« とんかつ甲子屋(きのえねや)、カツは肉厚だ2017。 | トップページ | 一茶双樹記念館を訪れた2017。 »

2017年8月16日 (水曜日)

流山の地名発祥伝説がある、赤城神社を訪れた2017。

流山という地名の発祥と言われる神社です。

20170816_mon

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある赤城神社です。鳥居には、大きな注連縄があるね。しめ縄は、神前や神聖な区域に懸け渡して内外を分け、不浄をさえきるものである。

20170816_simenawa

赤城神社の大しめ縄は、10月19日・20日(現在は10月第3土日)の祭礼に先立ち、神社の清掃や祝祭などが行われる宮薙の日(現在は10月第2日曜)に、氏子や流山5~8丁目自治会総勢約300人が力を合わせて作ります。

青竹4本に稲ワラをかぶせ、縄で巻き締めた直径40cmの大繩3本を作り、これを撚り合わせる。出来上がった大しめ縄は、長さ約6.5m、太さ約1m、重量約500kgあり、近郊では屈指の大きさを誇る。

20170816_setsumei

この、赤城神社大しめ縄行事は、市指定無形民俗文化財に指定されている。

大しめ縄は、現在では祭礼の後も取り除かれずに、1年の間人々を見守っている。

20170816_torii

2番目の鳥居にも注連縄があるよ。参道を進んで行きます。

20170816_hayashi

ちょっとした遊具があり、その先は林が広がる。小高い山となっていて、その山頂に神社があります。この森林は、「赤城神社の社叢林」として市指定天然記念物となっている。

手前の木は、むくろじ(無患子)という木で、流山では「むくれんじ」と呼ばれていました。6月ころ、淡い緑の小花をつけます。秋になると丸く黒いビー玉のような実になり、サポニンを含んでいるので石鹸の代用になりました。

江戸時代には、正月に羽根突きをすると夏、蚊に刺されないと信じられていた。なお、「ムクロジは3年みがいても黒い」という言葉は、天性は改めることができないという意味。

漢字で書くと「無患子」だが、子供の無病息災を願ったからのようです。

20170816_yurai

【流山という地名の由来】

流山にあるこの赤城山は、海抜15mのお椀を伏せたような小山で、山頂に赤城神社か祀られています。赤城神社の石碑には、上州(群馬県)の赤城山が噴火し、土塊がここに流れ着いたと記されており、『山が流れてきた』から流山という地名がついたという伝説があります。また、別の言い伝えによれば、上州の赤城山のお札が流れ着いたからともいい、赤城山は、流山の地名の由来となる面白い伝説がある地です。

20170816_kaidan

ここから、階段を登り赤城山の山頂へ上がります。

20170816_haiden

階段を上がり登り、先へ進むと、赤城神社拝殿があります。元和6年(1620年)再建。

赤城神社は江戸時代において、「正一位」という神格を受けた、位の高い神社です。

20170816_honden

裏手にまわり、本殿へ。

20170816_honden_setsumei

本殿は桁行1間、柱間1間、高さ5mの一間社流造で、周囲に高欄の付いた緑が回されています。また、正面には階段と極彩色の向拝柱を設け、反り橋で拝殿と繋がっています。

赤城神社本殿は、市指定有形文化財に指定されている。

20170816_suijinguu

水神宮などが祀られる。木々も歴史を感じます。

20170816_azumaya

本堂周辺、赤城山の周囲は散策路が整備されていて、四阿も設置されています。

20170816_ema

絵馬が多く飾られ、ご利益ありそうだ。

20170816_koumyouin

赤城神社に隣接して、光明院がある。赤城神社の別当祈願所であり、新選組が分営を設けた真言宗の寺院。境内には、双樹と一茶の連句碑、秋元双樹の墓、大日如来像の庚申塔などがある。

20170816_setsumei2

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「東武健康ハイキング 第356回「流山本町 江戸回廊ハイキング」に参加してきた(2017.07.15)。」へどうぞ。

という事で、赤城神社(流山市)を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「赤城神社」 〒270-0164 千葉県流山市流山6-649 流鉄流山線平和台駅から徒歩約8分

« とんかつ甲子屋(きのえねや)、カツは肉厚だ2017。 | トップページ | 一茶双樹記念館を訪れた2017。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流山の地名発祥伝説がある、赤城神社を訪れた2017。:

« とんかつ甲子屋(きのえねや)、カツは肉厚だ2017。 | トップページ | 一茶双樹記念館を訪れた2017。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ