« あけましておめでとうございます2019。 | トップページ | 江戸川土手から日の出を眺めてきた2019。 »

2019年1月 4日 (金曜日)

旧花野井家住宅を見学してきた2019。

17世紀後半に建てられた住居で、国の重要文化財です。

20190104_jyuutaku_3

さて、やってきたところは、千葉県野田市にある旧花野井家住宅です。清水公園の近くに位置します。

花野井家は、江戸時代幕府直轄の牧を管理する牧士を代々務めていました。流山市前ケ崎にあった花野井四郎氏の住宅を、昭和46年(1971年)野田市が寄贈を受け清水公園の近くに移築したもので、17世紀後半のものと推定される住宅です。

20190104_gate

旧花野井家住宅の入口です。入館無料。では、入ってみましょう。

20190104_yakuimon

薬医門(やくいもん)をくぐります。江戸時代末期の建造物。

この門はもと上原家の門として使用されていたが、母屋改築にあたり昭和47年10月野田市郷土博物館に寄贈されたものである。

太い「木柱」に対して、若干細い「そえ柱」をもち、前面の軒を深くとるなど、薬医門の形式をよく示している。

この門について、昔から「甚五郎一夜造りの門」といわれ、名工左甚五郎が日光よりの帰途、上原家に泊り、一夜でつくりあげたと云い伝えられている。

20190104_jyuutaku_1

花野井家住宅の建物です。

移築前は間口10間半、奥行5間半の大きさだったが、移築を期に建造当初の形式である間口8間、奥行5間の規模に復原された。

20190104_nakanoma

なかのまです。

20190104_toko

囲炉裏がある部屋ですね。

20190104_kemuri

時折、茅葺屋根を燻蒸するために薪を燃して煙を出しています。

20190104_kittin

昔の台所ですな。

20190104_kayabuki_2

天井を見ると、茅葺が見えますね。

20190104_kayabuki_1

茅葺屋根の端、下から眺める。

20190104_jyuutaku_2

当時にしては、立派なお屋敷なんですね。国の重要文化財なのに、入場無料で見学できるとはありがたみがある。

20190104_time_info

旧花野井家住宅は、開館時間は9時から16時まで、休日は年末年始と月曜・火曜・水曜です。但し祝日時は翌日休みとなる。

20190104_hyoushiki

という事で、旧花野井家住宅を見学してきたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。そのイベント参加レポは、「東武健康ハイキング「第373回晩秋の野田路、醤油の歴史と文化漂い歩くハイキング」に参加してきた(2018.12.01)。」へどうぞ。

「旧花野井家住宅」(きゅうはなのいけじゅうたく) 〒278-0043 千葉県野田市清水902 開館時間:9時~16時 休館日:年末年始・月曜・火曜・水曜(但し祝日時はその翌日) 入館料:無料 東武アーバンパークライン清水公園駅から徒歩約8分

« あけましておめでとうございます2019。 | トップページ | 江戸川土手から日の出を眺めてきた2019。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧花野井家住宅を見学してきた2019。:

« あけましておめでとうございます2019。 | トップページ | 江戸川土手から日の出を眺めてきた2019。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ