篤かったのは、醸造業を営み、味醂の開発者のひとりと言われる、五代目秋元三左衛門である。三左衛門(1757-1812)は、双樹と号し、家業の一方俳句をたしなみ、経済的にも一茶を援助していた。一茶は、享和3年(1803)から文化14年(1817)の15年間に50回以上も流山に来たことが、句帖や日記からわかっている。一茶と双樹の関係は、俳人と商家の大旦那というだけではなく、真の友人であったことがしのばれる。❤

流山市教育委員会では、この地を一茶と双樹が親交を深めた、流山市にとって由緒ある土地として、平成2年12月4日付で、流山市指定記念物(史跡)第1号に指定し、一茶双樹記念館として整備した。安政期の建物を解体修理した双樹亭、枯山水の庭園、流山で味醂の生産が最も盛んであった時代を再現し、展示を行う秋元本家、茶会、句会などに利用できる一茶庵がある。🏢

20210220_map_1

一茶双樹記念館の施設マップです。🚥

20210217_hinakazari_09

建物に入ると、立派な7段雛飾りが展示されていました。ちょうど、雛祭りの時期で、流山本町界隈では、流山本町ひなめぐりが開催。ここ、一茶双樹記念館も雛飾り会場の1つでもある。⛽

20210222_omise_1

秋元本家、おみせの展示品。🎀

20210222_ticket_panf

ここから先は、有料エリアとなる。受付で入館料大人110円を支払い、中へ入った。🎫

20210222_soujyutei_1

こちらは、新座敷棟「双樹亭」です。木造平屋建、寄棟造瓦葺の「新座敷」と呼ばれる建物で、江戸時代末期の商家建築の様式を伝える、文化史上極めて貴重な遺構です。🏠

20210222_karesansui_1

枯山水のお庭、いいね。⛳

20210222_haiku

夕月や 流れ残りの きりぎりす

文化元年(1804)9月2日小林一茶が流山で詠んだ句。流山で洪水が起き被害に見舞われた夕方、空には夕月がかかり、どこかの物陰で、生き残りのきりぎりすが泣き始めた。🌀

ちなみに、この句碑の石材は、一茶が生まれ育った長野県上水内郡信濃町柏原の黒姫山のものを用いた。🌑

20210222_issaan_1

一茶庵の入口玄関です。🎩

20210222_issaan_2

玄関にて靴を脱ぎ、中へ入ります。👠

茶房一茶庵では、抹茶・煎茶と和菓子が頂けます。🍸

一茶と蛙の小さな人形がかわいらしい。💕

20210222_tuuro_1

建物内の通路。雰囲気あるな。🔑

20210222_soujyutei_3

双樹亭の新座敷は、3部屋連なっている。⛵

20210217_hinakazari_10

部屋内には、いろいろな雛飾りが設置されていました。👓

20210217_hinakazari_11

千葉県伝統的工芸品指定、山田人形店の雛人形です。🎬

20210222_hinakazari_02

木目込み人形です。👜

20210222_hinakazari_01

手作りの、うさぎ雛。かわいらしい。🐱

20210222_hinakazari_03

パラエティに富んだ、つるし雛。🎵

20210222_hinakazari_04

歴代のつるし雛だそうです。🔍

20210222_haiku_2

座敷で一句。俳句を詠んでみよう。俳句教室の作品です。🎤

20210222_soujyutei_5

座敷から、外のお庭を眺める。🎪

20210222_soujyutei_4

枯山水のお庭を眺めながら、のんびりと。こういうお屋敷いいね。🌔

20210222_suisen

水仙、ご自由にお持ちくださいとの事。♣

20210222_tii_sanpo

ちい散歩で、地井武男さんが来訪されたようです。📺

20210222_soujyutei_2

一茶と双樹、縁側で一緒にのんびりしていたのかもなぁ...。☕

流山本町界隈では、雛めぐり開催中です。そのレポートは、「流山本町ひなめぐり2021に行ってきた。」へどうぞ。✋

と言う事で、一茶双樹記念館を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「一茶双樹記念館」 住所:〒270-0164 千葉県流山市流山6-670-1 TEL:04-7150-5750 観覧時間:9時~16時50分(17時閉館) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始 入館料:大人110円・小人55円 アクセス:流鉄流山線平和台駅から徒歩約7分 京成バス流山五丁目バス停下車徒歩約4分 📖

2021年2月18日 (木曜日)

流山本町ひなめぐり2021に行ってきた。

流山本町界隈の雛飾りを巡る。💨

20210217_hinakazari_01

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある流山本町周辺です。この界隈で、流山本町ひなめぐり2021~切り絵行灯と共に~が開催中です。開催期間は、2021年2月13日(土)~3月7日(日)。旧市街の古い街並みの流山本町地区、店舗や施設を含め44か所にて雛飾りが設置されています。🎂

20210217_panf_1

新型コロナウイルス感染拡大予防対策をとっての開催となっています。🎤

イベント中止が多い中、こうやって開催できるのは、ありがたいものです。🐱

20210217_map

流山本町周辺のマップです。雛飾りの展示は44か所あるので、地図を眺めながら、選んで順番に巡ってみましょう。📺

20210217_fukushi_kaikan

まずは、メイン会場となる流山福祉会館を訪れた。🏢

受付にて、入館者記入と検温がありました。🏥

20210217_hinakazari_21

室内へ入ると、雛飾りがずらりと設置されている。👜

20210217_hinakazari_03

これぞ、雛飾りだね。右は7段飾りだ。🏀

20210217_hinakazari_02

こちらの動物雛、かわいらしい。🐱

20210217_kimono

立派な着物ですね。🎽

20210217_hinakazari_04

こちらは、御殿雛かな。🎿

20210217_hinakazari_05

小さな、うさぎ雛。市民から提供された手作りのようだ。🎨

20210217_hinakazari_06

次は、machiminを訪れた。こちらには、つるし雛が飾られていた。⚾

20210217_hinakazari_07

次は、流山駅を訪れた。待合室には、つるし雛が飾られていた。窓外には、流鉄線の車両が見えるね。🚃

20210217_kinen_kippu

流鉄では、令和3年3月3日記念乗車券セットが発売されています。イラスト作家 杉本聖奈(すぎもと まりな)さんが描いた、春いっぱいのかわいいお雛祭りの台紙と硬券乗車券(D型×4枚)のセットです!。🎫

20210217_tronc

tronc(トロン)を訪れた。店内には、ちょっとした雛飾りがあり。こちらも、流山本町ひなめぐりの参加店。🏠

ここで、コーヒーブレイクしようと思ったが、お客さんで満席だったので、...。🎀

20210217_coffee_cake_1

テイクアウトしました。コーヒーと季節のフルーツのショートケーキです。近くの江戸川土手で頂いた。天気の良い暖かな日、外で頂くのも良しだ。うむ、美味しい。☕

20210217_hinakazari_08

次は、杜のアトリエ黎明を訪れた。こちらも、7段雛飾り。👣

20210217_yurai

つるし飾りの由来、プリント配布がありました。📖

20210217_kit

うさぎ雛は、流山本町ひなめぐりメインキャラクターである。という事で、うさぎ雛手作りキットが販売されています。500円。針と糸があれば30~40分位で、どなたでも簡単に作れます。🍴

20210217_kinenkan_1

次は、一茶双樹記念館を訪れた。ここは、小林一茶寄寓の地である。🚢

20210217_hinakazari_09

こちらも、立派な7段雛飾りだ。🎪

20210217_hinakazari_10

有料エリア・双樹亭の室内にも雛飾りが展示されています。(入館料は大人110円)。🍔

20210217_hinakazari_11

千葉県伝統的工芸品指定、山田人形店の雛人形です。🎬

ちなみに、ここでの訪問詳細レポートは、「一茶双樹記念館を訪れた。展示された雛飾りを鑑賞してきた2021。」へどうぞ。✋

20210217_towa

次は、蔵のカフェ+ギャラリー 灯環(とわ)を訪れた。ここも、流山本町ひなめぐり参加店である。つるし雛です。🏠

20210217_coffee_cake_2

店内でコーヒーブレイクしました。デザートには、りんごとチーズのみりんバターケーキを選択。流山は白味醂だからね。これまた、美味しい。☕

20210218_maku

流山本町ひなめぐり参加店・施設には、目印となるノボリが設置されています。昔の雰囲気が漂う本町地区の町並みを味わいつつ、雛めぐりしてみるのも良いでしょう。⚽

と言う事で、流山本町ひなめぐり2021に行ってきたレポでした~。🐶

「流山本町ひなめぐり2021」 開催期間:2021年2月13日(土)~3月7日(日) 会場:流山本町の44店舗や施設(千葉県流山市流山) アクセス(流山福祉会館)流鉄流山線流山駅から徒歩約4分 京成バス福祉会館入口バス停下車すぐ 📖

2021年2月14日 (日曜日)

長流寺を訪れた。参道には早咲きの梅が見頃です2021。

早咲きの梅が咲く流山の隠れたスポットかも。📺

20210214_ume_02

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある長流寺です。「ちょうりゅうじ」と読む。長流寺の参道には、早咲きの梅の木があり、2月中旬になると梅の花が見頃を迎えます。📷

撮影日は、2021年2月13日と14日。👜

20210214_ume_01

真っ直ぐ進む参道には、梅の木が連なり、梅の花が白く咲いています。特に、参道の右側。🎪

20210214_ume_05

蕾が少しあるものの、満開を迎えています。快晴青空の下、いい感じに咲き誇っています。☀

20210214_ume_06

白梅の花びら、綺麗ですね。💋

20210214_ume_04

通常、関東首都圏の梅の花は、2月下旬から3月上旬が見頃を迎える。なので、ここ、長流寺の梅の花は、少し早めに咲くので、梅の先取りスポットとして隠れた名所になるのでは?。👠

暖かな週末という事もあり、まもなく、春の訪れになるかなという気分になるなぁ。🎩

20210214_sandou_2

せっかくなので、長流寺の境内を散策してみよう。👟

20210214_hondou_1

長流寺の本堂です。御本尊は阿弥陀如来坐像を祀る。🏠

20210214_info

長流寺は、江戸時代初期創建の浄土宗の寺院。山号は宝泉山(ほうせんざん)。本尊は阿弥陀仏。境内には、千手観音を安置する観音堂のほか、馬頭が刻まれた馬頭観音や流山七福神の恵比須像がある。🎤

20210214_gaku_1

本堂の額には、山号である寶泉山を記す。龍の彫刻が..。⚡

20210214_ebisu

本堂の右手前には、恵比寿様を祀る。🎶

20210214_ebisu_info

エビスは鯛と釣り竿を持っていて、「釣りして網せず」と言われ清廉の心を象徴しています。✨

福徳や商売繁盛をもたらし、うやまうことで心が安らかになると信仰されています。💡

20210214_stamp

本堂前には、長流寺のスタンプが置かれていた。流山七福神用かな?。🎂

20210214_sandou_1

流山で梅を早く見たいという人は、このお寺を訪れてみるのも良いかもね。🎨

長流寺の隣は、一茶双樹記念館があるので、そのついでに立ち寄ってみると良き。🚩

という事で、梅が咲く長流寺を訪れたレポでした~。🐶

「寶泉山 長流寺」(ちょうりゅうじ) 住所:〒270-0164 千葉県流山市流山6-677 TEL:04-7158-0355 アクセス:流鉄流山線平和台駅から徒歩約6分 京成バス流山五丁目バス停下車徒歩約4分 📝

2020年5月14日 (木曜日)

流山都市計画道路新川南流山線西平井陸橋が2020年3月26日(木)に開通。流鉄線を陸橋で越える片側2車線道路だ2020。

南流山から西平井へアクセスしやすくなったよ。🚙

20200513_road_02

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある西平井陸橋です。流鉄流山線を越える陸橋で、南流山と西平井地区を結ぶアクセス道路が完成しました。🍴

流山都市計画道路3・3・2号「新川南流山線」の流山市西平井から南流山の延長603mについて、流鉄線と立体交差する西平井陸橋を含めて整備され、この度工事が完成し、2020年3月26日(木)15時に開通しました。💡

20200513_road_03

南流山4丁目付近。案内標識では、直進・野田方面となっています。⛽

20200513_road_05

今回開通した新川南流山線の南流山側の起点交差点です。県道280号白井流山線の交点となる。北側角地には、ディーラー屋さん(トヨタカローラ千葉)があります。🚥

20200513_road_04

ちなみに、案内標識には、右斜め方向・北小金方面の道路が案内されているが、交差点から少し離れたここを左折分岐となる。(反対側にセブンイレブンがある。)👜

20200513_road_28

三郷・流山橋方面からの案内標識。野田方面は、県道5号表示となっている。⛳

新川南流山線は、将来的には、県道5号松戸野田線となる予定です。🎤

20200513_road_06

さぁ、今回開通した新川南流山線です。車で走行してみたよ。片側2車線道路、快適ですな。🚗

20200513_road_07

途中から、西平井陸橋になります。西平井陸橋の橋長は102.1m。🔑

20200513_road_08

なかなかな登り坂だ。💨

20200513_road_09

西平井陸橋の頂上部です。この真下を、流鉄流山線が通ります。🚢

20200513_road_10

西平井陸橋の下り坂です。真っ直ぐ進む、スピード出しすぎには注意だ。➰

20200513_road_11

下り坂が終え、真っすぐ進む。👂

20200513_road_30

直進の野田・柏方面。案内標識、県道5号の個所が隠されているな。🏥

20200513_road_12

この辺りは、西平井地区です。区画整理され、住宅街や商業施設があります。新しい街並みって感じだ。🎽

今回開通した区間はこのあたりまでです。🚩

20200513_road_13

西平井の交差点付近には、寿司・しゃぶしゃぶのゆず庵流山西平井店やベビー用品のバースデイ西平井店がある。🎪

20200513_road_14

信号を直進すると、ドラッグストア・ウエルシア流山西平井店があり、上り坂には、丘の上のサフラン西平井店(パン屋)があります。その辺りで、片側2車線から1車線となります。(右側車線へ合流)。🏠

20200513_road_15

中交差点です。道路の右側に沿って、只今新川南流山線工事中である。この先、加交差点に接続する事になる。全線開通すると、南流山から常磐道流山IC付近まで片側2車線道路が完成し、アクセス時間短縮が見込まれます。便利な道路になるぞ。🚙

尚、新川南流山線が加交差点まで開通したら、この道路は、正式に県道5号松戸野田線(流山街道)となる事でしょう。🚩

20200513_road_16

さて、今度は、西平井地区から南流山へ走行してみよう。🚗

20200513_road_29

この付近は、片側2車線道路が完成しつつある。工事中だ。💥

20200513_road_17

片側1車線から片側2車線になりました。左に1車線増えます。ここから、下り坂になります。☕

20200513_road_25

西平井付近の交差点・案内標識です。⛵

20200513_road_20

西平井陸橋に入る前、側道への分岐があります。☎

20200513_road_21

西平井陸橋、上り坂を走行。💨

新しい道路、交通量が少ないので、楽々快適だ。🎠

20200513_road_22

西平井陸橋を下ると、車線・分岐に注意です。🎧

20200513_road_23

左側車線は、左折・新松戸方面です。💡

右側車線は、直進・松戸方面と右折・草加方面です。直進は右側車線なので注意です。🔍

20200513_road_26

南流山側交差点の案内標識です。右折は、流山八丁目交差点・流山橋・三郷方面。便利になるね。❤

20200513_road_24

左折レーン・直進レーン・右折レーンと3車線になる。👜

20200513_road_27

新川南流山線、南流山側の交差点です。今回の開通区間はここで終了。🏁

やっぱり、片側2車線の道路はいいね。🐱

20200514_map_1

開通区間の位置図。🎤

20200514_map_2

*上記2地図は、千葉県県土整備部道路整備課の報道資料より。📺

20200514_map_3

開通区間のマップです。綺麗な直線道路だ。🚗

*流山市HPより。➰

20200513_road_31

せっかくなので、自転車でも訪れてみた。🎠

20200513_road_32

歩行者が左側、自転車が右側と通行路分離しています。🎧

20200513_ryuutetsu_3

西平井陸橋の頂上にやってきた。下を見下ろすと、流鉄流山線が通っています。ピンク色の「さくら号」が通過していった。🚄

20200513_skytree_1

遠くを眺めると、東京スカイツリーがうっすらと見えるよ。🏢

20200513_lake

近くには調整池があります。その訪問詳細レポは、「にしひらい水鳥の池、野鳥が飛来する調整池2020。」へどうぞ。✋

20200513_ryuutetsu_1

西平井陸橋の下にやってきた。流鉄流山線の線路沿いです。🎪

20200513_ryuutetsu_2

22号路踏切を通過していく、「若葉号」。🚃

実際、徒歩や自転車ならば、西平井陸橋を渡らずとも、この踏切を通り抜けていけば早いのである。ただ、今は珍しさもあって、陸橋を利用する人が多いね。👣

20200513_rikkyou_1

西平井陸橋、下から眺める。構造物好きには、たまらない事でしょう。👓

20200513_road_33

新しく開通した道路。綺麗でいいね。真っ直ぐの道路、眺め良し。交通量は少ないので、スピードの出し過ぎには注意しましょう。🍸

尚、車道走行中時の写真画像は、ドライブレコーダーの映像を使用しています。🎥

と言う事で、新しく開通した新川南流山線・西平井陸橋を走行してきたレポでした~。🐶

「西平井陸橋」 路線名:流山都市計画道路 新川南流山線 (主要地方道 県道5号松戸野田線) 所在地:千葉県流山市西平井~南流山 延長:603m(西平井陸橋 橋長102.1m) 車線数:4車線(片側2車線) 📝

2020年5月11日 (月曜日)

にしひらい水鳥の池、野鳥が飛来する調整池2020。

区画整理で造られた調整池。💧

20200511_lake_3

さて、やってきたところは、千葉県流山市にあるにしひらい水鳥の池です。流山市西平井地区は、区画整理・再開発により住宅地や商業施設等が出来ました。今どきの住宅街として新しく生まれ変わり、そのエリア内に調節池が出来た。🚢

20200511_lake_1

西平井陸橋、上からにしひらい水鳥の池を眺める。調節池なので、水害発生時には一時的に貯水する機能を持つ。🏪

20200511_boad_1

調節池を造った事で、野鳥たちがこの池に来るようになりました。🎩

今迄に確認された野鳥たちは、

 「春季」..オオヨシキリ・カイツブリ・パン・カワウ・カワセミ・ヒバリ

 「夏季」..パン・コチドリ・オオヨシキリ・カワセミ・カイツブリ

 「秋季」..カイツブリ・パン・ヒバリ

 「冬季」..ヨシガモ・カイツブリ・オオバン・イソシギ

です。🎤

20200511_lake_4

通常は施設内には立ち入りできないようである。親水エリアがあるといいけどね。👟

20200511_load_1

にしひらい水鳥の池の周囲は道路になっているので、池の周囲を散策する事ができる。👠

20200511_hanamizuki_2

にしひらい水鳥の池の周囲には、ハナミズキの木が植えられています。花の開花、一番の見頃は4月中旬~下旬です。紅葉の見頃は、10月中旬~11月上旬です。👀

20200511_hanamizuki_3

ハナミズキの花の色は、白やピンク、赤色です。花びらの色合いがいいんだよね。💓

20200511_load_2

西平井陸橋側の側道。区画整理した土地だから、道路も綺麗なんだよな。🚗

20200511_lake_6

東側(西平井陸橋側)から、にしひらい水鳥の池を眺める。🎀

20200511_lake_5

西日に反射するにしひらい水鳥の池。ハクチョウなど渡り鳥が飛来してくるようになるといいね。🏁

20200511_hanamizuki_1

にしひらい水鳥の池の周囲、春になるとハナミズキの並木道がうっすらピンク色になるんだな。🎾

20200511_lake_2

と言う事で、にしひらい水鳥の池をぐるり散策してきたレポでした~。🐶

「にしひらい水鳥の池」 住所:〒270-0156 千葉県流山市西平井3-24 📖

2020年4月19日 (日曜日)

流山橋から流山八丁目交差点までの桜並木の景観車窓から2020。

坂道の桜並木。🎿

20200419_sakura_01

さて、ここは、千葉県流山市にある流山橋付近の道路です。県道29号草加流山線、流山橋から流山8丁目交差点にかけて、桜並木になっています。春の時期になると、桜が咲いて見事な通りになるよ。✨

20200419_sakura_02

埼玉県三郷市から江戸川越え、流山橋を通り過ぎると、千葉県流山市に入ります。🚙

20200419_sakura_03

そこから下り坂。道路両側が桜並木になっている。🎧

20200419_sakura_04

大きな桜の木です。⛳

20200419_sakura_05

画像はドライブレコーダーの映像からです。🎥

20200419_sakura_06

下り坂の終了地点。🎂

20200419_sakura_07

流山八丁目交差点の案内標識。交差する道路は、県道5号松戸野田線だ。いわゆる流山街道。直進は、北小金方面・県道280号白井流山線だ。🎨

20200419_sakura_08

流山八丁目交差点です。ここまで、桜並木が続きます。春の桜並木は気分が上がるね。🎵

という事で、流山橋から流山八丁目交差点までの桜並木の景観車窓レポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「県道29号草加流山線 流山八丁目~流山橋」 住所:〒270-0164 千葉県流山市流山8丁目付近 📝

2020年3月22日 (日曜日)

矢河原の渡し桜広場、陽光の桜咲く。江戸川土手には菜の花が咲く2020。

ピンク色と黄色のハーモニー景観。📷

20200322_sakura_01

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある矢河原の渡し桜広場です。矢河原は「やっから」と読む。矢河原の渡し桜広場では、毎年3月下旬になると桜が咲きます。陽光(ヨウコウ)という品種の桜で、ソメイヨシノよりも少し早く開花します。🎀

撮影日は、2020年3月20日(祝金)です。📷

20200322_sakura_02

矢河原の渡し跡付近、江戸川土手下に矢河原の渡し桜広場があります。⛽

江戸川土手の菜の花の黄色と、桜のピンク色のハーモニーな風景。🎨

20200322_sakura_04

平成23年(2011年)3月6日に桜を植樹されました。⛳

20200322_sakura_05

1本1本少しずつ離して植樹されています。🎮

20200322_watashiato_1

ここは、矢河原の渡し跡です。🚢

「加村の渡し」とも言い昭和35年(1960年)頃まで存続した。幕末、屯集した新選組隊長・近藤勇は、新政府軍に包囲されて出頭、盟友・土方歳三と別れ、この渡しで流山を去った。🎤

その近くに、矢河原の渡し桜広場が設置されました。🚩

20200322_sakura_06

桜と菜の花の2ショット。🌓

20200322_sakura_07

矢河原の渡し桜広場は、長方形の敷地となっている。土手の中腹になる。その為、桜も1直線に等間隔に並ぶ。🎠

20200322_sakura_08

今年は暖冬のせいか、少し早めの開花・見頃を迎えています。👀

植樹された桜は11本。陽光(ヨウコウ)という種類で、花の色が濃く、花が大きいのも特徴です。🎩

20200322_sakura_09

桜の花びら、咲き誇る。💦

20200322_sakura_11

陽光(ヨウコウ)は、日本原産の交雑種のサクラで、愛媛県に在住していた高岡正明がアマギヨシノ(天城吉野)とカンヒザクラ(寒緋桜)を交雑させて作出した園芸品種。👜

これまた、綺麗な花びらですね。🐱

20200322_sakura_12

天気の良い青空だと、桜も映えますな。☀

20200322_kanban

この、矢河原の渡し桜広場は、各自治会の協力のもと実現しました。🏠

20200322_kasenjiki_1

矢河原の渡し跡付近の河川敷は、何等かの工事?されているのだろうか。江戸川の緊急船着場を建設しているのだろうか?。もしくは、親水公園?。🎬

20200322_nanohana_1

江戸川土手上は、菜の花が咲き誇る。見事ですね。ロードサイクルの人やウォーキングの人等が多いです。⚾

20200322_nanohana_2

土手上から江戸川を眺める。🍸

20200322_tangonowatashi

矢河原の渡し跡から1.3km南下すると、丹後の渡し跡があります。🚢

「羽口の渡し」と並ぶ公営の渡しで小金道の一部として三艘の舟が用いられていた。新選組が来流時に利用したとも言われる。昭和10年(1935年)の流山橋架橋で廃止された。🎤

20200322_hashigeta

旧流山橋の橋桁。丹後の渡し跡付近です。この橋桁を利用して橋の復活は無いのかなぁ...。💿

江戸川の対岸、埼玉県三郷市側は、土手斜面が菜の花で黄色が広がっているね。🎨

20200322_nanohana_3

流山橋より南側は、土手斜面一面に菜の花による黄色の絨毯が広がるよ。南流山7丁目(流山橋)~木(TX高架)の区間の菜の花レポートは、「江戸川土手の流山市菜の花ロード2020。」へどうぞ。✋

「矢河原の渡し桜広場」(やっからのわたしさくらひろば) 住所:〒270-0176 千葉県流山市加6丁目地先 アクセス:流鉄流山線流山駅から徒歩約10分 撮影日:2020年3月20日(祝金) 📝

2020年3月19日 (木曜日)

江戸川土手の流山市菜の花ロード2020。

春になると江戸川の土手斜面は菜の花が広がる。☀

20200319_nanohana_05

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある江戸川の土手です。毎年3月中旬から4月上旬にかけて、江戸川土手斜面には、菜の花が咲き誇り、黄色の絨毯が広がります。色鮮やかな風景だね。✨

今年は暖冬のせいか、菜の花の開花が1~2週間早かった。もう、2月下旬から、ちらほら菜の花が咲き始めてきていたよ。今回は、流山市南流山7丁目(流山橋)付近から流山市木(つくばエクスプレス高架)付近までの約1.5km南下しながら、江戸川菜の花ロードを散策していこう!。👟

20200319_nanohana_01

流山橋から江戸川土手を南下していきます。菜の花とJR武蔵野線の2ショット。🚃

20200319_nanohana_02

土手斜面には、菜の花がびっしり広がる。🍔

20200319_nanohana_03

土手上からの眺め。河川敷、江戸川が見えて、ずっと先には、東京スカイツリーがちょっと見える。🔑

20200319_koubounowatashi

ここは、幸房の渡し跡です。🚢

「岩野木の渡し」、「七右衛門新田の渡し」、「幸房の渡し」と様々な名称がある。江戸川の渡しは千葉側と埼玉側の地名を交互につけたが、自分側の地名で呼ぶことが多い。🎤

20200319_nanohana_04

菜の花が黄色い絨毯を敷き詰められたようだ。🌕

20200319_nanohana_06

菜の花の黄色、色鮮やかだね。🎨

20200319_nanohana_07

土手下から見上げると青空。白い雲に菜の花が映える。☀

20200319_nanohana_08

江戸川に架かる東京ガスのガスパイプラインだ。💣

20200319_nanohana_09

菜の花畑に入って写真撮っている人多し。📷

20200319_nanohana_10

菜の花土手下には、香取神社や公園があります。🎪

20200319_nanohana_11

土手上両側に菜の花が続く菜の花ロード。🎠

20200319_nanohana_12

つくばエクスプレスと菜の花の2ショット。江戸川橋梁を渡る。🚄

江戸川土手には、菜の花が咲き誇り、ロードバイクやウォーキングの人たちが多し。春のいい季節ですな。それにしても、今年の菜の花、ピーク時期が早かったね。🎧

という事で、江戸川土手(流山市側)の菜の花ロードを散策したレポでした~。🐶

ちなみに、流山市の江戸川土手過去散策レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

【撮影場所】 江戸川土手 千葉県流山市(南流山7丁目~木) 【撮影日】2020年3月15日(日) 📝

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん食べねた。 おまけねた。 かつしかバルねた。 さいたま市ねた。 さくら市ねた。 つくばみらい市ねた。 つくばエクスプレスねた。 つくば市ねた。 におどり公園ねた。 ひたちなか市ねた。 みさと公園ねた。 よしかわ街バルねた。 らーめん巡りねた。 イルミネーション鑑賞ねた。 ウイスキー飲みねた。 ウェブログ・ココログ関連 カフェ・喫茶店ねた。 カレー食べねた。 グルメイベントねた。 グルメ・クッキング コンビニねた。 サッカーねた。 ジャズ演奏観覧ねた。 スイーツグルメねた。 スポーツ テーマパークねた。 ニュース パン食べねた。 ビール飲みねた。 プロ野球ねた。 ワイン飲みねた。 三郷七福神めぐりねた。 三郷市寺社めぐりねた。 三郷市桜散策ねた。 三郷市消防出初式ねた。 三郷市路線バスねた。 三郷市飲食店ねた。 三郷料金所スマートインターチェンジねた。 上尾市ねた。 久喜市ねた。 乗り物その他ねた。 八潮市ねた。 北本市ねた。 北越谷駅まちバルねた。 台東区ねた。 吉川市ねた。 和光市ねた。 土浦市ねた。 地元(三郷市)ねた。 地酒日本酒呑みねた。 埼玉西武ライオンズねた。 宇都宮市ねた。 守谷市ねた。 寺・神社めぐりねた。 小川町ねた。 山武市ねた。 川口市ねた。 川越市ねた。 市川市ねた。 幸手市ねた。 御殿場市ねた。 懸賞ねた。 新座市ねた。 新松戸星空バルねた。 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 早稲田公園ねた。 映画・テレビ 春日部市ねた。 本庄市ねた。 東武健康ハイキングねた。 松伏町ねた。 松戸市ねた。 柏市ねた。 桶川市ねた。 水元公園ねた。 流山市ねた。 深谷市ねた。 珈琲ねた。 社会科見学ねた。 祭りねた。 秩父市ねた。 花火大会観賞ねた。 草加市ねた。 葛飾区ねた。 蓮田市ねた。 蕎麦食べねた。 西武鉄道ウォーキング&ハイキングねた。 越谷市ねた。 足湯ねた。 足立区ねた。 車・ドライブねた。 道の駅ねた。 道路ねた。 鉄道ねた。 音楽 飛行機・空港ねた。 飲み・食べ処ねた。 飲み物ねた。 鴻巣市ねた。 ETCねた。 JR三郷駅ねた。 JR武蔵野線ねた。 JR駅からハイキングねた。 misato styleねた。 PASMOねた。 SA・PAねた。 Suicaねた。 TVドラマねた。 TX三郷中央駅ねた。

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ