« 行幸通りの銀杏並木を散策する2018。 | トップページ | 皇居東御苑を訪れた2018。 »

2018年12月 8日 (土曜日)

平成30年秋季皇居乾通り一般公開に行ってきた2018。

皇居内を紅葉狩り。

20181208_road_02

さて、やってきたところは、東京都千代田区にある皇居です。ここ、皇居乾通りにて、2018年12月1日(土)~9日(日)の9日間、平成30年秋季皇居乾通り一般公開が開催されました。

皇居乾通り一般公開は,平成26年(2014年)に、天皇陛下の傘寿を記念して、初めて春季と秋季に実施したもので、大変好評であったことにかんがみ、平成27年秋季から、毎年春季の桜の時期と秋季の紅葉の時期に実施しているものです。

20181206_chiyoda_line

さて、会場までのアクセス。東京メトロ千代田線に乗って二重橋前駅にやってきた。最寄出口に近いのは1号車(最も日比谷寄り)です。

10号車(最も大手町寄り)からの出口でも可ではある。

20181206_yuudou

【13時44分】 改札口へ出ると、「乾通り坂下門B6出口直進50m」と誘導案内されます。案内通りに進むとしよう。※本来の最寄出口は「2番出口」なのだが、「閉鎖中」となっていた。あわせて、「6番出口」も閉鎖中でした。

20181206_nijyuubashimae_st_exit

【13時47分】 B6出口地上に出てきました。二重橋前駅改札口からB6出口地上まで徒歩約3分です。

B6出口は、もはや、日比谷駅の出入口である。よって、都営地下鉄三田線の日比谷駅も最寄り駅であると言えよう。他路線の日比谷駅からは、もう少し歩く事になる。

20181206_road_01

西方向、皇居方面へ歩いていきます。歩行路は道幅広いです。

20181206_road_02

内堀通り・二重橋前交差点を渡ると、砂利道に入ります。

北側(大手町駅・東京駅)からの来場者が多い。逆に南側(二重橋前駅・日比谷駅)からの来場者がやや少なめなので、南側からアクセスした方が歩きやすいかも。

20181208_toilet

途中、白い壁で囲まれた、仮設のトイレが設置されています。この先、トイレが少なく混雑が予想されるので、早めに済ませておくと良いでしょう。

20181208_gyourtsu_1

【13時55分】 手荷物検査・ボディーチェックの為、行列に並びました。混雑時は何重もの行列ができているだろうが、この時間は特に長い行列はなく、ややスムーズに進んでいきます。

行列の最新待ち時間は、宮内庁のホームページの「皇居乾通り一般公開について」にて表示しています。予め、確認しておくと良いでしよう。私が訪れた時は、「0分」となっていました。

20181208_kensa

【14時02分】 手荷物検査ボディーチェックを終え、通過しました。約7分程かかった。

手荷物検査は、持ち物の中身を一通り見ていきます。予め、カバンのボタンやファスナー等は開けておきましょう。手荷物が無い人は、行列に並ばず素通り出来、直接ボディーチェックゲートへ向かいます。ボディーチェックでは、ハンディ測定機器を使って体の前後をサーチします。

20181208_cyuui

皇居乾通り一般公開は、9時~15時までの間、皇居坂下門から入門できます。退出は、乾門又は皇居東御苑の大手門、平川門又は北桔橋門からとなります。入場無料です。

20181208_sakashitamon

【14時04分】 坂下門をくぐります。入口の坂下門から乾通りを歩き出口の乾門まで約700mです。

20181208_road_01

皇居内部に入りました。普通に入る事ができないエリアの開放だけにすごいですね。

20181208_kyuuden

先に見える建物は、宮殿です。

20181208_kunaicyou

こちらは、宮内庁庁舎です。

20181208_fujimiyagura

先に見えるのは、富士見櫓です。

20181208_corce_route

皇居乾通り一般公開のコースルートです。写真画像左下の坂下門から真っすぐ上へ進み左上の乾門へ進む一方通行となっています。

20181208_hasuike_sansyuujyo

こちらは、蓮池参集所です。

20181208_kouyou_01

秋の開催だけに、モミジがいい感じに紅葉しています。

20181208_yamashita_douri

こちらは、山下通りです。

20181208_fuyuzakura

小さな花びらだが、冬桜が咲いていた。

20181208_mon

局門と紅葉です。

20181208_monnagaya

門長屋が続きます。

20181208_fujimitamon

堀の先に見えるのは、富士見多聞です。

20181208_shikizakura

四季桜もちょこっと咲いています。

20181208_douganbori

こちらは、道灌濠です。

20181208_bunki

途中、乾門へ真っすぐ進むか、皇居東御苑へ右へ進むか、分岐地点があります。一方通行、後戻りできないので、どっちに行くか決める必要があります。

今回は、真っすぐ乾門へ向かいます。ちなみに、乾門を出たあと、北桔橋門から皇居東御苑に入る事も可能です。(北桔橋門、入場時に改めて手荷物検査があります)。

20181208_road_03

ちなみに、右へ進む道です。ここから先、上り坂で皇居東御苑へ向かいます。

20181208_road_04

こちらは、真っすぐ乾門方面です。

20181208_momiji_1

もみじ、いい紅葉具合です。

20181208_momiji_2

イロハモミジ、趣き、ありますなぁ。

20181208_momiji_3

乾門近くのモミジが壮大な景観を映している。

20181208_inuimon_1

まもなく、出口となる乾門に到着します。

20181208_inuimon_2

【14時27分】 乾門を出ました。一般公開はここまでです。

坂下門から乾門まで23分、手荷物検査行列待ちから乾門まで32分、二重橋前駅改札口から乾門まで43分かかりました。午後に訪れたので、混雑待ちなくスムーズに見学できたと思います。

皇居内に入れる特別な一般公開。なかなか、いい記念になりましたな。

20181208_kaeri_mp

乾門から最寄駅への案内図。右(東)へ進むと竹橋駅1a出入口まで徒歩約6分、上(北)へ北の丸公園経由九段下駅2番出入口まで徒歩約10分、左(西)へ進むと半蔵門駅5番出入口まで徒歩約13分です。

20181208_road_05

北桔橋門付近から乾通りを眺める。

20181208_mon_2

乾門から北桔橋門へやってきた。徒歩3分。ここから、皇居東御苑に入る事ができますよ。

20181207_icyou_namiki_1

晩秋の季節、東京駅丸の内口と皇居を結ぶ行幸通りはイチョウがいい黄葉具合ですよ。その訪問レポは、「行幸通りの銀杏並木を散策する2018。」へどうぞ。

という事で、平成30年秋季皇居乾通り一般公開に行ってきたレポでした~。

「平成30年秋季皇居乾通り一般公開」 開催期間:2018年12月1日(土)~9日(日) 入場時間:9時~15時 会場:皇居乾通り(東京都千代田区千代田1-1) 入口:坂下門 出口:乾門(途中東御苑へ抜けても可) 入場無料 テレホンサービス:03-3284-6780 東京メトロ千代田線二重橋前駅B6出口から徒歩約4分 都営地下鉄三田線日比谷駅B6出口から徒歩約4分 JR京葉線東京駅6番出口から徒歩約7分

« 行幸通りの銀杏並木を散策する2018。 | トップページ | 皇居東御苑を訪れた2018。 »

コメント

さかたん(^^)/
゚+。゚感謝★☆(´∀`人)☆★感激゚。+゚
有難いアップです。
ニュースでは拝見しましたが、行った気分になれました。
冬桜も頑張って咲いていますね
今年は暖かいから・・・
紅葉も綺麗です
出掛けられない者には有難い記事です。
まだまだ寒暖差があるようです。
体調管理に気をつけてお過ごしください。

エルザさん、こんばんわ。

毎年ニュースで紹介されていたので、行ってみたいなと思っていました。始まった当時の大行列は無くなったのと、秋季は春季に比べて人が少ないという事、そして、平成最後の一般公開になりそうなので、行って来ました。(来年春季は実施未定?)。

やっぱり皇居ですからね。雰囲気が違うな。12月に入ったけど、いい紅葉でした。

私が訪れた翌日は、天皇陛下・皇后両陛下が一般公開の様子をお忍びでご覧になられたそうです。

強力な寒気がやってくるようで、数日冷える日が続くようです。気を付けないとですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年秋季皇居乾通り一般公開に行ってきた2018。:

« 行幸通りの銀杏並木を散策する2018。 | トップページ | 皇居東御苑を訪れた2018。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ