« 武甲酒造を訪れた。地酒試飲してきた2018。 | トップページ | 旧本庄商業銀行煉瓦倉庫、明治時代の赤レンガ建造物外観2018。 »

2018年2月22日 (木曜日)

秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店で、秩父ホルモンを味わった2018。

秩父を訪れたらホルモン食べるべし。

20180222_marusuke

さて、やってきたところは、埼玉県秩父市にある秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店です。秩父駅から徒歩約4分、秩父神社の西側にお店を構える。秩父に来たならホルモン食べたい。なので、訪れました。

20180222_beer

まずは、生ビールで喉を潤す。ぷはぁ~。七輪設置OK。

20180222_horumon

白モツとカシラで攻めます。さぁ、焼くべし。

20180222_horumon_2

炭火の熱で、じわじわと焼いていく。じっと眺めていても、美味しそう。

では、パクッ。うむ、食感がいいね。ホルモンたれや塩だれが用意されている。味つけ濃いめのタレですな。食欲がそそる!。

20180222_wisky

秩父に来たならウイスキー。そう、イチローズ・モルトを頂く。このスモーキーな味わいがたまらなく美味しい。

20180222_rice

美味しい焼肉なので、禁断の秘密兵器を投入。そう、白ごはん。

20180222_rice_2

ご飯の上にお肉をおいて、かっ込む。旨し!!。

いゃあ~、秩父ホルモン、美味しいね。

20180222_yurai

ホルモンとは、昔は食べる物ではなく捨てていたんだそうで、大阪弁で捨てる 「放るもん」 ほーるもん ホルモンとなったんだとさ。

戦後、朝鮮半島から秩父に住み着いた人たちが広めた秩父の食文化で、市内に食肉場がいくつもあり新鮮な放るもん「ホルモン」が溢れていた事で広まったとされています。

という事で、秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店で、秩父ホルモンを味わってきたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下リンク先へどうぞ。

「秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店」 〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町15-10 TEL:0494-24-0707 17時~24時 不定休 秩父鉄道秩父駅から徒歩約4分

« 武甲酒造を訪れた。地酒試飲してきた2018。 | トップページ | 旧本庄商業銀行煉瓦倉庫、明治時代の赤レンガ建造物外観2018。 »

飲み・食べ処ねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 武甲酒造を訪れた。地酒試飲してきた2018。 | トップページ | 旧本庄商業銀行煉瓦倉庫、明治時代の赤レンガ建造物外観2018。 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ