« こしがや田んぼアート2018、地上80mの展望台から眺める。 | トップページ | 越谷レイクタウン、大相模調節池を周回する2018。 »

2018年8月23日 (木曜日)

旧東方村中村家住宅、外観を眺めた2018。

越谷市最古の住宅と言われている。

20180823_jyuutaku_1

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市にある旧東方村中村家住宅です。越谷市指定有形文化財となっている。旧東方村中村家住宅は、江戸時代に忍藩領東方村下組(現在の大成町周辺)の名主を勤めた方の旧宅で、昭和50年(1975年)に越谷市指定文化財に指定された建物です。

20180823_jyuutaku_2

中村家に伝わる古文書によると、安永元年(1772年)の建築と記されており、建築年代の確認できるものでは越谷市最古の住宅と言われています。

20180823_jyuutaku_3

施設内入場には入場料一般100円かかります。今回は、中に入らず外観のみ写真を撮っておこう。

20180823_jyuutaku_4

門をくぐると、先に玄関となるでしょうか。

20180823_jyuutaku_6

北側から見た旧東方村中村家住宅。

施設内に併設する展示室には、同じ地域内に存在する見田方遺跡から出土した土器等の出土品も展示しているそうだ。

20180823_jyuutaku_7

北西側から見た旧東方村中村家住宅。周辺は住宅街である。

20180823_jyuutaku_5

隣接して、レイクタウン湖畔の森公園となっています。レイクタウンの大相模調節池の周囲をぐるり回るついでに、立ち寄ってみるのはいかがですか。

という事で、旧東方村中村家住宅を訪れたレポでした~。

「旧東方村中村家住宅」 〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン9-51 TEL:048-986-7051 開館時間:9時~17時(入館16時30分まで) 休館日:水曜・年末年始 入場料:一般100円・小中学生50円 JR武蔵野線越谷レイクタウン駅より徒歩約12分

« こしがや田んぼアート2018、地上80mの展望台から眺める。 | トップページ | 越谷レイクタウン、大相模調節池を周回する2018。 »

コメント

越谷は今年3月に桜と歴史と商業施設をじっくり見学しました。今週は阿波踊りで盛り上がりですね!。一時秋めいて涼しくなったと思ったらまた猛暑のぶり返し・・。台風で熱波を呼んできたって感じですね。月も美しく秋の虫の声も聞こえる季節となってきましたが、残暑も何度もぶり返しでしょうね~。体調を崩されませんようにご自愛ください。

ローリングウエストさん、こんばんわ。

阿波踊り、本場徳島ではゴタゴタがあったようですが、今週末は南越谷阿波踊りが行われます。流し踊りが見ごたえありますね。

ちょっと涼しい日があったけど、また暑いですね。溶けそうですが、体調気を付けます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧東方村中村家住宅、外観を眺めた2018。:

« こしがや田んぼアート2018、地上80mの展望台から眺める。 | トップページ | 越谷レイクタウン、大相模調節池を周回する2018。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ