« みさと公園、冬の景観散策2017。 | トップページ | JR高麗川駅を訪れた2017。 »

2017年12月24日 (日曜日)

キャンドルナイトin三河島~3600個のキャンドルで照らす歴史~に行ってきた2017。

国重要文化財の建物と共に照らすキャンドルナイト。

20171224_light_12

さて、やってきたところは、東京都荒川区にある旧三河島汚水処分場喞筒場です。ここで、2017年12月22日(金)、キャンドルナイトin三河島~3600個のキャンドルで照らす歴史~が開催されました。

20171224_light_03

旧三河島汚水処分場ポンプ場をバックに、3600個のキャンドルが灯りを灯します。いいねぇ。

20171224_light_04

旧三河島汚水処分場喞筒場は、東京都下水道局が管理する国の重要文化財で、大正時代に建設された優美なレンガ造りの主ポンプ室など文化財をライトアップし、幻想的な世界を楽しむことができる、年に1度の貴重な機会です。

20171224_light_05

当ポンプ場は、大正11年(1922年)3月に運転開始された。

20171224_light_08

キャンドルの灯りをじっと眺めているだけでも、たまりませんなぁ。尊い気がしてくる。

20171224_light_10

メッセージキャンドル体験イベントも行われたようです。

20171224_light_07

階段に設置、ツリーをデザインしたキャンドル。

20171224_light_01

上から眺めると、こんな感じ。

20171224_light_02

上からの眺め。キャンドルも素晴らしいが、明治時代のレンガの建物は歴史を感じるよ。

手前の施設では、土砂を沈殿させて取り除き、さらに、ゴミを取り除きます。

先の施設では、ポンプ10台で吸い上げます。

20171224_light_09

当施設は通常は予約しての見学となるが、このキャンドルナイトの時、1年に1日だけは、予約無しで一般公開されるイベントなのだ。貴重ですね。

20171224_arakawa_2cyoume_st

会場へのアクセス。最寄駅は、都電荒川線荒川二丁目駅です。路面電車、久しぶりに乗車。いい雰囲気だ。

20171224_arakawa_2cyoume_st2

荒川二丁目駅下車後、線路沿いを南へ進み、ぐるりとまわって南側正門へ向かいます。徒歩約2分程だ。

20171224_seimon

施設南側にある正門入口です。幻想的な世界へようこそ。

20171224_hassyounoti

当施設は、日本の下水処理発祥の地である。

20171224_panf

受付時に頂いたパンフレット類。カイロも頂けて、寒い夜に温かいおもてなし。

20171224_post_card

頂いたポストカード。晴れた日は、こんな感じだ。

20171224_light_11

国の重要文化財である、旧三河島汚水処分場喞筒場。煉瓦建物のライトアップとキャンドルライトの灯り。歴史を照らすひとときでしたな。

という事で、キャンドルナイトin三河島に行ってきたレポでした~。

20171224_poster

告知ポスターです。

「キャンドルナイトin三河島~3600個のキャンドルで照らす歴史~ 開催日:2017年12月22日(金) 開催時間:17時30分~20時30分(最終入場20時15分) 場所:旧三河島汚水処分場喞筒(ぽんぷ)場施設(東京都荒川区荒川8-25-1三河島水再生センター内) 予約不要 入場無料 町屋駅から徒歩約13分 都電荒川線荒川二丁目駅から徒歩約2分

« みさと公園、冬の景観散策2017。 | トップページ | JR高麗川駅を訪れた2017。 »

イルミネーション鑑賞ねた。」カテゴリの記事

コメント

さかたん、メリー・クリスマス
なんとも幻想的な、いかにも聖夜という感じですね。
色とりどりのキャンドルも良いけど
これこそ、本来の姿のような気もします。
今年は、寒さが厳しいです。
暖かくして過ごしてくださいね。

エルザさん、こんばんわ。

冬のキャンドルライトは、聖なる夜ですね。静けさの中の灯、気持ちはほんのり温かくなります。国重要文化財の煉瓦の建物が、雰囲気を一層引き出しているね。

陸王良かったね。大地くんも頑張りました。

では、メリークリスマス。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みさと公園、冬の景観散策2017。 | トップページ | JR高麗川駅を訪れた2017。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ