« 徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。 | トップページ | 小金井一里塚を訪れた2017。 »

2017年5月12日 (金曜日)

一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。

立派な彫刻が施された本殿です。

20170512_torii

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある金井神社です。JR小金井駅から約1km程、国道4号線沿いに位置します。

では、鳥居をくぐりましょう。

20170512_sandou

参道をまっすぐ進みます。

20170512_hondou

拝殿です。参拝します。

御祭神は、磐裂命・根裂命。

20170512_komainu

こちらは、狛犬です。

20170512_honden

拝殿の裏にある本殿です。

20170512_setumei

金井神社の本殿、建造物が市指定文化財に指定されています。

本殿の建築様式は一間社三方入母屋造といい、壁面には透彫りなどの立派な彫刻が施されています。

この彫刻は江戸末期(1800年代)の製作と考えられ、作者は磯部氏系統の彫刻師であろうと推定されています。本殿の素材にはけやきが用いられており、素木造で彩色はありません。屋根は栩葺きで壁面には当時の人々の名前が刻まれており、両側には彫刻の施された脇障子が付いています。

20170512_matsuri

例祭が多く行われます。

20170512_enter

という事で、金井神社を訪れたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。

「金井神社」 〒329-0414 栃木県下野市小金井1-26-16 JR宇都宮線小金井駅西口から徒歩約11分

« 徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。 | トップページ | 小金井一里塚を訪れた2017。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。:

« 徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。 | トップページ | 小金井一里塚を訪れた2017。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ