« 鳥貴族三郷北口店に行ってみた2018。 | トップページ | 炭火焼肉南山にて、カルビ定食を食べる2018。~かつしかバル2018・4軒目~ »

2018年9月26日 (水曜日)

彼岸花と江戸川土手と武蔵野線橋梁2018。

お彼岸に赤い絨毯が広がる秋の訪れ。

20180926_higanbana_7

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある江戸川土手です。JR武蔵野線江戸川橋梁の南側には、彼岸花が綺麗に咲いています。三郷駅のホームや、武蔵野線電車内からも眺める事ができるよ。

20180926_higanbana_1

色鮮やかだね。赤色の絨毯が一面に広がります。

20180926_higanbana_5

彼岸花(ヒガンバナ)は、散形花序で6枚の花弁が放射状につく。道端などに群生し、9月中旬、彼岸の頃に赤い花をつけます。独特の花だよね。

20180926_higanbana_3

ヒガンバナは曼珠沙華とも呼ばれる。

20180926_higanbana_4

30~50cm程の緑色の1本の茎が伸び、先端に直径約10cm前後の赤い花を咲かせます。別品種で、白い花が咲く彼岸花もあります。

20180926_higanbana_6

土手上は、埼玉県道156号三郷幸手自転車道線となっていて、ライダーたちも走行します。ちょっとしたウォッチポイントになるでしょう。

20180926_higanbana_8

彼岸花と江戸川橋梁を渡るJR武蔵野線電車との2ショット。

20180926_higanbana_10

205系電車と彼岸花。205系は今後減っていき、209系やE231系に車両が置き換わっていきます。この時期だけの景色、写真にとどめておこう。

20180926_higanbana_9

ここだけ、1区画綺麗に彼岸花が咲きます。自然にこうなったのかな?。

20180926_higanbana_2

JR武蔵野線三郷駅1番線ホームからの江戸川土手の眺め。ホームから赤い彼岸花が咲いているのが分かるよ。

という事で、江戸川土手に咲く彼岸花を見てきたレポでした~。

ちなみに、過去撮影時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

【撮影場所】 〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1丁目 県道156号三郷幸手自転車道線沿い 江戸川土手・JR武蔵野線江戸川橋梁付近(三郷駅南東側)

« 鳥貴族三郷北口店に行ってみた2018。 | トップページ | 炭火焼肉南山にて、カルビ定食を食べる2018。~かつしかバル2018・4軒目~ »

地元(三郷市)ねた。」カテゴリの記事

JR武蔵野線ねた。」カテゴリの記事

JR三郷駅ねた。」カテゴリの記事

コメント

これは、立派な彼岸花の群生ですね。
鶴見川沿いにもあるのですが、これほど立派では
ありません。
もし、自然の群生だとしたら素晴らしいです。
真っ赤な花が妖艶さをかもし出し・・・
ちょっと怖い感じもします

エルザさん、こんばんわ。

お彼岸を迎え、周辺各地で彼岸花が咲いていますね。今回の場所は、土手上のちょっとした一角にまとまって群生しているので、珍しいかも。気付かなかっただけかも知れないが、4年前に初めて見つけた。昔からなのか急に生えたのかは不明。

咲き始めの彼岸花は、秋にしては色鮮やかな赤色の花を咲かせますよね。確かに怖さ感ある。毒も持っているし...。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花と江戸川土手と武蔵野線橋梁2018。:

« 鳥貴族三郷北口店に行ってみた2018。 | トップページ | 炭火焼肉南山にて、カルビ定食を食べる2018。~かつしかバル2018・4軒目~ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ