2021年4月17日 (土曜日)

戸ヶ崎香取神社の境内に咲く桜を眺める2021。

神社の境内に桜が咲きました。🎪

20210417_sakura_01

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある戸ヶ崎香取神社です。3月下旬になると、境内の西側にソメイヨシノが咲き見頃を迎えます。🎩

撮影日は、2021年3月27日(土)。📷

20210417_sandou

参道を進み、まずは、参拝しましょう。🏠

戸ヶ崎香取神社の創建は不詳。至徳4年(1387)、文明年間(1469-1487)、戦国時代等、創建時期はいろいろと説があり。🎤

20210417_sakura_02

境内の西側には桜の木があります。🎄

20210417_sakura_04

三匹の獅子舞の説明板がある付近の桜。👓

20210417_sakura_03

桜の綺麗な花びらが咲いていますね。✨

20210417_hananira

ハナニラかな?。かわいらしい花びらだ。❤

20210417_torii

という事で、桜咲く戸ヶ崎香取神社を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、戸ヶ崎香取神社、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「香取神社」 住所:〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎2-38-1 TEL:048-955-0652 アクセス:つくばエクスプレス八潮駅から徒歩約28分 京成バス神社前バス停下車すぐ 📝

2021年3月19日 (金曜日)

樋野口稲荷神社を訪れた。境内には富士塚がある2021。

境内には富士塚があります。⛵

20210319_torii_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある樋野口稲荷神社です。三郷市東町、江戸川沿いに位置する。💧

以前はこの地は樋野口という地名でした。その地名がこの神社の名前の由来。🎠

元々は、江戸川対岸の現・松戸市樋野口と同じ町でした。享保16年(1731年)、江戸川の流路をまっすぐにする工事で分断され、松戸側の樋野口と三郷側の樋野口が分かれる形となる。🌓

20210319_komakitune_1

稲荷神社なので、狛狐を祀る。🐱

20210319_haiden_1

拝殿です。参拝。👤

御祭神は、倉稲魂命(ウカノミタマ)。五穀豊穣の神様である。🍴

20210319_cyoukoku_1

龍の彫刻が施されている。🎨

20210319_taisidou_1

境内の北東には、大師堂があります。🏠

20210319_ume_1

大師堂横には、梅の木があります。2月中旬には梅の花が咲きますよ。撮影日は2021年2月21日(日)。🎶

20210319_fujizuka_3

境内の北側には、富士嶽社があります。鳥居もあるよ。⛳

20210319_fujizuka_4

ちょっとした石段になっている。富士塚ですね。🎪

富士塚は富士信仰に基づき、富士山に模して造営した人工の山や塚である。参拝したら富士山を登った気分?。🎿

20210319_fujizuka_5

富士塚の頂上には、富士嶽神社と小御嶽神社が祀られている。🎩

20210319_fujizuka_2

富士塚を横から見てみた。👀

20210319_dote

境内から江戸川の土手を眺める。♣

20210319_torii_2

と言う事で、樋野口稲荷神社を訪れたレポでした~。🐶

「樋野口稲荷神社」 住所:〒341-0036 埼玉県三郷市東町45-1 アクセス:JR常磐線金町駅北口から徒歩約45分 東武バス下新田バス停下車徒歩約3分 📖

2021年3月 4日 (木曜日)

天豊受神社を訪れた。道真公ゆかりの天神様の白梅が咲く2021。

境内に梅が咲く。♣

20210304_haiden_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある天豊受神社です。「あめのとようけじんじゃ」と読む。三郷市鷹野、江戸川土手沿い、八木郷小学校付近に位置する。🏠

20210304_torii_1

境内入口には、天豊受神社と記された石柱があり。🏢

20210304_torii_2

石鳥居をくぐりましょう。☎

20210304_temizusya_1

参道右手に、手水舎があり。💧

20210304_haiden_2

拝殿前に石塔が2基。御祭神は、五穀豊穣の神様である宇迦之御魂命(ウカタノミタマ)と学問の神様である菅原道真公です。👤

拝殿前にて参拝。🎩

20210304_yurai_1

【天豊受神社由来】

御祭神 宇迦之御魂命 菅原道真公

当長戸呂村は其の昔、鎌倉時代には下総国八木郷風早荘に属し、風早四郎胤康の重臣長戸呂胤能と言う武将に依って支配されていた。

長戸呂の鎮守様は常陸国笠間稲荷神社御分霊宇迦之御魂命を奉祭した稲荷神社と武蔵国亀戸天満宮御分霊菅原道真公を奉祭した天神社の両社にて元禄年間に建築奉斎された氏子一同の守護神として崇敬されて来た。

然るに両社の境内は江戸川堤防外にあったため毎年のように神殿に水害を被り社殿敷地の土盛工事を施すとも、出水は年毎に重なり氏子一同恐懼の念に堪えず水害対策を行うなか、明治39年8月勅令を以て合祀令が発令され氏子協議のうえ稲荷神社と天神社を合祀し、社号を「天豊受神社」と改め、長戸呂堤内添に新設した境内へ遷座することになった。

なお、社号は天神社の「天」と稲荷神社御祭神と同神とされる豊受大御神の「豊受」とを組み合わせて命名された。

しかし、折りしも明治43年8月の古利根川堤防決壊により本村一体は大洪水に見舞われ、神殿の建築工事は延期となり、その後大正元年10月に本殿・拝殿の工事を起し大正2年4月にようやく竣工した。

思うに出水時の土盛作業、社殿の建築等わずか30戸内外の氏子の結集により短い月日で社殿の竣工をみたものであり氏子一同の至誠の賜であった。

さらに、昭和33年には江戸川改修工事により再度移転を余儀なくされ、氏子の吉岡家の厚意により現在の境内地を譲り受け翌34年10月に遷座された。

その後、昭和52年に本殿・拝殿・鳥居・物置の改修工事を施し、さらに昭和61年に瓦屋根から銅板葺に全面改修し現在の立派な社殿を見るに至った。

20210304_cyoukoku_1

拝殿の彫刻。🎨

20210304_ume_1

境内には、梅の木があります。拝殿の左手側。🏧

20210304_setumei_1

天豊受神社の梅の木は、菅原道真公ゆかりの天神様の白梅です。合格祈願に御利益がありそうだ。🏁

垣根一式、岡庭緑花園が奉納。⛵

20210304_ume_2

撮影日は、2021年2月27日(土)。小さめの白い花びらが綺麗ですね。👀

20210304_ume_6

ここの梅の見頃時期は、2月下旬から3月上旬です。🎤

20210304_ume_3

拝殿の右手奥(北西側)にも、梅の木があります。こちらの方が大きい木だ。🎄

20210304_ume_5

本殿と梅の木。🎬

20210304_ume_4

境内裏から鳥居方向を眺める。👣

20210304_syuukaijyo

境内には、長戸呂集会所や鷹野一丁目長戸呂町会自主防災倉庫が併設されている。🏠

20210304_dotei_1

神社のすぐ近くには江戸川が流れており、高さのある土手が見える。🎽

20210304_nanohana_1

2月下旬だというのに、土手斜面にはちらほらと菜の花が咲き始めている。3月中旬には、土手斜面が黄色い絨毯のように映える事でしょう。👀

20210304_jinjya_1

土手斜面から天豊受神社を眺める。⛳

と言う事で、天豊受神社を訪れたレポでした~。🐶

「天豊受神社」(あめのとようけじんじゃ) 住所:〒341-0035 埼玉県三郷市鷹野1-34-1 アクセス:つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約38分 東武バス大正橋バス停下車徒歩約5分 📖

2021年1月21日 (木曜日)

興禅寺を訪れた。~三郷七福神めぐり・早稲田めぐり 6寺目~2021。

三郷七福神めぐり・早稲田めぐり、弁財天と毘沙門天を祀る。🎽

20210121_kouzenji_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある興禅寺です。「こうぜんじ」と読む。三郷市幸房、県道21号三郷松伏線沿いに位置する。🏠

福井県吉田郡の永平寺、神奈川県横浜市の総持寺を両本山とする。桃山時代(慶長8年・1603年)、現在の千葉県松戸市中金杉の広徳寺九世快笑梵せき大和尚により開山。江戸京橋竹町(屋号)長門屋の当主、楢崎庄兵衛氏が開基。🎤

今回、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりで興禅寺を訪れました。👣

20210121_hengaku

山門に掲げた扁額。興禅寺は、圓通山と号す。🎫

20210121_hondou

本堂にて参拝。本尊は釈迦無尼仏。禅宗の曹洞宗に属す。🎩

20210121_teien

本殿や境内は綺麗に整備された事でしょう。✨

20210121_teien_2

和の風情、趣きがありますな。💧

20210121_meguri_info

興禅寺の七福神は、本堂の北側、弁天堂に祀られています。本堂の右手の通路を通り、弁天堂へ向かいましょう。⛽

尚、三郷七福神めぐりの色紙を購入される場合は、「受け処庫裏」にて販売しています。🚢

20210121_bentendou

弁天堂にやってきました。県道沿いに建物があります。弁天堂には、弁財天が祀られています。🏦

弁財天は七福神の中で唯一の女神です。愛敬を示し、音楽、弁舌才智、水の神、芸術の神として、古来日本では、市来姫(いちきしひめ)と同一神として信仰されています。💦

20210121_bisyamonten

弁天堂の左手前には、毘沙門天が祀られています。⚾

毘沙門天は印度の神様で、多聞天とも言われ仏教四天王の一人です。左手の塔は八万四千の法蔵、十二部経の文義を具し、右手の宝棒は悪霊を退散させ財宝を授けるといいます。🎠

20210121_stamp_dai

三郷七福神めぐり、スタンプは弁天堂前に設置しています。弁財天と毘沙門天、2種類のスタンプがあります。💕

20210121_stamp_benzaiten

興禅寺・弁財天のスタンプ。🌕

20210121_stamp_bisyamonten

興禅寺・毘沙門天のスタンプ。🌓

20210111_poster

三郷七福神めぐりスタンプラリーは、毎年1月1日元旦から7日まで、9時から16時で開催されています。🎠

今年2021年は、七福神7つのスタンプを集めると、先着で七福神タオルが貰えて、さらに抽選で三郷市特産品(菓子詰め合わせ)の賞品が当たります。🎁

20210111_shikishi

三郷七福神めぐりの台紙は、各寺院にて500円で販売しています。📖

ちなみに、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりの全6寺を巡ったまとめレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきたまとめレポート2021。」へどうぞ。✋

20210121_sandou

興禅寺の北側、弁天堂付近。元々、参道だったのだろうね。尚、興禅寺は、江戸川八十八ヶ所霊場68番です。👣

と言う事で、興禅寺を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「圓通山 興禪寺」(こうぜんじ) 住所:〒341-0026 埼玉県三郷市幸房1073 TEL:048-952-3641 アクセス:つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約10分 東武バス市助バス停下車徒歩約1分 📖

2021年1月19日 (火曜日)

草庵寺を訪れた。~三郷七福神めぐり・早稲田めぐり 5寺目~2021。

三郷七福神めぐり・早稲田めぐり、恵比寿を祀る。🏁

20210119_souanji_2

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある草庵寺です。三郷中央の住宅街の中に位置する。🏠

天正年間(1573~1592年)の創建。真言宗豊山派の寺院。光明山と号す。👠

草庵寺は、高城下総守の家人で、谷中を開発した石井総右衛門源政同が創建したといいます。🎤

20210119_cyouzuya

三郷七福神めぐり・早稲田めぐりで、草庵寺を訪れました。👟

こちらは、手水舎。💧

20210119_hondou_1

本堂にて参拝。♣

本尊は阿弥陀如来立像。👤

20210119_ebisu

本堂目の前に、恵比寿様が祀られています。🎄

恵比須神はイザナギノミコトの第三子蛭子尊ともいい大国主命の御子とも伝えられています。(清廉、漁業、商売繁盛、交易)の神様と言われ、エビス顔と言われるように尊顔です。🎩

20210119_hondou_3

三郷七福神めぐり、スタンプは本堂前に設置しています。🏦

20210119_ebisu_stamp

三郷七福神めぐりスタンプラリー、草庵寺・恵比寿のスタンプです。🎀

20210119_hondou_2

本堂を斜めから眺める。📷

20210119_taishidou

太子堂です。🏠

20210119_bosyo

敷地南側に、特別に区画された墓所があります。🎽

20210119_bosyo_info

ここは、石井家墓所です。💡

当家は天正18年より代々にわたり堂宇建立をはじめ当山の寺門興隆に多大なるご尽力をいただいたとの事。🎩

20210111_poster

三郷七福神めぐりスタンプラリーは、毎年1月1日元旦から7日まで、9時から16時で開催されています。🎠

今年2021年は、七福神7つのスタンプを集めると、先着で七福神タオルが貰えて、さらに抽選で三郷市特産品(菓子詰め合わせ)の賞品が当たります。🎁

20210111_shikishi

三郷七福神めぐりの台紙は、各寺院にて500円で販売しています。📖

ちなみに、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりの全6寺を巡ったまとめレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきたまとめレポート2021。」へどうぞ。✋

20210119_souanji_1

草庵寺の北側には、高架を走るつくばエクスプレスが見えます。🚄

と言う事で、草庵寺を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「光明山 草庵寺」(そうあんじ) 住所:〒341-0032 埼玉県三郷市中央3-37-9 TEL:048-952-6827 アクセス:つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約5分 📖

2021年1月17日 (日曜日)

円光院を訪れた。~三郷七福神めぐり・早稲田めぐり 4寺目~2021。

三郷七福神めぐり・早稲田めぐり、福禄寿を祀る。☁

20210117_enkouin_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある円光院です。笹塚交差点の近くに位置する。🍔

明暦年間(1655~1658年)の創建。蓮沼山円光院と号す真言宗豊山派の寺院。🏠

20210117_enkouin_2

三郷七福神めぐり・早稲田めぐりで、円光院を訪れました。🎠

本尊は阿弥陀如来立像。👤

20210117_fukurokujyu

円光院は福禄寿を祀ります。🌙

福禄寿は中国の神様で、人名と言うより、中国道教の理想である幸福、俸禄の意味をもち南極老人星と化現として現れた神とされています。(大望、長命)。🎤

20210117_stamp_fukurokujyu

三郷七福神めぐりスタンプラリー、円光院・福禄寿のスタンプです。🌔

スタンプは、本堂手前縁側に配置しています。👓

20210117_daishidou

大師堂です。👠

大師堂の左手奥には水準点があります。📺

20210117_sandou

ここが元々、参道と思われる。本堂へ真っ直ぐだ。👟

20210117_kouminkan

本堂右手(東側)には、南蓮沼公民館があります。🎂

20210111_poster

三郷七福神めぐりスタンプラリーは、毎年1月1日元旦から7日まで、9時から16時で開催されています。🎠

今年2021年は、七福神7つのスタンプを集めると、先着で七福神タオルが貰えて、さらに抽選で三郷市特産品(菓子詰め合わせ)の賞品が当たります。🎁

20210111_shikishi

三郷七福神めぐりの台紙は、各寺院にて500円で販売しています。📖

ちなみに、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりの全6寺を巡ったまとめレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきたまとめレポート2021。」へどうぞ。✋

20210117_enkouin_3

という事で、円光院を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「蓮沼山 円光院」(えんこういん) 住所:〒341-0028 埼玉県三郷市南蓮沼614 アクセス:JR武蔵野線三郷駅から徒歩約20分 マイスカイ交通南蓮沼バス停より徒歩約2分 📝

2021年1月15日 (金曜日)

高応寺を訪れた。~三郷七福神めぐり・早稲田めぐり 3寺目~2021。

三郷七福神めぐり・早稲田めぐり、大黒天を祀る。✨

20210115_kououji_2

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある高應寺です。三郷市早稲田2丁目、住宅街の中にあり、はまなす公園の西側に位置する。🏠

江戸時代のはじめに大広戸村を開墾した高橋甚左ヱ門夫妻が、学問の誉れ高かった真應院日達上人を招いて八町歩(約25000坪)の田畑を寄進させたところから始まり、代々学問寺として栄えてきました。🎤

「子育ての鬼子母神さま」「お宝の大黒さま」がまつられ、受験など学業成就の祈願に訪れるひとが絶えません。「もう一度訪れたいお寺」としてマスコミにも取り上げられ、活動が注目されています。🏦

20210115_kadomatsu

正月、角松が設置されているね。♣

20210115_hondou

本堂にて参拝。👤

日蓮宗寺院のお寺で長覚山と号す。本尊は三寳祖師像。👂

20210115_yurai

『高応寺(学問寺)の由来』

今から400年程前に建てられ、多くの学者が活躍してきた由緒ある日蓮宗の学問寺で、この寺小屋から早稲田小学校、前間小学校へと続いていきます。日蓮宗は鎌倉時代の日蓮聖人から連錦とつづく身延山を総本山とする伝統仏教です。♠

「フーテンの寅さん」で有名な柴又の帝釈天や、房総の小湊の誕生寺なども、みんな伝統的な日蓮宗です。長谷川等伯、本阿弥光悦、狩野探幽、宮沢賢治など、多くの法華信者が活躍してきました。♦

ここに祭られている「鬼子母神さま」は、「子育ての鬼子母神さま」として有名であり、「お大黒さま」も財産をもたらしてくれる神さまとして「三郷七福神巡り」にも紹介されるほどです。🔑

20210115_stamp_basyo

三郷七福神スタンプラリー、スタンプは本堂手前に設置しています。🌕

20210115_stamp_daikokuten

高応寺・大黒天のスタンプ。🎬

大黒天は印度の神様で有福を示し、有徳、財宝、闘戦の神様で、二俵の米俵に立ち糧食を司る神様です。👓

20210115_azumaya

和の東屋でしょうか。のんびり茶菓子でも味わいたいものですな。☕

20210115_teien

小川流れる庭園。💧

20210115_kuromatsu

市指定保存樹木、クロマツです。🎄

20210115_roubai

庭先には、ロウバイが咲き始めていました。🎨

20210111_poster

三郷七福神めぐりスタンプラリーは、毎年1月1日元旦から7日まで、9時から16時で開催されています。🎠

今年2021年は、七福神7つのスタンプを集めると、先着で七福神タオルが貰えて、さらに抽選で三郷市特産品(菓子詰め合わせ)の賞品が当たります。🎁

20210111_shikishi

三郷七福神めぐりの台紙は、各寺院にて500円で販売しています。📖

ちなみに、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりの全6寺を巡ったまとめレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきたまとめレポート2021。」へどうぞ。✋

20210115_kououji_1

と言う事で、高応寺を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「長覚山 高應寺」(こうおうじ) 住所:〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田2-14-4 TEL:048-957-0849 アクセス:JR武蔵野線三郷駅北口から徒歩約7分 📖

2021年1月13日 (水曜日)

光福院を訪れた。~三郷七福神めぐり・早稲田めぐり 2寺目~2021。

三郷七福神めぐり・早稲田めぐり、布袋尊と弁財天を祀る。🎠

20210112_koufukuin_2

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある光福院です。早稲田8丁目、県道21号三郷松伏線沿いに位置します。🚗

光福院は新義真言宗東福寺(千葉県流山市鰭ヶ崎)の別院として、下総国根郷番場(現在の流山市)に七堂伽藍とともに建立され、寶珠山東福院医王寺と号しました。後に寶珠山光福院医王寺に改号したと伝えられています。🏠

慶長5年(1600年)に江戸川の改修工事により行人台(現在の市営江戸川グランド附近)に移転し、続いて享保年間(1716~1736年)に再度の江戸川改修工事によって現在の地に移転し今日に至ります。👠

20210112_niouzou

威厳のある仁王像。🎠

20210112_hondou_1

本堂です。参拝。🎽

本尊は開山当初より行基作といわれた不動明王が安置されていましたが、明治元年(1868年)正月に大火を出して惜しくも焼失してしまいました。♨

その後、境内の薬師堂の本尊であった薬師如来坐像を寺の御本尊として安置しました。安土桃山時代の作と思われる作者不詳の寄木造りの仏像で、材質はひのき材、像高30cmの坐像です。🎨

20210112_hondou_2

なかなか立派な建物ですな。📷

20210112_nyoraizazou_1

光福院の御本尊、光福院薬師如来座像壱躯は、市指定文化財となっている。🏢

言い伝えによると、この御本尊様は秘仏で御開帳(御厨子の扉を開いて一般公開し、人々に拝ませる)すると目がつぶれるという戒めが残されています。👀

20210112_koufukuin_3

光福院は、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりで、布袋尊と弁財天を祀る。今回は、七福神めぐりで訪れました。👟

本堂の右手の建物内に布袋尊を祀ります。🏠

20210112_hoteison

布袋尊です。👜

布袋尊は中国五代聖人の一人である弥勒菩薩の化身ともいわれ、大量を表現し、堪忍と和合を教えてくれる神様です。同像は広く親しまれ、崇敬されています。❤

20210112_bentendou_1

境内の北側に、弁財天を祀る建物があります。☕

20210112_bentendou_2

弁財天は七福神の中で唯一の女神です。愛敬を示し、音楽、弁舌才智、水の神、芸術の神として、古来日本では、市来姫(いちきしひめ)と同一神として信仰されています。💓

20210112_komahebi

光福院では、狛蛇を祀る。ぐるぐる巻きのヘビさんです。🌀

20210112_stamp_dai

三郷七福神めぐりスタンプラリー、スタンプは本堂右手、布袋尊を祀る建物の入口にあります。布袋尊と弁財天、2種類スタンプを設置。➰

20210112_stamp_hoteison

光福院・布袋尊のスタンプ。🎥

20210112_stamp_benzaiten

光福院・弁財天のスタンプ。♣

20210112_omotenashi

ほうじ茶とあめ玉のおもてなしがありました。☕

20210112_teien

温かいお茶を頂きながら、庭園を眺める。見事な造りですな。🎄

20210111_poster

三郷七福神めぐりスタンプラリーは、毎年1月1日元旦から7日まで、9時から16時で開催されています。🎠

今年2021年は、七福神7つのスタンプを集めると、先着で七福神タオルが貰えて、さらに抽選で三郷市特産品(菓子詰め合わせ)の賞品が当たります。🎁

20210111_shikishi

三郷七福神めぐりの台紙は、各寺院にて500円で販売しています。📖

ちなみに、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりの全6寺を巡ったまとめレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきたまとめレポート2021。」へどうぞ。✋

20210112_koufukuin_1

と言う事で、光福院を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「寳珠山 光福院」(こうふくいん) 住所:〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田8-15-13 TEL:048-957-2311 アクセス:JR武蔵野線三郷駅北口から徒歩約21分 マイスカイ交通早稲田8丁目東バス停下車徒歩約1分 東武バス早稲田八丁目バス停下車徒歩約2分・丹後保育所入口バス停下車徒歩約3分 📖

2021年1月11日 (月曜日)

萬音寺を訪れた。~三郷七福神めぐり・早稲田めぐり 1寺目~2021。

三郷七福神めぐり・早稲田めぐり、寿老人を祀る。👤

20210111_manonji_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある萬音寺です。「ばんのんじ」と読む。🏠

慶安3年(1650年)萬勝寺開山。明治42年(1909年)半田村観音寺と合寺し萬音寺と称す。🎤

20210111_manonji_2

萬音寺は、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりで、寿老人を祀る。今回は、七福神めぐりで訪れました。👠

20210111_hondou

本堂にて参拝。萬音寺は、珠光山と号す。本尊は大日如来像。真言宗豊山派。🎩

20210111_jyuroujin_1

境内左手(西側)には、太子堂・寿老人・水子地蔵を祀る。🎽

20210111_jyuroujin_2

寿老人を祀る。👤

寿老人は寿老神と書く人もいます。長寿の神様で、老子の化身の神とも言われています。長命、富財、与宝、諸病平癒の神でもあります。人々の安全と健康を守ります。🎤

20210111_stamp_1

三郷七福神めぐりスタンプラリー、スタンプは本堂右手、縁側にあります。⚾

お守りの販売もしています。🎩

20210111_stamp_jyuroujin

萬音寺・寿老人のスタンプです。🌕

20210111_koushintou

階段下に、庚申塔がありました。📱

20210111_jizou

お地蔵さんです。➰

20210111_poster

三郷七福神めぐりスタンプラリーは、毎年1月1日元旦から7日まで、9時から16時で開催されています。🎠

今年2021年は、七福神7つのスタンプを集めると、先着で七福神タオルが貰えて、さらに抽選で三郷市特産品(菓子詰め合わせ)の賞品が当たります。🎁

20210111_shikishi

三郷七福神めぐりの台紙は、各寺院にて500円で販売しています。📖

ちなみに、三郷七福神めぐり・早稲田めぐりの全6寺を巡ったまとめレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきたまとめレポート2021。」へどうぞ。✋

20210111_manonji_3

という事で、萬音寺を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「珠光山 萬音寺」(ばんのんじ) 真言宗豊山派 住所:〒341-0012 埼玉県三郷市半田1216 アクセス:JR武蔵野線新三郷駅東口から徒歩約11分 📝

2021年1月 4日 (月曜日)

丹後稲荷神社へ初詣に行ってきた2021。

万葉遺跡葛飾早稲発祥地の碑がある神社です。🏠

20210104_jinjya_01

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある丹後稲荷神社です。県道21号三郷松伏線沿いに位置する。🏠

新年早速、初詣でに行ってきました。今年は蜜を避ける為、元旦訪問はやめ、翌日に訪れた。👓

20210104_trii_02

第一鳥居をくぐります。👣

20210104_trii_03

第二鳥居をくぐります。➰

20210104_komakitsune

稲荷神社なので狛狐が鎮座する。🐱

20210104_syaden_01

社殿にて参拝。祭神は宇迦之御魂命です(うかのみたま)。🎩

今年も良い年でありますように。👤

20210104_omamori

正月3が日は、お守り・破魔矢などがあり。👜

20210104_manyou

丹後神社には、萬葉遺跡葛飾早稲發祥地の碑があります。石碑には、『万葉集』の「にほどりの葛飾早稲をにへすとも その愛しきを外に立てめやも」が彫られている。埼玉県指定旧跡。🎤

と言う事で、丹後稲荷神社へ初詣に行ってきたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「丹後稲荷神社」 住所:〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田8-17-8 アクセス:JR武蔵野線三郷駅北口から徒歩約20分 マイスカイ交通丹後神社前バス停下車すぐ 東武バスうぐいす公園入口バス停下車徒歩約3分 📝

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん食べねた。 おまけねた。 かつしかバルねた。 さいたま市ねた。 さくら市ねた。 つくばみらい市ねた。 つくばエクスプレスねた。 つくば市ねた。 におどり公園ねた。 ひたちなか市ねた。 みさと公園ねた。 よしかわ街バルねた。 らーめん巡りねた。 イルミネーション鑑賞ねた。 ウイスキー飲みねた。 ウェブログ・ココログ関連 カフェ・喫茶店ねた。 カレー食べねた。 グルメイベントねた。 グルメ・クッキング コンビニねた。 サッカーねた。 ジャズ演奏観覧ねた。 スイーツグルメねた。 スポーツ テーマパークねた。 ニュース パン食べねた。 ビール飲みねた。 プロ野球ねた。 ワイン飲みねた。 三郷七福神めぐりねた。 三郷市寺社めぐりねた。 三郷市桜散策ねた。 三郷市消防出初式ねた。 三郷市路線バスねた。 三郷市飲食店ねた。 三郷料金所スマートインターチェンジねた。 上尾市ねた。 久喜市ねた。 乗り物その他ねた。 八潮市ねた。 北本市ねた。 北越谷駅まちバルねた。 台東区ねた。 吉川市ねた。 和光市ねた。 土浦市ねた。 地元(三郷市)ねた。 地酒日本酒呑みねた。 埼玉西武ライオンズねた。 宇都宮市ねた。 守谷市ねた。 寺・神社めぐりねた。 小川町ねた。 山武市ねた。 川口市ねた。 川越市ねた。 市川市ねた。 幸手市ねた。 御殿場市ねた。 懸賞ねた。 新座市ねた。 新松戸星空バルねた。 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 早稲田公園ねた。 映画・テレビ 春日部市ねた。 本庄市ねた。 東武健康ハイキングねた。 松伏町ねた。 松戸市ねた。 柏市ねた。 桶川市ねた。 水元公園ねた。 流山市ねた。 深谷市ねた。 珈琲ねた。 社会科見学ねた。 祭りねた。 秩父市ねた。 花火大会観賞ねた。 草加市ねた。 葛飾区ねた。 蓮田市ねた。 蕎麦食べねた。 西武鉄道ウォーキング&ハイキングねた。 越谷市ねた。 足湯ねた。 足立区ねた。 車・ドライブねた。 道の駅ねた。 道路ねた。 鉄道ねた。 音楽 飛行機・空港ねた。 飲み・食べ処ねた。 飲み物ねた。 鴻巣市ねた。 ETCねた。 JR三郷駅ねた。 JR武蔵野線ねた。 JR駅からハイキングねた。 misato styleねた。 PASMOねた。 SA・PAねた。 Suicaねた。 TVドラマねた。 TX三郷中央駅ねた。

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ