« JR武蔵野線三郷駅(JM17)、駅ナンバリング付駅名標に変わった2017。 | トップページ | 正伝寺を訪れた2017。 »

2017年10月25日 (水曜日)

日光御成道・下野田一里塚を訪れた2017。

御成道11番目の一里塚が白岡市にあります。

20171025_itirizuka_3

さて、やってきたところは、埼玉県白岡市にある一里塚です。この一里塚は日光御成道に設けられたもので日本橋から11番目にあたる。日光御成道は将軍が日光東照宮に参詣するための専用の道で、鎌倉街道と称される古道を整備して利用したものと思われる。

一里塚は中国で榎樹を植え銅表を立てて里数を記した堠塊の制に起源をもつ。日本では一般に徳川氏が制度化したといわれている。

20171025_itirizuka_1

白岡市下野田にある一里塚は、埼玉県道65号さいたま幸手線沿いにあります。

慶長9年(1604年)徳川家康は秀忠に命じて、江戸日本橋を起点にして榎を植えた一里塚を築かせ、全国に普及させた。一里塚の造築は、大久保長安が総督として司どり、幕領は代官に、私領は領主に命じて行わせた。

榎を一里塚に採用したのは、榎の根が広く張って塚を固め、塚が崩れにくするためであった。しかし、榎の代りに松などを植えた地方もあった。

20171025_itirizuka_2

下野田一里塚は道の東西に一理塚が現存する。こちらは、西側の塚。道を挟んだ反対側にある東側の塚は、榎は枯死し、現在はムクノキが植えられている。

東西両側に塚の残る一里塚としては埼玉県内唯一で、県指定史跡に指定されている。道路拡張工事等で塚を壊される事が多く、ここのように道の両側に塚が残るのは珍しいとの事。

20171025_enoki

日光御成道、かつてはこの通り付近杉並木が続いていたようだが、周辺わずかにその面影が残されています。

20171025_setsumei

説明版です。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「白岡市制施行5周年記念 白岡市の旧道と寺社を巡る」に参加してきた(2017.09.30)。」へどうぞ。

という事で、下野田一里塚を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「下野田一里塚」 〒349-0223 埼玉県白岡市下野田 埼玉県道65号さいたま幸手線沿い JR宇都宮線新白岡駅東口から徒歩約33分・白岡駅東口から徒歩約35分 東武伊勢崎線和戸駅から徒歩約34分

« JR武蔵野線三郷駅(JM17)、駅ナンバリング付駅名標に変わった2017。 | トップページ | 正伝寺を訪れた2017。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光御成道・下野田一里塚を訪れた2017。:

« JR武蔵野線三郷駅(JM17)、駅ナンバリング付駅名標に変わった2017。 | トップページ | 正伝寺を訪れた2017。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ