« 守光院を訪れた2018。 | トップページ | フラワーロード、見沼代用水西緑沿いの緑道を散策する2018。 »

2018年11月30日 (金曜日)

行弘寺を訪れた2018。

さいたま市南区太田窪にある天台寺門宗寺院。

20181130_gyoukouji_3

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市南区にある行弘寺です。「ぎょうこうじ」と読む。山号は龍燈山。行弘寺は、宝亀元年(770年)に開かれたと伝えられている天台寺門宗の寺院です。

20181130_gyoukouji_1

行弘寺は古来より、滋賀県大津市にある天台宗寺門派総本山園城寺(通称:三井寺)に属しています。

20181130_gyoukouji_2

行弘寺の本堂だが、ちょっとお寺らしからぬ建物だな。

寺伝によると草創は、奈良時代光仁天皇御字宝亀元年(770)と云われ、さいたま市内で最も古い寺院です。

20181130_engi

行弘寺の縁起です。(写真画像をClickすると4倍拡大表示します)

20181130_hondou

本堂前です。

本尊は不動明王で、通称「善前のお不動様」と呼ばれ親しまれています。

20181130_tree_2

境内には大きな木があります。

20181130_tree_1

緑色の葉は天気良い青空と映えるね。

20181130_tsubaki_setumei

行弘寺のツバキは、市指定天然記念物に指定されています。

20181130_tsubaki

ツバキは、ツバキ科に属する常緑広葉樹で、暖帯林の代表的樹木である。

この木は、樹高9m、胸高直径48cmで、ツバキとしては、かなりの大木に属する。花は、晩春に咲き、中輪の八重咲き、紅赤色であり、ヤブツバキ系の園芸種の一品種である。

20181130_tubomi

椿の花はまだ蕾状態。

樹勢は、きわめて旺盛であり、開花状況もすこぶるよく保存価値の高い樹木である。

20181130_temizusya

手水舎です。

20181130_inari_daimyoujin

稲荷大明神を祀る。

20181130_adati_kuyoutou

足立百不動尊供養塔です。市指定有形文化財となっている。

埼玉県南部から東京都にかけて100寺院に建立されている足立百不動尊供養塔の100番目である。

20181130_kuyoutou_setumei

その他、谷田小学校のもととなった太田窪学校を創設した星野講師寿碑などの歴史的建造物があります。

20181130_gyouji

年中行事です。地元では、善前不動として親しまれているようですね。

20181130_zenmae_bus_stop

最寄りのバス停は、国際興業バス善前バス停です。ここからすぐです。

20181130_yosouzu

行弘寺完成予想図という、古くなった看板があります。立て替える予定があったんでしょうかね?。

という事で、行弘寺を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。」へどうぞ。

「行弘寺」(ぎょうこうじ) 〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪2310 TEL:048-882-3992 JR南浦和駅東口から徒歩約22分 国際興業バス善前バス停下車徒歩約1分

« 守光院を訪れた2018。 | トップページ | フラワーロード、見沼代用水西緑沿いの緑道を散策する2018。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行弘寺を訪れた2018。:

« 守光院を訪れた2018。 | トップページ | フラワーロード、見沼代用水西緑沿いの緑道を散策する2018。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ