« 小江戸蔵里・まかない処(大正蔵)「レストラン八州亭」で、地ビール・角煮・地酒を味わう2017。 | トップページ | Cafe uwaito (カフェ ウワイト)で、ラテアートされたカフェラテ&苺のタルトを味わう2017。 »

2017年2月 8日 (水曜日)

川越のランドマーク、時の鐘と蔵のまちを訪れた2017。

小江戸の雰囲気が漂う町並みです。

20170203_kuranomati

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある蔵のまちです。江戸時代を思わせる蔵造りの町並みです。タイムスリップしてきたよう感じだね。川越観光では1番人気のスポットでしょう。

20170129_kuranomati

黒漆喰の壁に、重厚で豪華な蔵造り商家が軒をつらねる。いろんなお店が軒並ぶので、ぶらり川越を満喫できますよ。

20170208_tokinokane_1

時薫るまち川越。川越のシンボルと言えばココだね。時の鐘です。鐘つき通りでは、多くの観光客が写真撮影していますよ。

20170208_tokinokane_2

耐震化工事が完了し、綺麗な時の鐘がお披露目されています。

鐘撞堂とも呼ばれる時の鐘は、3層構造の塔で高さは16m。約400年前の寛永年間に川越藩藩主・酒井忠勝によって建設された鐘楼です。

現在は、1日4回(6時・12時・15時・18時)に機械式で自動で鐘を鳴らしている。情緒ある鐘の音が、なんとも懐かしく感じる。日本の音風景100選にも選ばれているよ。

20170208_kuranomati_3

時間が経つにしたがって、蔵のまち通りは観光客で混雑してきました。それにしても、川越は人気ある観光地ですな。

という事で、小江戸川越の蔵のまちと時の鐘を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「時の鐘」 〒350-0063 埼玉県川越市幸町15-7 西武新宿線本川越駅から徒歩約13分

« 小江戸蔵里・まかない処(大正蔵)「レストラン八州亭」で、地ビール・角煮・地酒を味わう2017。 | トップページ | Cafe uwaito (カフェ ウワイト)で、ラテアートされたカフェラテ&苺のタルトを味わう2017。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越のランドマーク、時の鐘と蔵のまちを訪れた2017。:

« 小江戸蔵里・まかない処(大正蔵)「レストラン八州亭」で、地ビール・角煮・地酒を味わう2017。 | トップページ | Cafe uwaito (カフェ ウワイト)で、ラテアートされたカフェラテ&苺のタルトを味わう2017。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ