« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日曜日)

松戸宿坂川沿いの河津桜を見に行ってきた2021。

毎年坂川沿いに河津桜が咲き誇ります。⛳

20210228_kawazu_sakura_04

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある坂川沿道です。松戸宿界隈となる、坂川ひろば~松戸神社~松龍寺にかけての坂川沿道には、早咲きとなる河津桜が咲き誇り見頃を迎えています。訪問撮影日は、2021年2月27日(土)。🌔

松戸宿・坂川沿いの河津桜は、毎年2月下旬から3月上旬にかけて咲きます。ここ数年、開花時期が早まっているような気がする。📱

20210228_kawazu_sakura_06

坂川沿いには、河津桜が川へ枝垂れるように咲き広げる。👜

20210228_kawazu_sakura_02

両川岸は、河津桜の散歩道。👟

20210228_kawazu_sakura_03

天気の良い週末、河津桜を観に訪れる人多し。🎪

20210228_kawazu_sakura_05

松戸宿の河津桜は、満開見頃を迎えています。綺麗な花びらだね。💓

20210228_kawazu_sakura_08

光を通すと、花びらが白く見える。✨

20210228_kawazu_sakura_10

う~ん、桜を眺めながら矢切ねぎを味わいたい。🍴

20210228_kawazu_sakura_07

坂川ひろば、ステージにも1本河津桜が咲いていたね。🚩

毎年3月上旬に開催されている、松戸宿河津桜まつり。新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、今年も中止となった。屋台も出て、にぎやかなお祭りなんだどね。まぁ、残念だ。ここ数年、河津桜の開花が早いので、このお祭りは2月下旬に行われると良いかもね。👓

20210228_kawazu_sakura_09

川面から上を眺める河津桜。👀

20210228_kawazu_sakura_11

まだ、蕾もあったので、もう少し河津桜の見頃が続きそうだ。この後の、散り際桜吹雪も風情がありますよ。🎁

と言う事で、松戸宿坂川沿いの河津桜を見に行ってきたレポでした~。🐶

ちなみに、松戸宿坂川沿いの河津桜訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「松戸宿坂川」 場所:坂川ひろば~松戸神社~松龍寺にかけての坂川沿い(〒271-0092 千葉県松戸市松戸) アクセス:JR常磐線・新京成線松戸駅西口下車徒歩約9分 📖

2021年2月26日 (金曜日)

ワオシティ三郷が2021年2月21日に閉館しました。約15年の歴史に幕を下ろす。オープン当時を含めまとめレポート2021。

三郷駅前のシンボル的商業施設が閉店になりました。🏢

20210225_waocity_02

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にあるワオシティ三郷です。2021年2月21日(日)の営業をもって、閉館となりました。JR武蔵野線三郷駅南口のメイン商業施設だったが、これが無くなると駅周辺寂しくなるかもな。🏠

ワオシティ三郷は、2005年11月23日(祝水)にオープン。株式会社イチケンが手掛けた商業施設で、メインテナントであるスーパーカスミをはじめ、多くのお店が入ったショッピングセンターだ。サティ三郷店が閉店後、建物そのままでリニューアルしワオシティ三郷として開業した。👜

そのワオシティ三郷は、建物の老朽化、建物マスターリース事業契約期間終了もあり、2021年2月21日(日)約15年の歴史に幕を閉じた。建物は、この後、取り壊し・新しく建て替えになる予定らしい。🔍

20210225_waocity_13

江戸川土手から、ワオシティ三郷の建物を眺める。この建物がなくなるんだな。🎥

 

【建物の年表】

昭和53年 1978年12月01日  ニチイ三郷店が開店
 サティ三郷店に店名称を変更
平成17年 2005年06月30日  サティ三郷店が閉店
平成17年 2005年11月23日  ワオシティ三郷が開業
令和3年 2021年02月21日  ワオシティ三郷が閉館

 

建物自体は、「ニチイ三郷店」→「サティ三郷店」→「ワオシティ三郷」と使われてきた。ニチイ三郷店が昭和53年(1978年)オープンなので、この建物は約42年の時を経ている。結構、歴史を歩んできたな。そういう意味では、建物の古さを感じてしまうね。☎

 

と言う事で、今回の記事は、ワオシティ三郷オープン当時の写真を含め、閉館時期前後の写真を撮りまとめてみたいと思います。✂

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

20210225_saty

ワオシティ三郷の前は、サティ三郷店でした。閉店直前時は、売りつくしセールが行われていた。50%OFFなど出血サービスあり。最後の週末はものすごい客がいました。サティ三郷店は、平成17年・2005年6月30日(木)閉店しました。💢

ちなみに、この詳細レポは、「閉店前の三郷サティに行ってきました2005。」へどうぞ。✋

20210225_renewal

サティ三郷店閉店後、三郷駅前は寂しい感じだったが、株式会社イチケンが建物を引き取り、新しく商業施設をリニューアルオープンを発表。メインテナントはスーパーカスミとなった。ワオシティ三郷という名称は、愛称公募で決められました。🏢

ちなみに、その詳細レポは、「三郷駅前の商業施設 愛称募集中!2005。」へどうぞ。✋

20210225_waocity_14

ワオシティ三郷、オープンに向け急ピッチで工事中。開業3日前だというのに、建物外観には足場が組まれたまま。ギリギリな作業だったんだね。➰

ちなみに、この詳細レポは、「急ピッチ!。オープンまであと3日。」へどうぞ。✋

20210225_waocity_15

ついに、ワオシティ三郷がオープンしました。平成17年・2005年11月23日(祝水)開業。ショッピングモールが復活し、多くのお客さんが来場していました。🎩

20210225_waocity_16

建物は綺麗に塗られ、今時のショッピングモールの景観に生まれ変わった。🎨

20210225_waocity_17

建物西側には、テラスエリアが設置された。ワオシティ三郷として再スタートですね。💨

ちなみに、この詳細レポは、「ワオシティ三郷 グランドオープン!2005。」へどうぞ。✋

20210225_waocity_18

6周年を迎えた平成23年11月23日、2階エリアが大幅リニューアル。宮脇書店とダイソーが、それぞれ面積を広げ大型店舗になった。🎽

ちなみに、その詳細レポは、「ワオシティ三郷6周年祭&2階フロアーリニューアル2011。」へどうぞ。✋

20210225_waocity_19

開店記念日である11月23日は、毎年感謝祭が行われていたのだが、15周年となる平成2年(2020年)は何事もなく通常営業でした。この年は、各所からワオシティ三郷の閉店の噂が頻発していたので察しはついていたのだがね...。この頃には、閉店するお店も多かった。⛵

ちなみに、この詳細レポは、「ワオシティ三郷15周年の日は特にイベントも無く普通に営業していた2020。」へどうぞ。✋

20210225_poster_4

ついに閉館の発表が!。閉館1カ月前に発表がありました。🔑

ちなみに、その詳細レポは、「ワオシティ三郷、2021年2月21日(日)をもって閉館のお知らせ2021。」へどうぞ。✋

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

ワオシティ三郷が閉館したら建物取り壊しになるそうなので、建物外観や店内をちょいと写真記録残しました。📷

 

20210225_waocity_03

ワオシティ三郷、南側の通り。東方向(土手方面)の眺め。🎩

20210225_waocity_07

南側の入口。♦

20210225_waocity_04

屋上駐車場への入口。🚙

20210225_waocity_11

屋上駐車場からの出口。清算所となる。ずーっと下り坂を降りてくるんだよね。👠

20210225_waocity_05

建物東側は、業務用搬入出入口。🎀

20210225_waocity_06

建物北側の通り。西方向(三郷駅方面)の眺め。🚄

20210225_waocity_08

屋上駐車場。北西方向(三郷駅方面)の眺め。🎽

20210225_waocity_09

屋上駐車場へ流入する道路。✈

20210225_karaoke

屋上駐車場に店舗を構える、カラオケレインボー。🎶

20210225_waocity_12

建物内雰囲気は、ニチイ三郷店から引き継がれている。中央部の1階と2階の吹き抜けが大きな印象だ。☁

20210225_elevetor_4

その中でも、1階~2階~屋上を結ぶエスカレーターは、そそられたね。なんてったって、店内見渡せるガラス張りだから..。🐱

20210225_elevetor_1

エレベーター撮り納め。💋

20210225_elevetor_3

ガラス張りだから、入口が開くと先が見えるのだ。👀

20210225_escarator_1

エレベーター上昇していきます。🏨

20210225_elevetor_2

エレベーター内からの眺め。⚽

最後のエレベーター乗り納め。記憶にとどめておこう。🎩

20210225_escarator_2

1階と2階をつなぐ、エスカレーター。🏦

20210225_escarator_3

2月14日にダイソーが閉店したあとは、エスカレーター使用停止になった。2階に立ち入りできず。🏣

20210225_waocity_10

とらやがあったところは、既に吹き抜け状態。🏪

20210225_segami

ドラッグセガミは、閉店セール。だいぶ品数減っていたな。💠

20210225_kasumi

営業最終日、2月21日のスーパーカスミ店内。割引品などもあり、お客さん多かったですね。既に商品棚空っぽのところも多かったが...。🎥

20210225_cyuurinjyou_1

この駐輪場「アットパーク ワオシティ三郷」は、2021年2月25日(木)24時をもって閉鎖となります。🎠

三郷駅前に置ける駐輪場だったので、利用価値高かったんだけどね。利用している人、今後、どうするんでしょうね。駐輪難民になる?。🌀

20210225_poster_1

ワオシティ三郷閉館後は、店入口に「閉館のお知らせ」の掲示があり。🎤

ワオシティ三郷は閉館しました。 長年のご愛願誠にありがとうございました。🌓

20210225_idou_super

カスミ閉店後、店前では、カスミの移動スーパーが営業中です。ちょっとした買い物ができます。仮店舗オープンまでの対応と思われる。⛽

20210225_poster_3

カスミ三郷駅前店は移転します。ワオシティ三郷の南南西側、駐車場があったところに移転。👜

20210225_kasumi_new

現在、スーパー・フードマーケットカスミ仮店舗は工事中です。1階建ての仮店舗。2021年3月1日(月)10時オープン予定です。🚌

駐車場もあるし、買い物には利用しやすくなるかも知れないね。🚗

20210227_tatiiri_kinsi

2月27日現在、ワオシティ三郷施設内は立入禁止となっています。数台駐輪車があるが、このまま放置自転車として撤去されるかも。👓

 

さて、ワオシティ三郷の建物は、今後、取り壊しとなる予定。その後、この跡地にはマンションを建設されるらしい。そのマンションの1階にテナントとして、スーパー・カスミが入店される模様。仮店舗から戻ってくる形になりそうだ。🚩

以前あった本屋(宮脇書店)は無くなり、100円ショップ(ダイソー)も無くなりと、三郷駅周辺での買い物は厳しくなったな。なんとか、飲食店は頑張ってもらいたいものだ。🏪

ニチイ時代のロッテリアが懐かしい..。玩具売り場にあったファミコン、無料で遊べたし...。🎮

三郷のシンボル的存在だったからね。時代の流れですかね。ちょっと、寂しいものですな。💦

と言う事で、ワオシティ三郷、約15年の営業を経て閉館したレポでした~。🐶

 

(2021.06.30追記)

20210630_waocity

敷地周囲に壁が設置されました。そろそろ解体工事が始まるんでしょうかね。🚩

 

ちなみに、ワオシティ三郷、過去関連記事は、以下のリンク先へどうぞ。✋

「ワオシティ三郷」 住所:〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1-3-1 アクセス:JR武蔵野線三郷駅南口から徒歩約2分 ※2021年2月21日(日)をもって閉館しました。 📖

2021年2月22日 (月曜日)

一茶双樹記念館を訪れた。展示された雛飾りを鑑賞してきた2021。

小林一茶寄寓の地です。☕

20210220_kinenkan_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある一茶双樹記念館です。ここ、流山本町に俳人・小林一茶がたひたび立ち寄ったようですね。🏠

一茶双樹記念館は、平成7年(1995年)4月にオープン。🎠

20210220_kiguunoti_1

江戸時代の俳人・小林一茶(1763-1827)は、人生の多くを旅に過ごした。中でも流山を含む下総地方は、最もよく訪れており、その地の俳友達に俳句を指導したり、情報を交換したりして、生活の糧を得ていた。🍴

流山で一茶と親交が篤かったのは、醸造業を営み、味醂の開発者のひとりと言われる、五代目秋元三左衛門である。三左衛門(1757-1812)は、双樹と号し、家業の一方俳句をたしなみ、経済的にも一茶を援助していた。一茶は、享和3年(1803)から文化14年(1817)の15年間に50回以上も流山に来たことが、句帖や日記からわかっている。一茶と双樹の関係は、俳人と商家の大旦那というだけではなく、真の友人であったことがしのばれる。❤

流山市教育委員会では、この地を一茶と双樹が親交を深めた、流山市にとって由緒ある土地として、平成2年12月4日付で、流山市指定記念物(史跡)第1号に指定し、一茶双樹記念館として整備した。安政期の建物を解体修理した双樹亭、枯山水の庭園、流山で味醂の生産が最も盛んであった時代を再現し、展示を行う秋元本家、茶会、句会などに利用できる一茶庵がある。🏢

20210220_map_1

一茶双樹記念館の施設マップです。🚥

20210217_hinakazari_09

建物に入ると、立派な7段雛飾りが展示されていました。ちょうど、雛祭りの時期で、流山本町界隈では、流山本町ひなめぐりが開催。ここ、一茶双樹記念館も雛飾り会場の1つでもある。⛽

20210222_omise_1

秋元本家、おみせの展示品。🎀

20210222_ticket_panf

ここから先は、有料エリアとなる。受付で入館料大人110円を支払い、中へ入った。🎫

20210222_soujyutei_1

こちらは、新座敷棟「双樹亭」です。木造平屋建、寄棟造瓦葺の「新座敷」と呼ばれる建物で、江戸時代末期の商家建築の様式を伝える、文化史上極めて貴重な遺構です。🏠

20210222_karesansui_1

枯山水のお庭、いいね。⛳

20210222_haiku

夕月や 流れ残りの きりぎりす

文化元年(1804)9月2日小林一茶が流山で詠んだ句。流山で洪水が起き被害に見舞われた夕方、空には夕月がかかり、どこかの物陰で、生き残りのきりぎりすが泣き始めた。🌀

ちなみに、この句碑の石材は、一茶が生まれ育った長野県上水内郡信濃町柏原の黒姫山のものを用いた。🌑

20210222_issaan_1

一茶庵の入口玄関です。🎩

20210222_issaan_2

玄関にて靴を脱ぎ、中へ入ります。👠

茶房一茶庵では、抹茶・煎茶と和菓子が頂けます。🍸

一茶と蛙の小さな人形がかわいらしい。💕

20210222_tuuro_1

建物内の通路。雰囲気あるな。🔑

20210222_soujyutei_3

双樹亭の新座敷は、3部屋連なっている。⛵

20210217_hinakazari_10

部屋内には、いろいろな雛飾りが設置されていました。👓

20210217_hinakazari_11

千葉県伝統的工芸品指定、山田人形店の雛人形です。🎬

20210222_hinakazari_02

木目込み人形です。👜

20210222_hinakazari_01

手作りの、うさぎ雛。かわいらしい。🐱

20210222_hinakazari_03

パラエティに富んだ、つるし雛。🎵

20210222_hinakazari_04

歴代のつるし雛だそうです。🔍

20210222_haiku_2

座敷で一句。俳句を詠んでみよう。俳句教室の作品です。🎤

20210222_soujyutei_5

座敷から、外のお庭を眺める。🎪

20210222_soujyutei_4

枯山水のお庭を眺めながら、のんびりと。こういうお屋敷いいね。🌔

20210222_suisen

水仙、ご自由にお持ちくださいとの事。♣

20210222_tii_sanpo

ちい散歩で、地井武男さんが来訪されたようです。📺

20210222_soujyutei_2

一茶と双樹、縁側で一緒にのんびりしていたのかもなぁ...。☕

流山本町界隈では、雛めぐり開催中です。そのレポートは、「流山本町ひなめぐり2021に行ってきた。」へどうぞ。✋

と言う事で、一茶双樹記念館を訪れたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「一茶双樹記念館」 住所:〒270-0164 千葉県流山市流山6-670-1 TEL:04-7150-5750 観覧時間:9時~16時50分(17時閉館) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始 入館料:大人110円・小人55円 アクセス:流鉄流山線平和台駅から徒歩約7分 京成バス流山五丁目バス停下車徒歩約4分 📖

2021年2月21日 (日曜日)

二郷半用水緑道の梅並木を散策してきた2021。

梅の花が咲き誇り見頃を迎えました。🎀

20210221_ume_09

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある二郷半用水緑道です。緑道沿いに続く梅並木には、の白い花が咲き見頃を迎えています。特に、天王橋通り付近から前川中学校付近まで続く緑道の梅は見事です。🎄

撮影日は、2021年2月20日(土)。この日は、17度まで気温が上がり、とても暖かな週末となった。☀

20210221_ume_03

二郷半領用水は、松伏町金杉地先の江戸川から吉川市を通り、三郷市戸ヶ崎地先の第二大場川に続く用水路である。市民の憩いの散歩道になっているのだ。💦

14世紀後半、吉川郷と彦成郷の二郷とその南にあった集落の半郷を合わせて「二郷半領」と呼ばれるようになったそうです。それが用水路の命名の由来。🎤

20210221_ume_04

用水路沿いに続く梅並木。とても大きな梅の木だな。🏢

20210221_ume_05

暖かい日が続くようになったので、一気に開花していった感じだな。春の訪れだね。⚾

20210221_ume_06

緑道散歩道。青空の下、気持ちが高ぶる。♨

20210221_ume_07

梅の花びらトンネルのようで、見事な咲き誇りだ。👠

20210221_ume_10

横に伸びる梅の枝。🎧

20210221_ume_08

こうやって見ると、梅の花びら真っ白だね。⛄

20210221_ume_01

身代わり地蔵付近にも、梅が咲いていました。🎂

20210221_ume_02

高さ低めの白梅だ。🚢

20210221_shidare_1

ピンク色の枝垂れ梅も咲いていました。👠

20210221_shidare_2

ピンク色の淡い色合いもまた良い。🍔

20210221_suisen

水仙の花も咲いていました。🌔

二郷半用水緑道この付近は、この後、3月下旬には桜(ソメイヨシノ)、4月中旬には八重桜が咲き誇ります。春の訪れを感じる良き緑道ですね。💓

という事で、二郷半用水緑道の梅並木を散策してきたレポでした~。🐶

ちなみに、2021年の二郷半用水緑道のその他の花レポートは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「二郷半用水緑道」 住所:〒341-0043 埼玉県三郷市栄5丁目 アクセス:マイスカイ交通・京成タウンバスシルバーセンター前バス停下車徒歩約1分 📝

2021年2月18日 (木曜日)

流山本町ひなめぐり2021に行ってきた。

流山本町界隈の雛飾りを巡る。💨

20210217_hinakazari_01

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある流山本町周辺です。この界隈で、流山本町ひなめぐり2021~切り絵行灯と共に~が開催中です。開催期間は、2021年2月13日(土)~3月7日(日)。旧市街の古い街並みの流山本町地区、店舗や施設を含め44か所にて雛飾りが設置されています。🎂

20210217_panf_1

新型コロナウイルス感染拡大予防対策をとっての開催となっています。🎤

イベント中止が多い中、こうやって開催できるのは、ありがたいものです。🐱

20210217_map

流山本町周辺のマップです。雛飾りの展示は44か所あるので、地図を眺めながら、選んで順番に巡ってみましょう。📺

20210217_fukushi_kaikan

まずは、メイン会場となる流山福祉会館を訪れた。🏢

受付にて、入館者記入と検温がありました。🏥

20210217_hinakazari_21

室内へ入ると、雛飾りがずらりと設置されている。👜

20210217_hinakazari_03

これぞ、雛飾りだね。右は7段飾りだ。🏀

20210217_hinakazari_02

こちらの動物雛、かわいらしい。🐱

20210217_kimono

立派な着物ですね。🎽

20210217_hinakazari_04

こちらは、御殿雛かな。🎿

20210217_hinakazari_05

小さな、うさぎ雛。市民から提供された手作りのようだ。🎨

20210217_hinakazari_06

次は、machiminを訪れた。こちらには、つるし雛が飾られていた。⚾

20210217_hinakazari_07

次は、流山駅を訪れた。待合室には、つるし雛が飾られていた。窓外には、流鉄線の車両が見えるね。🚃

20210217_kinen_kippu

流鉄では、令和3年3月3日記念乗車券セットが発売されています。イラスト作家 杉本聖奈(すぎもと まりな)さんが描いた、春いっぱいのかわいいお雛祭りの台紙と硬券乗車券(D型×4枚)のセットです!。🎫

20210217_tronc

tronc(トロン)を訪れた。店内には、ちょっとした雛飾りがあり。こちらも、流山本町ひなめぐりの参加店。🏠

ここで、コーヒーブレイクしようと思ったが、お客さんで満席だったので、...。🎀

20210217_coffee_cake_1

テイクアウトしました。コーヒーと季節のフルーツのショートケーキです。近くの江戸川土手で頂いた。天気の良い暖かな日、外で頂くのも良しだ。うむ、美味しい。☕

20210217_hinakazari_08

次は、杜のアトリエ黎明を訪れた。こちらも、7段雛飾り。👣

20210217_yurai

つるし飾りの由来、プリント配布がありました。📖

20210217_kit

うさぎ雛は、流山本町ひなめぐりメインキャラクターである。という事で、うさぎ雛手作りキットが販売されています。500円。針と糸があれば30~40分位で、どなたでも簡単に作れます。🍴

20210217_kinenkan_1

次は、一茶双樹記念館を訪れた。ここは、小林一茶寄寓の地である。🚢

20210217_hinakazari_09

こちらも、立派な7段雛飾りだ。🎪

20210217_hinakazari_10

有料エリア・双樹亭の室内にも雛飾りが展示されています。(入館料は大人110円)。🍔

20210217_hinakazari_11

千葉県伝統的工芸品指定、山田人形店の雛人形です。🎬

ちなみに、ここでの訪問詳細レポートは、「一茶双樹記念館を訪れた。展示された雛飾りを鑑賞してきた2021。」へどうぞ。✋

20210217_towa

次は、蔵のカフェ+ギャラリー 灯環(とわ)を訪れた。ここも、流山本町ひなめぐり参加店である。つるし雛です。🏠

20210217_coffee_cake_2

店内でコーヒーブレイクしました。デザートには、りんごとチーズのみりんバターケーキを選択。流山は白味醂だからね。これまた、美味しい。☕

20210218_maku

流山本町ひなめぐり参加店・施設には、目印となるノボリが設置されています。昔の雰囲気が漂う本町地区の町並みを味わいつつ、雛めぐりしてみるのも良いでしょう。⚽

と言う事で、流山本町ひなめぐり2021に行ってきたレポでした~。🐶

「流山本町ひなめぐり2021」 開催期間:2021年2月13日(土)~3月7日(日) 会場:流山本町の44店舗や施設(千葉県流山市流山) アクセス(流山福祉会館)流鉄流山線流山駅から徒歩約4分 京成バス福祉会館入口バス停下車すぐ 📖

2021年2月14日 (日曜日)

長流寺を訪れた。参道には早咲きの梅が見頃です2021。

早咲きの梅が咲く流山の隠れたスポットかも。📺

20210214_ume_02

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある長流寺です。「ちょうりゅうじ」と読む。長流寺の参道には、早咲きの梅の木があり、2月中旬になると梅の花が見頃を迎えます。📷

撮影日は、2021年2月13日と14日。👜

20210214_ume_01

真っ直ぐ進む参道には、梅の木が連なり、梅の花が白く咲いています。特に、参道の右側。🎪

20210214_ume_05

蕾が少しあるものの、満開を迎えています。快晴青空の下、いい感じに咲き誇っています。☀

20210214_ume_06

白梅の花びら、綺麗ですね。💋

20210214_ume_04

通常、関東首都圏の梅の花は、2月下旬から3月上旬が見頃を迎える。なので、ここ、長流寺の梅の花は、少し早めに咲くので、梅の先取りスポットとして隠れた名所になるのでは?。👠

暖かな週末という事もあり、まもなく、春の訪れになるかなという気分になるなぁ。🎩

20210214_sandou_2

せっかくなので、長流寺の境内を散策してみよう。👟

20210214_hondou_1

長流寺の本堂です。御本尊は阿弥陀如来坐像を祀る。🏠

20210214_info

長流寺は、江戸時代初期創建の浄土宗の寺院。山号は宝泉山(ほうせんざん)。本尊は阿弥陀仏。境内には、千手観音を安置する観音堂のほか、馬頭が刻まれた馬頭観音や流山七福神の恵比須像がある。🎤

20210214_gaku_1

本堂の額には、山号である寶泉山を記す。龍の彫刻が..。⚡

20210214_ebisu

本堂の右手前には、恵比寿様を祀る。🎶

20210214_ebisu_info

エビスは鯛と釣り竿を持っていて、「釣りして網せず」と言われ清廉の心を象徴しています。✨

福徳や商売繁盛をもたらし、うやまうことで心が安らかになると信仰されています。💡

20210214_stamp

本堂前には、長流寺のスタンプが置かれていた。流山七福神用かな?。🎂

20210214_sandou_1

流山で梅を早く見たいという人は、このお寺を訪れてみるのも良いかもね。🎨

長流寺の隣は、一茶双樹記念館があるので、そのついでに立ち寄ってみると良き。🚩

という事で、梅が咲く長流寺を訪れたレポでした~。🐶

「寶泉山 長流寺」(ちょうりゅうじ) 住所:〒270-0164 千葉県流山市流山6-677 TEL:04-7158-0355 アクセス:流鉄流山線平和台駅から徒歩約6分 京成バス流山五丁目バス停下車徒歩約4分 📝

2021年2月12日 (金曜日)

高州交番前歩道橋を渡る。歩道橋の上から国道298号線を眺める2021。

国道を渡る歩道橋です。👟

20210212_hodoukyou_01

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある高州交番前歩道橋です。国道298号線に架かる横断橋で、高州交番前交差点の南側に設置されています。平成12年(2000年)に完成、橋長は142.8mです。🚥

20210212_hodoukyou_03

歩道橋を渡ってみましょう。この歩道橋は歩行者・自転車供用です。なので、スロープになっている。🎠

20210212_hodoukyou_04

半分登ると折り返しになる。折返し先が見えないので、衝突が無いよう通行に注意。💣

20210212_hodoukyou_05

折り返して、さらに半分登っていきます。⛽

20210212_hodoukyou_06

歩道橋の上部です。国道298号線を横断だ。この歩道橋の上は、高速道・外環道の高架が通っている。🎾

20210212_hodoukyou_07

国道298号線外回り(松戸方向)の眺め。⛳

20210212_hodoukyou_08

国道298号線外回り(草加方面から)の眺め。真下は、高州交番前交差点。さて、欄干の絵柄は何のモチーフだろう?。🎨

20210212_hodoukyou_09

国道298号線内回り(松戸方面から)の眺め。🎀

20210212_hodoukyou_10

国道298号線内回り(草加方向)の眺め。🎮

20210212_hodoukyou_11

歩道橋を下から眺める。🏨

20210212_hodoukyou_12

歩道橋は緑色で舗装されています。🎨

20210212_hodoukyou_02

国道298号高州交番前交差点で停車中の東武バス。金50系統東金町循環は、この交差点を右折していきます。1日の運行本数が少ないので、見かけるのは珍しい。🚌

と言う事で、高州交番前歩道橋を渡ってみたレポでした~。🐶

「高州交番前歩道橋」 住所:〒341-0037 埼玉県三郷市高州2丁目 アクセス:JR常磐線金町駅北口から徒歩約38分 東武バス高州交番前バス停下車徒歩約1分 📖

2021年2月 4日 (木曜日)

早稲田公園プールサイド改修工事中です2021。

プールサイド綺麗になるかな?。✨

20210204_pool_1

さて、ここは、埼玉県三郷市にある早稲田公園プールです。現在、プールサイド改修工事を行っています。床が結構老朽化しているっぽいからな。⛽

20210204_kanban

三郷市が発注する工事。早稲田公園プールサイド改修工事の請負金額は3223万円。👊

工事終了は令和3年3月24日となっているが、この工事期間は4カ月で発注されているので4月以降も工事が続くかもね。(多分)。🎤

20210204_pool_2

早稲田公園の南側に市民プールがあります。🎪

20210204_pool_4

夜中気温が低い日は、うっすら氷が張る事がある。⛄

20210204_pool_3

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっているが、今年はプールオープンできるだろうか?。せっかく、プールサイドが改修されるからね。🐱

20210204_enro

昨年舗装改修された、早稲田公園の散策路。天気の良い青空の下、散策が気持ち良いぞ。👟

ということで、早稲田公園プールサイド改修工事中お知らせレポでした~。🐶

 

(2021.04.11追記)

20210411_pool

もう、工事完了なのでしょうか。プールサイドの床をリニューアルという感じか。色は同じだけどね。➰

 

(2021.06.17追記)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年(2021年)の早稲田公園プールの開園を中止すると発表されました。いまだに、感染者数が高止まりなので致し方ないと思います。来年こそはですね。🐱

「早稲田公園」 住所:〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田4-4 アクセス:JR武蔵野線三郷駅から徒歩約10分 東武バス早稲田公園入口バス停下車徒歩約2分 📖

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ