« 小江戸オハナで、貴婦人の卵サンドと極上親子丼を味わう2017。 | トップページ | 松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山利き酒した2017。 »

2017年2月 3日 (金曜日)

かつおぶし中市本店、ねこまんま焼きおにぎりは旨いにゃあ~2017。

川越きたら食べよう「ねこまんま」。くせになるわ~。

20170203_nakaiti_honten_1

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある「かつおぶし中市本店」です。小江戸川越・蔵のまち通りにあり、かつおぶしを中心に様々な乾物を取り扱うお店だ。創業は江戸末期、慶応3年(1867年)。創業して150年なんですね。

このお店、お昼になると行列ができます。香ばしい匂いに誘われ、多くの観光客が集まってきますよ。

20170203_nekomanma

行列が出来るこのお店の目玉とは?!。そう、ねこまんま焼きおにぎりです。

定休日を除く、毎日正午から数量限定で販売されます。炭で焼いたおにぎりに、鰹昆布ダシが効いた醤油をたっぷり塗る。仕上げに本枯れ節の削り節をこぼれるほどかける。焦げた醤油の風味と鰹節の旨味がたまらない一品だ。

20170203_yakionigiri_3

出来立ての焼きおにぎりを提供されます。焼いている音、香りがたまりません。まだかまだかとじっと待ちます。

ねこまんま焼おにぎりは、鰹節屋の六代目が考案。炭火で香ばしく焼いてから鰹節と昆布で出汁をとった秘伝のだし醤油を塗り、猫ちゃんが大好きな鰹節をたっぷりとかけて召し上がります。1個220円。トッピングは、鰹節か鰯節を選択できる。

20170203_yakionigiri_1

さぁ、やってきました。ねこまんま焼きおにぎりです。お店のかつお節が、たっぷりとかけているよ。では、ぱくっ。美味しいにゃ~。

20170203_yakionigiri_2

おにぎり全面に塗られた醤油の香ばしさ。これもまた、絶妙な美味しさである。旨いにゃ~。

20170203_nakaiti_honten_2

焼きおにぎりの販売が始まると、店の前は大行列。並んででも食べたいねこまんまなのだ。

2016年1月16日(土)放送、テレビ東京の出没!アド街ック天国「美味しい川越」で中市本店は第7位にランクインされました。

20170203_tennai

店内には、焼きおにぎりに使用される鰹節や鰯節などが販売されている。お土産にどう?。

20170203_kuranomati

中市本店は、川越一番街商店街にある。「蔵のまち」は川越観光の有名スポットだ。いろんなお店が建ち並ぶので、ぶらり散策楽しい街並みだ。

という事で、かつおぶし中市本店のねこまんま焼おにぎりを食したレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「かつおぶし中市本店」 〒350-0063 埼玉県川越市幸町5-2 TEL:049-222-0126 10時~19時 焼きおにぎり販売は12時から売り切れまで 定休日:水曜 西武新宿線本川越駅から徒歩約12分

« 小江戸オハナで、貴婦人の卵サンドと極上親子丼を味わう2017。 | トップページ | 松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山利き酒した2017。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小江戸オハナで、貴婦人の卵サンドと極上親子丼を味わう2017。 | トップページ | 松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山利き酒した2017。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ