« 見沼通船掘を訪れた。日本最古の木造閘門式運河です2018。 | トップページ | 駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。 »

2018年12月26日 (水曜日)

見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。

歩きたくなる竹林の中散策。心安らぐ空間だ。

20181226_tikurin_03

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある見沼通船掘公園です。見沼通船掘公園は、見沼通船掘脇の竹林に囲まれた趣のある公園です。

20181226_enter_1

JR武蔵野線東浦和駅から徒歩3分程で、見沼通船掘公園に着く。県道103号吉場安行東京線沿いにある。

20181226_map

見沼通船掘公園の園内マップです。見沼代用水路西緑と見沼通船掘西緑に囲まれていて、園内竹林に覆われている。

20181226_hyakusen

見沼通船掘公園は、歴史の道百選に選定されている。

さらに、美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選定されている。これから竹林の中を歩いて行くと、その理由が分かるよ。

20181226_tikurin_01

少し階段を下りて行くと、竹林の中に入っていきます。

20181226_tikurin_02

竹林の中は、木製の遊歩道が設置されている。

20181226_tikurin_04

竹林の中は暗くなるが、竹の隙間から光が入り込む。

20181226_tikurin_05

訪れた日は風が無し。なので、シーンとした静けさである。

20181226_tikurin_06

見沼通船掘公園の竹林は、見沼代用水路西緑沿いと見沼通船掘西緑沿いの2か所です。

20181226_tikurin_07

ふと足を止める。気持ち落ち着き、心安らぐ。

20181226_road_01

見沼通船掘西緑沿いを歩いていく。

20181226_tikurin_08

タイムスリップ、昔の時代に戻ったような雰囲気だな。

20181226_tikurin_09

これだけの竹が育つのに、何年の時が過ぎたのでしょうか。

20181226_tikurin_10

上に高く伸びる竹林。五感が研ぎ澄まされるような...。この空間の中にいるという事がいいのです。

20181226_musashino_line

先には、JR武蔵野線が通る。205系が走り過ぎて行きます。

20181226_nyotaisya_1

公園の南側に、附島氷川女体社があります。ここの本殿は市指定有形文化財に指定されている。

20181226_nyotaisya_2

本殿の裏側に来ると、竹林を眺める事ができます。

20181226_takenoko

見沼通船掘公園の入口には、車止め用?タケノコがにょきっと。

20181226_park_01

という事で、見沼通船掘公園を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。」へどうぞ。

「見沼通船掘公園」(みぬまつうせんぼりこうえん) 埼玉県さいたま市緑区大字大間木 JR武蔵野線東浦和駅から徒歩約3分

« 見沼通船掘を訪れた。日本最古の木造閘門式運河です2018。 | トップページ | 駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。:

« 見沼通船掘を訪れた。日本最古の木造閘門式運河です2018。 | トップページ | 駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ