« 新松戸星空バル2018、食べ飲み歩きはしご酒してきたまとめレポート。 | トップページ | 三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。 »

2018年12月23日 (日曜日)

鈴木家住宅附属建物を見学してきた。見沼通船の差配されていた2018。

見沼通船の船割り業務を担っていました。

20181223_suzukike_jyuutaku_3

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある鈴木家住宅です。

享保12年(1727年)、鈴木家は高田家とともに井沢弥惣兵衛為永に従って、見沼干拓事業に参加しました。享保16年の見沼通船堀の完成と同時に鈴木・高田両家は幕府から差配役を任じられ、江戸の通船屋敷で通船業務をつかさどり、八丁堤などには通船会所を持っていました。

20181223_suzukike_jyuutaku_2

道路沿いに建つ主屋。年代物だが立派な住居ですね。この母屋の内部は非公開です。

鈴木家は、各船に対する積荷や船頭の割り振りなどの船割りを行い、文政年間以降は八丁会所において船割りにあたり、住まいも八丁に移しました。

現在残る鈴木家住宅は、この頃の建立となり、見沼通船の船割り業務を担っていた役宅として貴重な建物です。

20181223_shikitinai_1

土曜日と日曜日、10時から16時、鈴木家住宅の建物が見学できます。入場無料・予約不要です。では、中に入ってみましょう。

20181223_koukai_hani

鈴木家住宅附属建物公開範囲です。見学できるのは、納屋・米蔵・舟小屋です。

20181223_tatemono_1

手前に納屋、奥に米蔵が連なっています。

20181223_mitorizu

米蔵と納屋は、大正12年の関東大震災で大破したが、その後修復されたものです。大幅な改変はなく往時の面影がしのばれます。

20181223_nougu

納屋には機具が展示されていた。

20181223_kome_kura

白い壁の米蔵の中に入ってみましょう。

20181223_setsumei_2

見沼通船堀の解説が掲示されています。

20181223_kura_yane

米蔵の中から天井を眺める。

20181223_tsuusen_1

舟小屋です。

20181223_hiratabune_1

舟小屋の中を覗いてみると、艜船(ひらだぶね)が展示されています。

20181223_hiratabune_2

江戸との行き来にこの船で往来します。セイジと言われる寝泊まりできる屋根が付いている。

20181223_shikitinai_2

建物の裏側です。

20181223_gyoukei

見沼通船堀や鈴木家住宅に、皇太子殿下が2006年行啓されました。

20181223_setsumei

昭和57年7月3日指定。

20181223_time_info

国指定史跡見沼通船堀・鈴木家住宅附属建物・復元艜船。

20181223_suzukike_jyuutaku_1

という事で、鈴木家住宅附属建物を見学してきたレポでした~。

「鈴木家住宅附属建物」 〒336-0923 埼玉県さいたま市緑区大間木1889 公開日:土曜・日曜 公開時間:10時~16時 入場無料 JR武蔵野線東浦和駅から徒歩約10分

« 新松戸星空バル2018、食べ飲み歩きはしご酒してきたまとめレポート。 | トップページ | 三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新松戸星空バル2018、食べ飲み歩きはしご酒してきたまとめレポート。 | トップページ | 三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ