« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金曜日)

のんびり和倉港からの眺めと散策2016。

海沿いにある温泉街の港です。

20160930_wakurakou_1

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある和倉港です。人気温泉街・和倉温泉がある港です。七尾西湾に面していて、海が広がるね。

20160930_wakurakou_2

港らしく、車止めがあるのが特徴だ。先には、能登島大橋が見える。

20160930_wakurakou_4

先に延び出る、港の波止場がいいね。

20160930_wakurakou_5

この漁船で能登の美味しい水産物を獲ってくるのでしょう。

20160930_wakurakou_3

能登島が防波堤的役割をしているので、七尾西湾は波がとても穏やかである。

20160930_wakurakou_6

和倉港からジェットボートの遊覧というか体験ができるよ。スピードも出て、気持ち良さそうだ。

先の旅館は、有名な加賀屋ホテル。

20160930_wakutamakun

夜祭り等が行われる、和倉港わくわくプラザには、和倉温泉わくたまくんの記念撮影ボードがあります。

20160930_wakurakou_7

波止場のこの一直線感。青空に白い雲と青い海。天気も良く、いい景観ですな。

という事で、和倉温泉にある和倉港を訪れたレポでした~。

「和倉港」 石川県七尾市和倉町

2016年9月29日 (木曜日)

和倉温泉スイーツめぐり、500円でスイーツ3つ楽しめるよ2016。

温泉地でスイーツ巡りは、いかがかな?。

20160929_ticket

さて、能登半島、石川県七尾市にある人気温泉地・和倉温泉では、「和倉温泉スイーツめぐり」というイベントが開催されています。和倉温泉街にある所定の8つの場所の中から、スイーツを引換できるというもの。500円で販売していて、引換券3枚付いてくる。つまり、8か所中3か所のスイーツを味わえるというものだ。

温泉街ぶらり散歩しながら、好みのスイーツを味わってみましょう♪。

20160929_h1

スイーツ1か所目は、「LE MUSEE DE H」(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)です。人気パティシエ・辻口博啓さんのお店です。出身地がここ石川県七尾市という事で、生まれ育った町での出店なんですね。

20160929_h2

人気パティシエのお店なので、店内での召し上がりの場合は行列待ちです。購入持ち帰りの場合は、すぐ買えますよ。ここは、角偉三郎美術館も併設されている。

20160929_donuts

引き換えスイーツは、「N-ドーナツ&YUKIZURI」です。Noto、Natural、Newの3つのNにこだわり、地元の食材と自家製おからを使い油で揚げずヘルシーに仕上げたほんのり優しい味のドーナツです。

ドーナツは6つの味から選べます。さすが、スイーツに品がありますな。

20160929_jibankan

スイーツ2か所目は、「和倉じばん館」です。お休み処みたいなところでしょうか。

20160929_pudding

引き換えスイーツは、「3つ子の塩プリン」です。わくたまくんがバッグに持っている3つの温泉たまごをコンセプトに石川県の七尾産コシヒカリ米粉と珠洲産奥能登揚げ浜塩を使ったプリンです。オレンジのゼリー・青りんごのゼリー・いちごのゼリーと、3つの味わいから1つ選べます。

まぁ、お子様向けの味わいでしたな。

20160929_noto_milk

スイーツ3か所目は、「(株)能登ミルク」です。牛乳販売店ですね。いい感じ。

20160929_milk

引き換えスイーツは、「能登ミルク小瓶」「のむヨーグルト」です。やっぱり、牛乳を頂きましょう。冷えた能登ミルク、ぐびっと飲み干しました。美味しい~。

20160929_mitone

スイーツ4か所目は、「能登海鮮丼みとね」です。この店の先には、加賀屋が見えますな。

20160929_soft_cream

引き換えスイーツは、「ソフトクリーム」です。健康にいい「ごま」を使った黒ごま味の他、ミルク味、ミックス味の3種類から選べます。今回は、王道ミルク味をチョイス。いゃあ、冷んやりできてGood!。8月の和倉温泉は気温30度を超しています。夏はこの選択必須でしょう。

チケットは2つ購入していて、あと2枚分残っていたのだが、滞在時間切れでこれで終了。もうちょっと余裕持って、スイーツめぐりしないとね..。

20160929_cyder

なので、売店で面白そうな商品を購入してみた。写真の左側が「奥能登 地サイダー しおサイダー」、右側が「能登の里山サイダー 青のしずく」です。※これらは、和倉温泉スイーツめぐりとは関係ありません。

塩サイダーは、確かに塩味のサイダーだな。夏の塩分補給に最適?。青のしずくは、ブルーベリーのサイダーでした。

和倉温泉スイーツめぐり購入時に、マップも頂いておきましょう。各店営業日・営業時間が異なるので、どこをゲットするか攻め方を確認してからスイーツめぐりすると良いでしょう。

いわゆる、スイーツはしご・スイーツバルみたいな企画。観光地のイベントとしては、なかなか良い企画なのではと思いました。500円ならお手軽だしね。

という事で、和倉温泉スイーツめぐりを楽しんだレポでした~。

20160929_map

チラシ裏面です。対象店舗・スイーツ・マップが表示されている。(画像をClickすると4倍拡大表示します)

20160929_tirasi

チラシ表面です。

「和倉温泉スイーツめぐり」 開催期間:2016年4月1日(金)~2017年3月31日(金) 開催場所:和倉温泉街(石川県七尾市和倉町) 参加店舗数:8店 販売金額:500円(スイーツ3店舗分) 有効期間:販売日より2日間 販売箇所:各旅館フロント・和倉温泉観光会館・和倉じばん館

2016年9月28日 (水曜日)

さいたまオクトーバーフェスト2016に行ってきた。

今年もやってきました!。三年目の飲む・食べる・踊る!。

20160928_uriba_1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市大宮区にある鐘塚公園です。ここで、2016年9月22日(祝木)~10月2日(日)、さいたまオクトーバーフェスト2016が開催されました。今年で3年目の開催。さいたまのドイツビールフェスの定番になりつつあるでしょうかね。

20160928_stage_1

ステージ前にはテレ玉くんがいたよ。

20160928_uriba_2

ドイツ直輸入の樽生ビールが約30種類!。さぁ、どれを飲もうかなぁ...。

20160928_beer_1

ドイツビールとビールのお供ソーセージを購入。

ビアジョッキは専用グラスになっていて、最初の1杯目はデポジット1000円を追加支払いとなります。返却時に1000円返金される仕組み。ビール自体1杯1000円を超えるからなぁ..。まぁ、オクトーバーフェストってビールも食事も料金高いからなぁ...。

20160928_beer_2

では、頂きます。グビッ、ゴクッ、ぷはぁ~。美味しいね。

ビールは、シュパルターヘレス。大麦と台地の味わい、南ドイツ王道ラガーだ。

20160928_stage_2

ステージイベントが行われたよ。MARIA&Alpenbuam(マリア&アルペンブアム)のステージ。陽気な演奏に客も手を大きく振る。

20160928_beer_3

さぁ、乾杯の歌が始まったぞ。ビールを上にあげて..。

20160928_kanpai

アインス!ツヴァイ!ドライ!ズッファ!!プロースト!!!。乾杯だぁ~。

20160928_stage_event

ステージスケジュール、開催時刻が決まっているので、確認しておくと良いですよ。

20160928_kaijyou

飲食用のテーブルは大めに設置されています。時間帯によっては混雑するかも知れないが...。

20160928_bord

埼玉県でもドイツビールの祭典が行われているので、大宮に立ち寄りの際にはジョッキ1杯いかがかな?。

という事で、さいたまオクトーバーフェスト2016に行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去イベント開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160928_panf

配布されたパンフレット表紙です。

「さいたまオクトーバーフェスト2016」 開催日:2016年9月22日(祝木)~10月2日(日) 開催時間:(平日)16時~22時・(土日祝)11時~22時 会場:大宮駅西口鐘塚公園全域(〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-8) 入場無料 大宮駅西口から徒歩約2分・大宮ソニックシティ前

2016年9月27日 (火曜日)

第9回東部地区東松戸まつりに行ってみた2016。

明日への躍動 未来につなげる街。

20160927_stage_2

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある東松戸中央公園です。ここで、2016年9月24日(土)、第9回東部地区東松戸まつりが開催されました。

20160927_roten

久しぶりのこのイベントを訪れたが、多くの人が集まっているなぁ。

20160927_roten_2

このイベント、いろんなグルメが販売しているよ。ビールなどドリンクもあるし、...。

20160927_yoyo

露店縁日の雰囲気も味わえる。

20160927_stage

がんばろう日本、元気を松戸から!。

小さな子達がステージ上で演技していました。

20160927_yuugu

公園でお馴染み、ブランコなどの遊具が整備されています。

20160927_yuinohana_park

東松戸公園の近くにある東松戸ゆいの花公園にやってきた。ここでもイベントが開催。「結いの花まつり」が開催されていました。

緑が広がる中、いろんな植物に出会えるよ。

20160927_ensou

松戸ウインドアンサンブルによる音楽会が開かれました。綺麗な花に囲まれて聴く演奏もまた良し。

20160927_musasino_line

会場への最寄り駅は、JR武蔵野線・北総線の東松戸駅です。成田スカイアクセス・アクセス特急の停車駅。成田空港や羽田空港へのアクセスにも便利な乗換駅だ。

この日は、人の立ち入りの影響で武蔵野線は大幅にダイヤが乱れた。ATOSの出発時機表示器は「延発」と表示していたよ。

という事で、第9回東部地区東松戸まつりに行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去イベント開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160927_poster

告知ポスターです。

「第9回東部地区東松戸まつり」 開催日:2016年9月24日(土) 開催時間:9時~15時30分 場所:東松戸中央公園(千葉県松戸市東松戸1丁目) JR武蔵野線・北総線東松戸駅から徒歩約3分

2016年9月26日 (月曜日)

特急むさしのかいじ号に乗って、山梨甲州へ2016。

今年も大宮から武蔵野線を経由して甲府へ向かう臨時特急を運転。

20160926_musashino_kaiji_2

JR大宮駅7番線ホームに停車中の列車は、特急むさしのかいじ号甲府行きです。2016年は、9月3日(土)・4日(日)・25日(日)に運転。2014年に初運行されて今年で3年目。9月の定番臨時列車になりそうです。

20160926_musashino_kaiji_1

使用車両は、秋・紅葉に合う253系1000番台(OM-N01編成)。特急日光・きぬがわ号で使用されている車両だ。全車指定席の6両編成です。武蔵野線経由で、大宮~甲府間を運行。

20160926_party

ヘッドマーク、最初は「団体 PARTY」表示だったんだよね。

20160926_hassyahyou_1

大宮駅の行先標です。「特急 むさしのかいじ 8:17 甲府」、列車名が表示されています。

20160926_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「特急 全車指定席 6両 8:17 甲府」。

20160926_jyousya_position

臨時列車だが、ホームには乗車位置が表示されています。

20160926_untendai

253系の運転台だ。

20160926_syanai_1

車内はところどころ乗客はいるが、基本的に空席で空いています。

20160926_zaseki

座席はこんな感じ。シートピッチが1100mmと少し座席間隔が広く快適だよ。

座席間隔を広げた関係で、座席位置と窓枠の位置が一部の席で一致していません。車窓を快適に見たい場合は、座席位置の指定を行いましょう。

大宮駅7番線ホームから、8時17分甲府へ向けて出発しました。

20160926_shinakitsu_st

新秋津駅に停車中の特急むさしのかいじ号。武蔵野線には北朝霞と新秋津に停車するが、特急電車が停車するのは珍しい。

20160926_kippu

切符は「B特急券」となる。全車指定席なので、指定席特急券だ。乗車距離により特急料金は変わります。

大宮からの特急料金は、50kmまで(北朝霞~立川間)が1030円、100kmまで(八王子~大月間)が1450円、150kmまで(勝沼ぶどう郷~甲府間)が1860円となる。

6両編成で、進行方向(甲府方向)先頭は6号車、後方(大宮方向)は1号車。進行方向(甲府方向)右側窓席がA席、左側窓席がD席となる。

20160926_syasou_1

緑の山々、そして、大きな川。車窓、自然な風景が見えると旅している気分だな。

20160926_koufu_bonti

車窓から見る甲府盆地。晴れてくれて良かった~。

20160926_enzan_st

今回は、塩山駅まで乗車しました。10時6分着。特急むさしのかいじ号、バイバイ~。

この後は、お楽しみワイナリー巡りです。

20160926_siin

各ワイナリーに行って工場見学&試飲をします。(ここは、マンズワイン勝沼ワイナリー)。

20160926_garasu

蒲萄工房ワイングラス館で、綺麗なグラスを見て回ったり..。

20160926_tabinikki

ハーブ庭園旅日記で、コスモスやバラ等の花畑鑑賞にハーブ足湯で湯ったりし..。

20160926_tasting

山々をバックにワインをテイスティング。(ここは、シャトーメルシャン勝沼ワイナリー)。

20160926_curve

勝沼に来たらやっぱり外せない、ぶどうの丘のワインカーヴで試飲し放題。

20160926_koufu_bonti_2

ぶどうの丘から眺める甲府盆地。いゃあ~晴れて良かったよ。そして、ワインいっぱい飲んだよ~。勝沼ワイン三昧、素晴らしい。

20160926_rinji_time

帰りは、勝沼ぶどう郷駅から乗車します。週末は特急列車が臨時停車してくれます。

20160926_musashino_kaiji_3

特急むさしのかいじ号が勝沼ぶどう郷駅に入線してきました。先行する特急電車が遅れた為、数分遅れで到着。

20160926_musashino_kaiji_4

勝沼ぶどう郷駅16時20分発特急むさしのかいじ号に乗りこみました。

20160926_syanai_2

行きはブルー色の座席だったが、帰りはオレンジ色の座席です。まずまず乗客がいるとはいえ空いています。この9分後には特急かいじ118号新宿行きが運転されているので、そちらに客は流れそう..。

20160926_syasou_2

帰りの車窓もいいですね。もう少し滞在したかったなと心残り。

20160926_kippu_2

乗車券は、休日おでかけパスと乗車券を併用しました。休日おでかけパスの有効区間は大月までなので、大月→塩山・勝沼ぶどう郷→大月は乗車券を別途購入です。

去年まではあったのだが、今年は車内販売が無かった。乗車前に何等か購入しておかないと、乗車中は暇になってしまいます...。

20160926_kaisou

18時05分、大宮駅11番線ホームに到着しました。中央本線から乗り換えなしで大宮に着けるので楽だねぇ~。この後、列車は回送していきました。バイバイ。

武蔵野線を運行する特急列車という事で今年も乗車して勝沼へ行ってきた。ワイン飲みには最高の列車だね。

という事で、特急むさしのかいじ号に乗って、山梨甲州へ日帰り旅行してきたレポでした~。

ちなみに、過去乗車時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2016年

【列車名】  特急むさしのかいじ号

【運転区間】 大宮 ~ 甲府

【運転日】  2016年9月3日(土)・4日(日)・25日(日)

【使用車両】 253系1000番台 (大宮車・OM-N01編成)

【車両情報】 6両編成(全車指定席)

【往路・甲府行き (8048M-9165M) 大宮08:17-北朝霞08:29-新秋津08:41-立川09:01-八王子09:09-大月09:43-勝沼ぶどう郷10:02-塩山10:06-山梨市10:11-石和温泉10:16-甲府10:21

【復路・大宮行き (9166M-8049M) 甲府16:00-石和温泉16:06-山梨市16:11-塩山16:16-勝沼ぶどう郷16:20-大月16:38-八王子17:11-立川17:19-新秋津17:39-北朝霞17:49-大宮18:05

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2016年9月25日 (日曜日)

南流山屋台フェアに行ってきた2016。

南流山駅前に全国のご当地グルメが大集合!!。

20160925_rotally

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある南流山駅前南口です。ここで、2016年9月24日(土)、南流山屋台フェアが開催されました。南流山駅前には厳選グルメが一同に集まっているぞ。

20160925_rotally_2

南口ロータリー付近は車両通行止めにしている。雨という悪天候が残念である...。

20160925_lineup

美味しいご当地グルメのラインアップ。さぁて、どれを食べてみようかな..。

20160925_kujira_1

1品目は、ちば食・良品(千葉県)の「和田浦くじらのちらし寿司」です。くじらのちらし寿司は、ちばの逸品受賞品だ。

20160925_kujira_2

レモンのさっぱりした味わいが美味しいね。

20160925_sanzokuyaki_1

2品目は、しおじり山賊焼の会(長野県塩尻市)の「山賊焼」です。1枚ものの鶏肉をにんにくの効いた特製醤油ダレに漬け込み、豪快に揚げました。

20160925_sanzokuyaki_2

これは食欲そそる美味しさだ。にんにく味が食欲を加速する。大満足の信州郷土料理だ!。

20160925_tantanmen_1

3品目は、千葉うまかっぺ屋(千葉県)の「勝浦タンタンメン」です。千葉が誇るご当地グルメ、勝浦タンタンメン。まだ食べてみた事がなかったんだよね。

20160925_tantanmen_2

この赤さ、辛いねぇ。クセになる?麻痺する?美味しさです。

20160925_yatai_map

屋台フェアマップ。人気ご当地グルメを始め、流山のグルメも販売しています。

20160925_owarai

お笑いステージもあるよ。カンカンさん、テルさん、おかゆ太郎さんが出演されたようだ。

20160925_ticket

南流山屋台フェアの1番の楽しみはコレでしょう。ワクドキ☆抽選会です。各出店ブースでお買い上げの際、抽選券が貰えます。抽選は2回、14時と18時30分です。半券を予め本部に、指定時刻抽選分にエントリします。

20160925_tyuusenkai

抽選会が始まりました。傘を差した人たちが大集合。番号のコールの度に、歓声と落胆の声が出る。結果は全くかすりもせず、当たらなかった...。

20160925_musasino_line

会場への最寄駅は、つくばエクスプレス・JR武蔵野線南流山駅です。武蔵野線は線路立ち入りの影響でダイヤが大幅に乱れていました。

今年は生憎の雨。テント付きテーブルは設置されているものの、既に満席で、飲食できるエリアが無い。せっかくのグルメも食べる場所がなく、他のグルメの購入はあきらめました。やっぱり、グルメイベントは晴れて欲しいねぇ。

という事で、南流山屋台フェアに行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去開催時イベントレポは、以下のリンク先へどうぞ。

次回の南流山屋台フェアは、平成30年(2018年)1月27日(土)11時~19時開催予定です。

20160925_tirasi

告知チラシです。

「南流山屋台フェア」 開催日:2016年9月24日(土) 開催時間:12時~20時 会場:南流山駅前南口(千葉県流山市南流山2-1)

2016年9月24日 (土曜日)

アリオ亀有オクトーバーフェストに行ってみた2016。

本場ドイツビールが亀有にやってきた!。

20160924_gate

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にあるアリオ亀有です。ここのレストラン街屋外会場にて、2016年9月16日(金)~25日(日)、アリオ亀有オクトーバーフェストが開催されました。こち亀の街「亀有」でドイツビールが味わえるよ。

20160924_cataring

ドイツビールやビールに合うグルメは、こちらで販売。

20160924_beer_sousage

ビールイベントでは定番の組み合わせだね。

20160924_beer

シュバーテン・オクトーバーフェストビアで頂こう。では、ぐびっ、ゴクッ。ぷはぁ~美味しい。

20160924_sousage

ビールに合う、ジャーマンソーセージ2本セットです。

20160924_table

レストラン街通りに、テント付きテーブルが設置されている。雨が降っても、なんとか大丈夫だよ。

20160924_stage_2

土日祝は1日4回、エーデルワイス・ムジカンテンのステージがあるよ。ドイツ民謡の曲の演奏で会場を盛り上げます。

20160924_stage

アインプロージット、乾杯の歌だぁ。

20160924_kanpai

アインス!ツヴァイ!ドライ!ズッファ!!、ブロースト!!!。

20160924_yokoku

アリオ亀有の開催予定のイベント。10月8日(土)~10日(祝月)は、アリオ亀有鉄道フェスティバルが開催。常磐線120周年記念、人気のNゲージ巨大ジオラマからクイズラリー、鉄道グッズ販売も充実。そして、11月下旬にはスケートリンクが登場するよ。

20160924_itoypkado

アリオ亀有やイトーヨーカドーでショッピングができます。

20160924_gate_2

こち亀フィーバーに沸く葛飾亀有。ちょいと1杯ビールを楽しんでみてはいかがかなな。

という事で、アリオ亀有オクトーバーフェストに行ってドイツビールを味わったレポでした~。

20160924_poster

告知ポスターです。

「アリオ亀有オクトーバーフェスト」 開催日:2016年9月16日(金)~25日(日) 開催時間:(平日)16時~21時・(土日祝)12時~21時 会場:アリオ亀有1階レストラン街屋外会場(〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-49-3 TEL:03-3838-4111) 入場無料 JR常磐線亀有駅南口から徒歩約5分

2016年9月23日 (金曜日)

平成28年度亀有香取神社例大祭に行ってみた2016。

亀有鎮座735年の亀有総鎮守です。

20160923_mikosi_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある亀有香取神社です。ここで、2016年9月16日(金)~18日(日)、平成28年度亀有香取神社例大祭が開催されました。

20160923_mikosi_3

拝殿前には、神輿が威勢よく担がれてきた。

20160923_roten_1

参道には露店がずらり建ち並ぶ。お祭りのこういう雰囲気はいいよね。

20160923_torii_2

鳥居をくぐりましょう。

20160923_haiden

拝殿前にて参拝です。亀有香取神社は、勝負・開運厄除・足腰健康の神様を祀る。

20160923_mikosi_2

神社の周辺、亀有駅付近等、宮神輿巡幸が行われます。街がお祭りモードです。

20160922_mikoshi

亀有駅前には、子供御神輿が出ているね。この雰囲気、両さんも喜びそうだ。

20160923_torii_1

という事で、平成28年度亀有香取神社例大祭に行ってみたレポでした~。

20160923_poster

告知ポスターです。

「平成28年度亀有香取神社例大祭」 開催日:2016年9月16日(金)~18日(日) 会場:亀有香取神社(〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-42-24 TEL:03-3601-1418) JR常磐線亀有駅南口から徒歩約4分

2016年9月22日 (木曜日)

亀有駅はこち亀ジャックだ2016!。

こち亀が亀有駅をジャック!。

20160922_kotikame_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にあるJR常磐線亀有駅構内です。駅は多くの訪問客で大混雑だ。なぜなら、こち亀が亀有駅をジャックだ!。前人未到のコミックス200巻&連載40周年を記念して、亀有駅構内は「こち亀」づくし。200巻分のすべての表紙&背表紙がフロア、階段、壁面、果てはエスカレーターまで埋め尽くし、まさにこち亀一色に!。

20160922_kaidan_4

階段1段ごとに、1巻ごとに背表紙が描かれている。本棚を登るような感じだ。

20160922_kaidan_1

背表紙がずらり並ぶと、本当に本棚だな。

20160922_tiyoda_line

さて、亀有駅駅へはJR常磐緩行線の乗ってやってきた。東京メトロ16000系唐木田行きです。

20160922_odakyu_line

反対側ホームには、小田急線4000形の車両だ。今年春(2016年3月)のダイヤ改正から、小田急線車両がJR線に乗り入れるようになりました。水色ラインの電車が常磐線に見かけるようになったんだなぁ。

20160922_ekimeihyu

亀有駅の駅名標には、駅ナンバリング表示されているね。亀有駅は「JL20」です。

20160922_kaidan_2

駅構内随所に、背表紙がずらりと。ここはに、1巻~32巻だが、合計全200巻描かれているから、探してみよう。

20160922_escarator

エスカレータにも、こち亀ジャック。

20160922_tesuri

エスカレーターの手摺りには、両さんのいろんな顔がぎっしり描かれている。

20160922_kaidan_3

連続した背表紙のデザインだと、こういう階段で見るのも面白い。

20160922_manga_1

こち亀200巻買ってと猛アピール。各々のキャラクター達、濃いなぁ~。

20160922_200kan

こち亀200巻、既に売り切れ・品切れした店もあるようで...。

20160922_hyousi_1

改札口前には、コミックスの表紙が1巻~200巻全て描かれている。

20160922_hyousi_2

順番に見ていくと、キャラクターデザインの移り変わりが分かるね。そりゃあ~40年の歴史があるからなぁ。

20160922_douzou_1

駅北口に設置されている両津勘吉像です。花束も置かれているね。

20160922_mikoshi

御神輿が出ているね。両さんが喜びそうだ。9月16日(金)~18日(日)は、亀有香取神社例大祭が開催され、駅周辺はお祭りモード。

20160922_kitaguti

駅ホーム付近の壁にも、200巻のお祝いが。

20160922_koncorce

それにしても、週末の亀有駅はこち亀ジャックを見に、多くの人でごった返しです。じっくりと観たい場合は、人の少ない早朝や深夜が良いかも。

20160922_irasuto_1

今回のこち亀ジャックは、2016年9月17日(土)~30日(金)までです。見に行く方は、お早めに。

20160922_ryoutuzou

駅南口には、両津・中川・麗子がお出迎え!像が設置されています。

20160922_omedetou

リリオ商店会も、連載40周年をお祝いしています。

20160922_minamiguti

連載40周年&コミックス発売200巻と前人未到の記録を持つ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。2016年9月17日(土)の発売をもって、連載終了となりました。息の長い類を見ないマンガでしたな。秋本治先生、連載40年間お疲れ様でした!。

という事で、こち亀ジャックで大賑わいの亀有駅を訪れたレポでした~。

「史上初!亀有駅を「こち亀」がジャック!!」 開催日:2016年9月17日(土)~30日(金) 会場:JR常磐線亀有駅構内(〒125-0061 東京都葛飾区亀有3=25-1) コミックス200巻&連載40周年記念企画

2016年9月21日 (水曜日)

第8回恵比寿麦酒祭り2016に行ってきた。

大人の街の麦酒祭り開催。

20160921_garden_plase_2

さて、やってきたところは、東京都渋谷区にある恵比寿ガーデンプレイスです。ここで、2016年9月16日(金)~19日(祝月)、第8回恵比寿麦酒祭りが開催されました。(14・15日は前夜祭として開催)。シルバーウィークは、恵比寿でヱビスビールはいかがかな?。

20160921_kaijyou_1

ヱビスビアホールとして、特設会場を設置。ヱビスビールが堪能できます。

20160921_beer

ビールは、ヱビスビールを始め、各種ヱビスビールが味わえます。今回は、ヱビスマイスターを頂きました。では、ゴクッ。ぷはぁ~。うむ、美味しいね。

ヱビスを知り尽くした匠が結集し、ふくよかな薫りと研ぎ澄まされたコクを実現したヱビスの最高峰です。ハラタウトラディション種を使用し、うまみと薫りが豊潤なロイヤルリーフホップを一部使用。

20160921_drink_menu

ビールは、ヱビスビール・ヱビスプレミアムブラック・ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)・琥珀ヱビス・ヱビスマイスター・ヱビス和の芳醇の6種類のラインアップ。もちろん、他のジャンルのドリンクも有り。

生ビールの売上金相当額を、東北・九州復興のために寄付されるそうです。

20160921_food_menu

ビールに合うフードメニュー。結構高めの価格設定かな。

20160921_garden_plase

特設ビアホールへ入る為の行列はそんなに長くなかった。行列待ちは約7分程だったでしょうか。

行列待ち時、スタッフにTSUTAYAカードを提示すると来場ポイントとして50ポイント貰えました。年齢確認の為、この方法に変えたのかな?。昨年までは、年齢確認用リストバンドを配布していたけど...。

20160921_phote

まもなく、JR恵比寿駅旅客運輸開始110周年「今昔物語展」の展示開始される予定です。恵比寿ビール専用出荷駅「恵比寿停車場」から始まり明治39年(1906年)に旅客運用を開始された。

20160921_syato_hiroba

こちらは、シャトー広場。洋館な感じが良いね。

20160921_marshe

恵比寿マルシェが開催されていました。

20160921_musiumu

ヱビスビール記念館に入ってみよう。入館無料。

20160921_musiumu_2

館内でも見学ツアー等イベントが開催されました。

20160921_tirashi_2

恵比寿ビヤホール・シャトー広場・フードコート・ヱビスビール記念館、4つのプレミアムがあなたを待っています。

20160921_kaijyou_2

陽が暮れ始めた頃、少しずつ来場者が増えてきたな。行列何分待ちだろう..?。

20160921_ebisu_st

さて、会場への最寄り駅は、JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・東京メトロ日比谷線恵比寿駅です。

20160921_sky_warker

恵比寿駅と恵比寿ガーデンプレイス間は、動く歩道「スカイウォーク」で結ばれている。

20160921_gate

シルバーウィークは、恵比寿ガーデンプレイスでヱビスビールを味わってみてはいかがかな。

という事で、恵比寿麦酒祭りでヱビスビールを頂いたレポでした~。

ちなみに、過去の恵比寿麦酒祭り訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160921_tirashi

入口受付にて配布されたものです。

「第8回恵比寿麦酒祭り」 開催日;2016年9月16日(金)~19日(祝月) <前夜祭>9月14日(水)~15日(木) 開催時間:11時30分~21時(平日は17時から・最終日は20:30まで) 会場:恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿4丁目・東京都目黒区三田1丁目) 入場無料 東京メトロ日比谷線・JR線恵比寿駅から徒歩約8分

2016年9月20日 (火曜日)

第16回けやきひろば秋のビール祭りinさいたまスーパーアリーナに行ってきた2016。

国内外のクラフトビールがさいたまに大集結!。

20160920_kaijyou_1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市中央区にある、さいたまスーパーアリーナコミュニテイアリーナです。ここで、2016年9月15日(木)~19日(祝月)、第16回けやきひろば秋のビール祭りinさいたまスーパーアリーナが開催されました。

北海道から沖縄まで日本全国のブルワリーはもちろん、海外のビールを含む74店舗300種以上のクラフトビールが集合する。毎年年2回開催される恒例イベントだ。

20160920_beer_1

1杯目のビールは、呑龍夢麦酒(ドンリュウユメビール)のCHROA(クロア)です。群馬県太田市の地ビール。8%の高アルコールを誇るパワーIPA。ゴクッ、ぷはぁ~、なかなかいいんでない。

お供に、ノースアイランドビールのブースにあった、厚切りジンギスカンステーキです。山わさびしょうゆで頂くよ。

20160920_beer_2

2杯目のビールは、栃木マイクロブルワリーの「女医さん」です。保健室で待ってるわ...。これぞ、癖になる味わい。ウイスキーピート風味、通な1杯です。

これは、面白い。まさしく、味は病院。話のネタに是非1杯飲んでみて下さい。

20160920_beer_3

3杯目のビールは、霧島ビール(宮崎県都城市)のペールエールです。シングルホップが特徴のアメリカンスタイルのペールエール。柑橘系の軽快な香りと、キレのある苦味は、ドリンカビリティの高い1品。

20160920_table

秋のビール祭りは、屋内が会場です。シルバーウィークは、曇りor雨と天気はあまり良くなかったが、雨の心配せず楽しめます。

20160920_picnic_area

会場に隣接する(S2ゲート入口付近)、展示ホールはピクニックエリアとなり、お子様連れ優先でレジャーシートを敷いて飲食がOKとなっている。

20160920_enniti

子供向けに、射的などの縁日的アトラクションがあります。

20160920_omiyage

こちらは、お土産ビール販売コーナー。お気に入りのビールがあったら、ここでお土産で購入しよう。各地のクラフトビールが一同に集まるのは珍しいので、貴重な販売かも。

20160919_keihin_touhoku_line

会場へのアクセスですが..。最寄駅は、JRさいたま新都心駅です。宇都宮線・高崎線・京浜東北線が乗り入れる。JR埼京線北与野駅でも良し。

20160919_jazz_1

ちなみに、17日(土)・18日(日)はけやきひろばにて、「第13回さいたま新都心JAZZ DAY」が開催されました。ビール片手にジャズを愉しむ時間はいかがかな?。そのレポは、「第13回さいたま新都心JAZZ DAYにて、ジャズ演奏を聴き入る2016。」へどうぞ。

20160920_annai

ペデストリアンデッキを通り、さいたまスーパーアリーナ1階が会場入口になります。

年2回毎年恒例のけやきひろばビール祭り。春も秋も楽しみになってしまう、クラフトビールの祭典でした。

という事で、けやきひろば秋のビール祭りに行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去イベント開催時の訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。

20160920_map

会場案内マップです。

20160920_poster

告知ポスターです。

「けやきひろば秋のビール祭り」 開催日:2016年9月15日(木)~19日(祝月) 開催時間:11時~21時30分(15日は16時から・19日は19時まで) 会場:さいたまスーパーアリーナコミュニティアリーナ(埼玉県さいたま市中央区新都心8) 入場無料 JRさいたま新都心駅から徒歩約2分・JR北与野駅から徒歩約5分

2016年9月19日 (月曜日)

第13回さいたま新都心JAZZ DAYにて、ジャズ演奏を聴き入る2016。

シルバーウィークは、さいたま新都心でジャズに酔いしれよう。

20160919_jazz_1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市中央区にあるさいたま新都心けやきひろばです。ここで、2016年9月17日(土)・18日(日)、第13回さいたま新都心JAZZ DAYが開催されました。

20160919_jazz_3

高層ビルに囲まれたけやきの木々の中、ビッグバンド、スモールバンドが集うアマチュアジャズが集う祭典が行われる。

20160919_jazz_2

1階プラザでは、スモールバンドが演奏される。

20160919_jazz_4

埼玉大学 Swing Cube Jazz Orchestra White Bandです。

20160919_keihin_touhoku_line

会場へのアクセスですが..。最寄駅は、JRさいたま新都心駅です。宇都宮線・高崎線・京浜東北線が乗り入れる。JR埼京線北与野駅でも良し。

20160920_table

同日開催で、さいたまスーパーアリーナコミュニティアリーナでは、日本各地から集まったクラフトビールの祭典がありました。ビール片手にジャズを聴くはいかがかな?。そこでのレポは、「第16回けやきひろば秋のビール祭りinさいたまスーパーアリーナに行ってきた2016。」へどうぞ。

20160919_keyaki_hiroba

けやきひろばでジャズに酔いしれる。そんなイベントでした。

という事で、第13回さいたま新都心JAZZ DAYにて、ジャズ演奏を聴き入ったレポでした~。

ちなみに、過去開催時イベントレポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160919_scadule

スケジュール表です。

20160919_tirasi

告知チラシです。

「第13回さいたま新都心JAZZ DAY」 開催日:2016年9月17日(土)・18日(日) 開催時間:(17日)12時~19時・(18日)11時~18時 会場:さいたま新都心けやきひろば(埼玉県さいたま市中央区新都心10番地) JRさいたま新都心駅から徒歩約2分

2016年9月18日 (日曜日)

鎌スタ☆北海道まつり2016に行ってきた。

ファイターズタウンで北海道を満喫。

20160918_studium

さて、やってきたところは、千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズタウン鎌ヶ谷スタジアムです。ここで、2016年9月17日(土)~19日(祝月)の3日間、鎌スタ☆北海道まつり2016が開催されました。鎌ヶ谷の秋の祭典で、毎年恒例の美味しい北海道グルメやかわいい動物たちとのふれあい等、家族で楽しめるイベントになっている。入場無料。

20160918_gourumet_1

北海道を味わえる露店がずらりと並ぶ。どれを食べようかな~。

20160918_jingisukan

松尾ジンギスカン!。匂いからそそられる~。もちろん、買いだ!。

20160918_playland

チビッ子向けのアトラクションもあり。

20160918_potato

じゃがいもタワーのじゃがいも詰め放題があったよ。

20160918_ticket

ファームの試合も開催されます。試合観戦には、入場券の購入が必要です。大人1500円。

20160918_beer

外野自由席にやってきた。まずは、生ビールで喉を潤そう。サッポロ黒ラベルで。では、グビッ。ぷはぁ~。野球場で飲むのも旨し!。

20160918_jingisukandon

お供にジンギスカン丼だ。北海道と言えば、コレでしょう。美味しい。

20160918_gaiyaseki_1

外野席は芝生なので、のんびり座って観戦だ。

20160918_gaiyaseki_2

本日のファーム(2軍)の試合は、北海道日本ハムファイターズvs埼玉西武ライオンズ戦です。

入場時にオリジナルBBMカードが貰えた。表は紺田敏正選手、裏は吉田侑樹選手でした。

20160918_sainyuujyouken

外野席と内野席は自由に行き来できます。移動時(退場時)に必ず係員から再入場券を貰っておきましょう。

20160918_situnai

室内練習場です。

20160918_fureai

動物たちとのふれあい。おっ、ヤギさんだ。

20160918_strike

壁に向かって、ストラックアウトもあり。

20160918_naiyaseki_3

再入場して内野席にやってきた。

20160918_naiyaseki_1

内野席だと、投手と打者との対戦が近くで見られるね。

20160918_naiyaseki_2

内野席は、座席ぼぼ埋まっています。

20160918_score

スコアボードはフルカラーで見やすいね。

20160918_hokusou_line

さて、会場へのアクセスですが...。北総線に乗って新鎌ヶ谷駅にやってきた。新鎌ヶ谷駅は、北総線・新京成線・東武アーバンパークラインと3線が乗り入れる鎌ヶ谷市のターミナル駅だ。

20160918_bus_1

新鎌ヶ谷駅北口バスロータリー2番乗り場から直通シャトルバスが発車します。船橋新京成バスが担当。

会場への直通シャトルバスは、新鎌ヶ谷駅の他、東武線の鎌ヶ谷駅からも出ています。

20160918_bus_2

会場となる鎌ヶ谷スタジアムに到着。国道464号線と県道8号線と会場付近の混雑で、新鎌ヶ谷駅から鎌ヶ谷スタジアムまで25分もかかった。

シャトルバスは現金で100円です。(行き)スタジアム到着時、(帰り)スタジアム乗車時に係員に直接支払います。年間パスポート提示時は無料。小学6年生以下も無料。

鎌スタ☆北海道まつり2016イベント開催時用シャトルバスの時刻表を記載します。

行き 鎌ヶ谷スタジアム行き
(鎌スタ☆北海道まつり用ダイヤ)
時間 新鎌ヶ谷駅発 鎌ヶ谷駅発
09時    30 50       30 45
10時 10 30 50 00 15 30 45
11時 10 30 50 00 15 30 45
12時 10 30 50 00 15 30 45
13時 10 00 15 30

-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-

帰り 鎌ヶ谷スタジアム発
(鎌スタ☆北海道まつり用ダイヤ)
時間 新鎌ヶ谷駅行き 鎌ヶ谷駅行き
14時 15 45 00 30
15時 15 45 00 30
16時 試合終了から増便 試合終了から増便
17時 試合終了から増便 試合終了から増便

帰りのバスは、試合状況により変更となる場合があり。

あと、路線バスとして、西船橋駅・船橋法典駅からファイターズタウン行きが運行されています。

20160918_kaijyou

鎌スタは20周年なんだそうだ。シルバーウィークは家族みんなで鎌スタへ!。北海道グルメ満喫&野球観戦はいかがかな。

という事で、鎌スタ☆北海道まつり2016に行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去イベント訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160918_poster

告知ポスターです。

「鎌スタ☆北海道まつり2016」 開催日:2016年9月17日(土)・18日(日)・19日(祝月) イベント開始時間:10時 試合開始:13時 会場:ファイターズタウン鎌ヶ谷スタジアム 〒273-0118 千葉県鎌ケ谷市中沢459 TEL:047-446-5586 鎌ヶ谷駅・新鎌ヶ谷駅から直通シャトルバス運行

2016年9月17日 (土曜日)

弁天崎源泉公園を立ち寄った2016。

亀岩にまつわる温泉地らしい伝説があり。

20160917_park_1

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある弁天崎源泉公園です。和倉温泉にある公園で、有名旅館・加賀屋前に位置する。

20160917_park_2

ある日、ある夫婦が亀岩のそばからブクブクと海が泡だっているのを発見しました。亀岩はお化けガメと呼ばれ、亀岩の近くの海に落ちると体が浮かばないと村人たちから恐れられていたため、泡はお化けガメの呼吸ではないかと噂されました。しかしある時、夫婦が一羽の白鷺が傷ついた足を海に入れ、その後元気に飛んでいったのを不思議に思って、海に手を入れ、お湯が沸いていることを発見したと伝えられています。

20160917_syoutokuhi

これは、頌徳碑です。(しょうとくひ)。穴水町川島在の七海屋兵ヱ門氏は代々回船問屋を営んでいたが和倉温泉に対しては殊の他好意を寄せ地元で埠頭構の議が起るや率先に寄進を申し出て難なく竣成したがその篤志を称えた碑である。

20160917_kameiwa

これが、亀岩になるのでしょうか?。

昔はその近くまで海が迫っていたようである。

20160914_wakuuranoyutsubo_2

弁天崎源泉公園に隣接して、湯元の広場があります。源泉の湧き出す「湯壷」がありますよ。

ちなみに、ここでのレポは、「涌浦の湯壷・湯元の広場を訪れた2016。」へどうぞ。

20160917_setumei

という事で、弁天崎源泉公園を立ち寄ったレポでした~。

「弁天崎源泉公園」(べんてんざきげんせんこうえん) 〒926-0175 石川県七尾市和倉町ヨ

2016年9月16日 (金曜日)

妻恋舟の湯、足湯を愉しみながら七尾湾を眺める2016。

穏やかな海を眺めながら、身も心も癒されます。

20160916_tsumakoibunenoyu_1

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある「妻恋舟の湯」です。湯っ足りパーク内にある足湯施設だ。無料で利用できるので、和倉温泉を訪れたら立ち寄ってみると良いですよ。

20160916_ashiyu_1

早速、建物内に入ってみよう。風情がある足湯だね。さすが、和倉温泉!。

20160916_ashiyu_2

では、ちゃぽん。足のびのび~。いい湯だね。先に見えるは七尾西湾。海を眺めながら、のんびりしよう♪。

20160916_nagame_2

先に見える能登島のおかげか、波はかなり穏やか。静かな時が過ごせます。

20160916_nagame_1

和風庭園にいる感じで、ずっといたいな。

20160916_okunai_1

室内は照明ライトが設置されている。陽が暮れたらライト点灯するのかな。

20160916_tatemono_1

海側から、妻恋舟の湯を眺める。縁側でのんびりできる空間なのだ。いい足湯施設だ。

20160916_riyou_jikan

妻恋舟の湯、足湯施設利用時間は、7時~19時です。朝日を見ながら、夕陽を見ながらも良さそうだな。

20160915_yuttari_park_2

妻恋舟の湯は、湯っ足りパーク内にあります。駐車場や芝生広場を備えているので、和倉温泉のついでに立ち寄ってみてはいかがかな?。ちなみに、この公園でのレポは、「湯っ足りパークから七尾湾を眺める2016。」へどうぞ。

という事で、妻恋舟の湯、足湯を愉しみながら七尾湾を眺めたレポでした~。

「妻恋舟の湯」 〒926-0176 石川県七尾市和倉町ひばり1丁目(湯っ足りパーク内) 無料駐車場あり トイレあり

2016年9月15日 (木曜日)

湯っ足りパークから七尾湾を眺める2016。

温泉街の海沿いにある広々とした芝生公園。

20160915_yuttari_park_2

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある「湯っ足りパーク」です。県道248号和倉和倉停車場線沿いにある。和倉温泉に隣接していて、天気が良い時は、立ち寄りたいスポットだ。

20160915_yuttari_park_6

芝生広場が広がり、レジャーシート敷いて、のんびりピクニックできそうな感じだな。

20160915_yuttari_park_3

海岸線沿いには、松林が広がる。隙間から、海が見えるよ。

20160915_nanaowan_1

海岸線にやってきた。ここは、七尾西湾で、先に見える能登島が防波堤的役割を持つので、広々とした海ながらも、とても穏やかである。

20160915_nanaowan_2

青い空、青い海ですな。

20160915_yuttari_park_4

この先、海岸線沿いには、和倉温泉の旅館が立ち並ぶ。

20160915_notojima_bashi

右手には和倉と能登島を結ぶ、能登島大橋が見える。

20160915_yuttari_park_7

海岸線沿いにはベンチが設置されているので、のんびり海を眺めるのも良いかも。

20160915_yuttari_park_5

この公園のメイン施設は、左手に見える建物内だ。この公園の名前の由来である。その建物に行ってみよう。

20160916_okunai_1

湯っ足りパーク内には、妻恋舟の湯があります。無料の足湯施設だ。海を眺めながら、まったりできるよ。そのレポは、「妻恋舟の湯、足湯を愉しみながら七尾湾を眺める2016。」へどうぞ。

20160915_yuttari_park_1

という事で、湯っ足りパークから七尾湾を眺めてみたレポでした~。

「湯っ足りパーク」 〒926-0176 石川県七尾市和倉町ひばり1丁目 無料駐車場あり トイレあり 無料足湯施設あり

2016年9月14日 (水曜日)

涌浦の湯壷・湯元の広場を訪れた2016。

和倉温泉は一羽のシラサギによって湯脈を発見!。

20160914_wakuuranoyutsubo_5

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある涌浦の湯壷です。和倉温泉の中心地にあるシンボル的スポットだ。

およそ1200年前に温泉が噴出されたと伝えられ、「湯の湧き出づる浦」=涌浦(わくら)と言われるようになり、現在、和倉温泉として全国有数の高級温泉街として人気を有する事となる。

20160914_wakuuranoyutsubo_3

2羽の白鷺の像に挟まれるように源泉の湧き出す「湯壷」があります。飲料もできるようだが、とても熱い。温泉たまごが作れるようだ。

20160914_wakuuranoyutsubo_2

湯元の広場です。

今から、1200年程前(大同年間)薬師嶽の酉、通称湯の谷で温泉が噴出していたと伝えられていたが、永承年間の地震で海中へ湯脈が変動した。

20160914_wakuuranoyutsubo_1

その後、この近く現在地に白鷺が、人が沐浴するように過ごしていたのを見て、村人が確かめたところ温泉が湧き出ていた。

20160914_wakuuranoyutsubo_4

江戸時代に、涌浦の人々がここに湯壺を設け、さらに湯島を造成し小舟で渡り利用したのが今の和倉温泉の源です。

20160914_yurai

和倉温泉は塩分が強く、温度も94度と高く、湯量も豊かで日本を代表する温泉地になりました。

という事で、和倉温泉の涌浦の湯壷・湯元の広場を訪れたレポでした~。

「涌浦の湯壷・湯元の広場」 〒926-0175 石川県七尾市和倉町

2016年9月13日 (火曜日)

柴又宵まつり2016に行ってみた。

柴又参道は縁日日和。

20160913_sandou_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある柴又帝釈天参道です。ここで、2016年9月10日(土)・11日(日)、柴又宵まつりが開催されました。週末は観光客で賑わいますな。

20160913_taisyakuten_1

参道を歩いていくと、柴又帝釈天に着く。二天門をくぐろう。

20160913_hondou

帝釈堂にてまずは参拝。

20160913_stage

境内には特設ステージが設置されていました。17時30分からステージがあるようだ。

20160913_tindonya

ぶらり参道を歩いてみよう。おぉ、チンドン屋さんだ。

20160913_hero

こちらは、ヒーローショーが行われていました。

20160913_torasan

これは、見覚えのある人!!。寅さんだぁ!。柴又に帰ってきたのね?!。

20160913_beer_1

このイベント、ビール祭りもあるという事で訪れてみたのだが...。参道で、販売しているだけみたい...。

20160913_beer_2

まぁ、生ビール(キリン一番搾り)を頂こう。ゴクッ、ぷはぁ~。樽生いいね。

20160913_keisei_line

さて、交通アクセス。会場への最寄り駅は、京成金町線柴又駅です。

20160913_shibamata_st

柴又駅前。週末は観光客多いですね。

20160913_bord

柴又宵まつりと銘うっているが、いつもの週末の柴又って感じでしょうか...。仮装大会・仮装行列があるそうで...。スタンプラリーの方が盛り上がっているような?。

という事で、柴又宵まつりを訪れたレポでした~。

20160913_poster

告知ポスターです。

「柴又宵まつり」 開催日:2016年9月10日(土)・11日(日) 開催時間:(10日)12時~20時・(11日)12時~18時 会場:柴又帝釈天・参道・柴又駅前(東京都葛飾区柴又)

2016年9月12日 (月曜日)

リオ五輪男子体操団体金メダル凱旋パレード見に行ってきた2016。

リオ五輪の感動をありがとう。凱旋パレード見に行ってきたよ。

20160912_parade_1

さて、やってきたところは、埼玉県草加市にある草加松原付近です。ここで、2016年9月11日(日)、凱旋パレードが開催されました。リオデジャネイロオリンピック男子体操団体金メダルを獲得した、内村航平選手・加藤凌平選手・田中佑典選手・山室光史選手の4選手が特製トラックに乗り込み、沿道に駆け付けた人たちに手を振ってくれました。

20160912_parade_2

県道49号足立越谷線松原大橋~谷古宇橋間の約600mを車両通行止めにして、10時30分から11時まで約30分かけてパレードが行われました。パレード前には、草加市民栄誉賞授与式が行われた。

それにしても、人の壁が出来ていて、背伸びしてもなかなか見づらいなぁ..。

20160912_parade_3

加藤選手と山室選手は写真に納まりやすかったな。

20160912_parade_5

団体の白井健三選手は大学生であるが、他の4名は草加市在住であり、かつ、草加市にあるコナミ体操部に所属であり、ここ草加で凱旋パレードとなった。

20160912_parade_4

それにしても、沿道は人で埋め尽くされた。沿道には約3万人がお祝いに駆け付けたそうだ。(主催者発表)

20160912_tobu_line

パレード会場への最寄り駅は、東武スカイツリーライン松原団地駅です。東武線に乗ってやってきたよ。

駅は警察官が多く配備されていたな。

20160912_matsubara_danti_st

松原団地駅東口から歩いて向かいました。

ちなみに、松原団地駅は2017年3月、獨協大学前駅(副駅名:草加松原)に駅名改称される予定です。

20160912_torack

パレードを終え、谷古宇橋交差点をあとにする、特製トラック。

20160912_oudanmaku

草加駅前に掲げられた横断幕。祝福ムードです。12年ぶり体操団体で金メダル。そして、内村航平選手が体操個人総合で金メダル連覇。素晴らしいですね。

という事で、リオ五輪男子体操金メダル凱旋パレード見に行ってきたレポでした~。

20160912_poster2

告知ポスターです。

「凱旋パレード」 開催日:2016年9月11日(日) 開催時間:10時30分~11時 会場:草加松原(県道49号足立越谷線松原大橋~谷古宇橋) 参加選手:内村航平選手、加藤凌平選手、田中佑典選手、山室光史選手

2016年9月11日 (日曜日)

吉川ジャズナイト2016(Yoshikawa Jazz Night 2016)、世界のビールとグルメとジャズ演奏を愉しんだ。

ジャズ酒場×吉川グルメ 大集結!。

20160911_kaijyou_2

さて、やってきたところは、埼玉県吉川市にある吉川美南駅西口ロータリー前広場です。ここで、2016年9月10日(土)、吉川ジャズナイト2016が開催されました。今年で4回目を迎えたイベントで、この日の吉川美南駅前は多くの訪れた人たちで大賑わいだ。

20160911_stage_1

ジャズ演奏が屋外で聴く事ができ、まったりと楽しめる。

ステージでは、K-magic Swing Orchestraの演奏が行われていた。

20160911_beer_uriba

こちらも、お楽しみのコーナー。JAZZ酒場(バル)です。多彩なお酒が勢ぞろいだ。希望のお酒のブースに並び、各自購入です。

20160911_beer_1

まずは、ドイツビールのパウナーナー ヘフェヴァイスビアを購入。ドイツ売上No.1の白濁系無濾過ビールだ。では、Ein!Prosit!。乾杯!。ぐびっ、ぷはぁ~。これまた、旨いね。

20160911_sakaba_bal

JAZZ酒場(バル)では、パウラーナー ヘフェヴァイスビア(ドイツ)、タイガー(シンガポール)、リーフマン(ベルギー)、オリオンビール(日本沖縄)、いわて蔵ビール 三陸牡蠣のスタウト(日本岩手)、生ホッピー、樽ハイ、緑茶ハイ、ウーロンハイ、ストロングボウ、ハイボール(ブラックニッカ)、かちわり式ワインが提供されています。

20160911_sassi

どのお酒にしようか迷うかと思うが、会場に入った際に配布されているイベント冊子には、各お酒の説明書きがあります。気に入りそうなお酒を探してみよう。

20160911_gurumat_uriba

グルメブースでは、地元吉川グルメが勢揃い。どれもおいしそうなので゛、迷ってしまいます。

20160911_harami

吉川市と友好関都市の岩手県一関市の「いちのせきハラミ焼き」です。いゃあ~、ビールに合うね。

20160911_namazu_uriba

今回、鯰蒲焼き&なまず御前セットの販売がありました。1000セットの限定販売。なまずの里吉川なので、吉川に来てナマズ食わずなかれ!。目の前でナマズが焼かれていて、タレの匂いが食欲をそそる。いざ、買おうと思ったら悲しいことに売り切れ販売終了でした。ガーン..。

20160911_namazu_gozen

こちらが、吉川の地酒「なまず御前」。これも、飲んでみたかったなぁ...。

20160911_kaijyou_3

観覧エリアはかなり広くとってあります。多くの家族向けにシートを敷いてくつろげるが、かなりの混雑。

混雑のため、座るところや飲食できるところが無く、せっかくのドリンクやグルメを味わいずらくなっている。来年以降は、もう少しエリアを拡大して欲しいですね。

20160911_nama_hoppy

次は、生ホッピーと煮卵でジャズを聴こう。

20160911_misato_music

次のステージは、MISATO MUSIC MATES ORCHESTRAです。(ミサトミュージックオーケストラ)。隣り市の三郷市を拠点とする老舗ビッグバンド。

20160911_stage_2

アンコールでは、お客さんたちも立ってジャズを楽しみました。

今年のジャズ演奏は、市内3中学校吹奏楽部や埼玉県警察音楽隊も出演されました。

20160911_musashino_line

さて、会場への最寄駅は、JR武蔵野線吉川美南駅です。

20160911_kaijyou_1

ホームから会場が見える。吉川美南駅西口ロータリー前が会場なのだ。

20160911_kounai

吉川美南駅構内。イベント開催に気合の演出です。

20160911_suizokukan

吉川美南駅には、まちなか水族館があるよ。「みなみん」と「だいごろう」、2匹のなまずが飼われています。

20160911_minamin

これが、なまず(みなみん)だ。

20160911_musashino_line_syaryou

こういう掲示は、たまりませんねぇ。武蔵野線を走る電車・列車が写真+説明書きがあります。鉄ポイントUpします。205系メルヘン車と区別しているとろがGood!。

20160911_oshirase

かわいらしい掲示だね。今年も開催で4年目。吉川美南の定番イベントに定着してきましたな。

20160911_ekimae

駅を降りたら、すぐ会場というアクセスがいいね。

吉川美南駅西口ロータリーが第一会場で、イオンタウンを第2会場として実施されている。

20160911_enter

日が暮れると涼しい風が通り、とても過ごしやすいね。毎年9月は、吉川美南の定番イベントに定着した吉川ジャズナイトが開催。ジャズにビールにグルメの3点セットで、こんなに多くの集客があるイベントに成長、また来年が楽しみですな。

という事で、吉川ジャズナイトを訪れたレポでした~。

ちなみに、過去イベント開催時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160911_poster

告知ポスターです。

「吉川ジャズナイト2016」(Yoshikawa Jazz Night 2016) 開催日:2016年9月10日(土) 開催時間:11時30分~20時45分 第一会場:吉川美南駅西口ロータリー(埼玉県吉川市美南2) 第二会場:イオンタウン吉川美南(埼玉県吉川市美南3-12)

2016年9月10日 (土曜日)

和倉温泉わくわく夏祭りに行ってみた2016。

温泉地での夏祭り縁日。

20160910_gate

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある和倉温泉わくわくプラザ(和倉港)です。ここで、和倉温泉わくわく夏祭りが開催されました。夏休みの期間(2016年は7月30日~8月21日の間毎日)、20時~21時10分頃まで行われる夜祭り縁日だ。

20160910_kaijyou

和倉温泉宿泊客向けのイベントで、浴衣を着た客多し。地元の子供たちも多くいるよ。

20160910_taiko_2

ステージでは、太鼓演奏がされていた。

20160910_taiko

ドドン、ドドン。力強い音が響き渡る。

20160910_kaijyou_2

会場の周囲には、子供向け縁日があります。

20160910_takeuma

竹馬だ。童心に帰るね。

20160910_wanage

こちらは、輪投げコーナー。景品ゲットできるかな?。

20160910_smart_bowl

スマートボールは大人も楽しめそう。

その他、射的やボールすくい、弓的、型抜き、ベーゴマがありました。まっ、大人は生ビール販売所でしょうか..。

20160910_suicawari

小学生対象で、スイカ割りが行われました。なかなか、難しいよね。

20160910_ticket

わくわく夏祭りのメインイベントは、お楽しみ抽選会でしょう。和倉温泉宿泊客に配布される抽選券を持って、ぞくぞくと会場に集まってきます。

20160910_cyuusen

21時から、お楽しみ抽選会が開始されました。番号を読み上げられ、一喜一憂。最後まで読み上げられたが、全く当たらず...。会場内にいるほとんどがため息漏れる。会場にいた客は、ザーっと帰りだしました。

各宿泊所と夏祭り会場間は無料シャトルバスが運行されています。少しは涼しくなった温泉街を歩いて戻るのも良し、シャトルバスで宿泊先へ送迎してもらうのも良しだ。

なかなか縁日を味わう機会も無いので、旅行先でこういう夏祭りに参加できるのはいい体験ですね。

という事で、和倉温泉わくわく夏祭りに行ってみたレポでした~。

「和倉温泉わくわく夏祭り」 開催期間:2016年7月30日(土)~8月21日(日) 開催時間:20時~21時10分頃 会場:和倉温泉わくわくプラザ(和倉港)

2016年9月 9日 (金曜日)

宿部屋から七尾西湾を眺める2016。

海が見える温泉地。宿部屋からの眺め良し。

20160909_nagame_1

さて、ここは、石川県七尾市にある宿泊部屋からの眺め風景です。能登半島中央部に位置する和倉温泉は、海岸沿いに位置し、七尾西湾に面する。うむ、いい眺めだ。

20160909_nagame_2

青い水面が広がる。波がほとんどなく、とても穏やかだ。

20160909_nagame_3

先には、能登島へ渡る能登島大橋が見える。

20160909_nagame_4

ボートに乗って、湾内を周遊してみたいな。

20160909_nagame_5

1階ロビーからの眺め。和風庭園が落ち着きます。

20160909_nagame_6

おぉ、ボートが疾走しているぞ。気持ち良さそうだな。

という事で、宿部屋からの七尾西湾の眺めレポでした~。

2016年9月 8日 (木曜日)

和倉温泉総湯前にて、わくたまくんお出迎え2016。

わくたまくんが出迎えてくれるよ。

20160908_souyu_1

さて、やってきたところは、石川県七尾市にある和倉温泉総湯です。和倉温泉中心地にある日帰り温泉施設だ。

20160903_wakura_onsen

入口手前には、かわいらしいキャラクターがいるよ。

20160908_wakutamakun

和倉温泉のキャラクター「わくたまくん」だ。

彼のプロフィールで、血液型はたまご型だって。おいおい、...。

20160908_profiele

和倉温泉を発見したとされるシラサギが産んだ「タマゴ」です。持っているオレンジのバッグには温泉たまごが3つ入っていて、いつも一緒に遊んでいます。

「ワクワク、ランラン、ゆっくり過ごそ。」が合言葉の和倉温泉を愛するキャラです。

20160908_wakutamakun_2

飲める温泉水なんだそうだ。飲用の適用として、慢性消化器病、慢性便秘、吸入療法(うがい等)です。

20160908_asiyu_1

入口前には、無料足湯があります。ちゃぽん。疲れをとろう!。

20160908_souyu_2

という事で、和倉温泉総湯前を訪れたレポでした~。

「和倉温泉 総湯」 〒926-0175 石川県七尾市和倉町ワ5−1 TEL:0767-62-2221 7時~22時 定休日:毎月25日 入浴料440円

2016年9月 7日 (水曜日)

切り絵行灯と音楽の夕べ@流山本町浅間神社を訪れた2016。

神社の境内で音楽を愉しむ。

20160907_andon_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある浅間神社です。ここで、2016年9月3日(土)、「切り絵行灯と音楽の夕べ」が開催されました。

流山本町界隈には、行灯(あんどん)が設置されています。行灯とは、照明具の一種で、円形または四角の木や竹のわくに紙をはり、中に油皿を置いて火をともしたものです。

20160907_keidai_1

参道入り口には、露店が出ていますよ。

20160907_keidai_2

神楽殿が特設ステージとして、各バンドが演奏します。

20160904_live

辰巳哲也ジャズトリオによる演奏。

神社の境内という場所で、大人の雰囲気の音楽ライブに酔いしれたよ。

20160904_gate

同日イベント開催として、「流鉄ビア電車」が流山駅構内にて行われた。その訪問レポは、「流鉄BEER電車に行ってきた2016。」へどうぞ。

20160907_andon_2

神社で音楽鑑賞。いい感じですな。

という事で、「切り絵行灯と音楽の夕べ」を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去この神社訪問時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160907_panf

チラシです。

「切り絵行灯と音楽の夕べ」 開催日:2016年9月3日(土) 開催時間:17時~19時30分 会場:流山本町 浅間神社(せんげんじんじゃ) (〒270-0164 千葉県流山市流山1-154) 流鉄流山線流山駅から徒歩約3分

2016年9月 6日 (火曜日)

立石フェスタ2016に行ってきた。

昼も、夜も。いつだって立石を愛している。

20160906_syoutengai_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区に位置する京成押上線京成立石駅周辺です。ここで、2016年9月3日(土)、立石フェスタ2016が開催されました。今年は、9月2日(金)に前夜祭も行われ、計2日間の開催になった。

20160906_syoutengai_2

立石駅通りにある商店街通りも人混雑で大にぎわい。年に一度、立石が盛り上がる大イベントなのだ。

20160906_poster_2

駅周辺各所にステージがあって、いろんなアーティストが音楽披露している。

そんな中、ぴいこステージでは、第12回立石ぴいこ音楽祭が行われていた。

20160906_stage

ぴいこは、かつて立石にあった「ライブ喫茶ぴいこ」がその名の由来。タレントLiLiCoさんの祖父・祖母が経営していたお店で、LiLiCoさんへの呼び名が「ぴいこ」だったそうで..。2年前ここでLiLiCoさん凱旋ステージされたんだよね。

20160906_fm

タカラトミーがある桜通りステージでは、かつしかFM公開生放送されていました。

20160906_nomiya

立石に来たなら、まだ明るい時間だけど、やっぱり呑み屋さんへ。どこも満席混雑しているな。

20160906_byakkotai

下町居酒屋「白虎隊立石店」に入ってみた。

20160906_beer

まずは、生ビールで喉を潤す。ゴクッ。ぷはぁ~。

20160906_yakitori

ネギ間とぼんじり。ビールには焼き鳥だ。

名物ねぎレバーを頼みたかったが、イベント開催のせいか、混雑で時間がかかりそうなので、これで場所を変えた。

20160906_maguro

安定の磯丸水産立石店で呑み直し。まぐろ2種盛り、Goodだね。

20160906_samba_1

立石フェスタと言えば、サンバパレードです。15時過ぎ頃から、アーケードステージから桜通りステージへパレードが行われます。

20160906_samba_2

アーケード商店街に、サンバチームが踊りながら前へ進んでいく。

20160906_street

少し先回りした。駅通りでは、沿道の人たちが、パレードはまだかと待っています。

20160906_samba_3

こちらにも、やってきました。サンバのリズムで踊りまくる。商店街熱気ですな。

20160906_keisei_line

さて、京成押上線に乗って、会場の最寄り駅となる京成立石駅にやってきた。駅を降りたらすぐ立石フェスタの会場だよ。

20160906_syoutengai_3

東京の下町の1つ葛飾区立石。今年も大盛り上がりの商店街イベントになりましたな。

という事で、立石フェスタ2016に行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去イベント開催時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160906_poster

告知ポスターです。この写真は、昭和28年(1953)頃の京成立石駅だそうだ。貴重な1枚の写真だな。

「立石フェスタ2016」 開催日:(前夜祭)2016年9月2日(金)・(メイン)9月3日(土) 開催時間:(2日)19時~21時・(3日)9時~17時 会場:京成押上線京成立石駅周辺(東京都葛飾区立石)

2016年9月 5日 (月曜日)

三郷ハワイアンフェス2016に行ってきた。

全員参加型の楽しいイベント♪。三郷がハワイになる1日。

20160905_gate

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にあるにおどり公園です。ここで、2016年9月4日(日)、三郷ハワイアンフェスが開催されました。三郷でハワイの雰囲気を味わえる野外イベント。ちょいと、訪れてみたよ。

20160905_fura_dance_1

ステージでは、フラダンスの披露がありました。

20160905_fura_dance_2

フラはハワイの伝統的な歌舞音曲である。

20160905_shop

ハワイアンショップが出店されています。かわいらしい服や雑貨が多く売っているよ。

20160905_seans_kitchen

個人的なお楽しみエリア。グルメコーナーです。今回は、Sean’s Kitchenで購入してみよう。

20160905_gurumet

今回、購入してみたのはコレだ。ハワイアンなグルメを頂こう。

20160905_big_wave

コナビール ビッグウェーブ ゴールデンエールにしました。ハワイっぽいラベルデザインで、飲みやすいビールだ。瓶のままで頂いたよ。ぷはぁ~。

20160905_donburi

こちらは、カルアピッグ&キャベツです。塩っ気のあるドンブリ飯だ。

20160905_fura_dance_3

優雅なフラダンスに酔いしれます。

20160905_shikiten

式典が行われました。木津雅晟三郷市長、アロハシャツ着ていました。

20160905_teachar

ハワイからのスペシャルゲスト、クムフラ(フラの家元) カハレプナ・リチャードソン・ナキさんや、日本のスペシャルゲスト、プロミュージシャン 永野亜紀さんらがステージへ。

三郷市のマスコットキャラクター「かいちゃん」もいたよ。

20160905_fura_dance_4

彦糸中学校・地域貢献部によるフラがありました。

当日は天気が微妙かと思われたが、雨降らず晴れ間が出るなど無事開催されました。三郷市北部(早稲田地区)は、一時大粒の土砂降りが降ったのにね...。

20160905_park

におどり公園では、市民レベルのイベントが数多く行われるようになったな。そんな中、結構人出が多いんだね。三郷中央駅を降りたら、すぐ、そこはハワイアン。優雅にフラを踊ってみよう。

という事で、三郷ハワイアンフェス2016に行ってきたレポでした~。

20160905_tirasi_1

配布されていたパンフレットより。メインステージ・プログラムです。

20160905_tirasi_2

パンフ裏面。スペシャルゲスト情報や各ワークショップがあり。

20160905_poster

告知ポスターです。

「三郷ハワイアンフェス2016」(Misato Hawai'ian Fes 2016) 開催日:2016年9月4日(日) 開催時間:10時~17時 会場:におどり公園(〒341-0038 埼玉県三郷市中央1) つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約1分

2016年9月 4日 (日曜日)

流鉄BEER電車に行ってきた2016。

今年も流山駅構内でビール祭り。ジャズにビールにグルメと、今宵は流山駅が熱くなるイベントが開催。

20160904_gate

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある流鉄流山線流山駅構内です。ここで、2016年9月3日(土)、流鉄BEER電車が開催されました。Jazz&ビール&美食&電車。ビア電車と謳っているが、地元流山のお店によるグルメもあるよ。

馬橋と流山を結ぶ流鉄線の開業は1916年。今年、2016年は流鉄線開業100周年なのだ。それを記念し、昨年に引き続き、第2回流鉄BEER電車が開催された次第である。

20160904_train_2

2番線ホームには、イベント用に車内開放されている。

行先標が、時間ごとに切り替え表示していると良いのにな。「回送」表示でした。

20160904_head_mark

車両前面には、今回のイベント用のヘッドマークが付けられている。

20160904_enter

電車内へは、2番線ホームからと、構内からステップで入る事ができる。

20160904_syanai

車内は、飲食スペースとして開放しているが、満員状態。

20160904_stage

車内先頭部は、音楽ステージとなっていて、歌演奏に聴き入れる。生唄聴きながら、ビールを味わえる至福の時間。

構内のスクリーンにもライブ映像が映し出されます。

20160904_gurumet_1

流山や松戸などのグルメの名店がずらり。美味しそうなものばかりで、どれにしようか迷ってしまう。

20160904_gurumet_2

見ているだけで、チキン美味しそう...。

20160904_beer_pasta

ビア電車という事で、いろんなビールが用意されている。で、最初の1杯チョイスしたのは、常陸野ネストビール(木内酒造)のペールエール。

瓶ビールで直接頂きます。では、グビックビッ。ぷはぁ~。うまい。アロマホップの華やかな香りかGood。

グルメは、「バンビーノ」のナスとトマトのパスタ。うむ、美味しい。

20160904_wine_omuretsu

次は、「ブラッスリーしんかわ」の豚のリエット入りのオムレツ オニオンソースです。ふんわり感がたまらない。

お供には、赤ワインと一緒に。さらに、たまりません。

20160904_pudding

口直しに、ホームメイドプリンも。濃厚なプレミアムプリン、美味である。

そういえば、昨年のイベント時も同じグルメを味わったな...。

20160904_kaijyou_1

時折、ちょびっと雨が降る天候だったが、駅構内は野外ビアガーデンとなって、楽しい時間を提供してくれました。

20160904_train_1

さて、会場へはもちろん流鉄流山線に乗ってやってきた。1番線ホームに到着し、数分後馬橋行きとして出発していきます。

20160904_syako

車庫にいる5000系「あかぎ」・「若葉」。流鉄線で使用されている車両は、元々は西武鉄道で使用されていた。

20160904_rokodoru

流山駅改札口前には、「ろこどる」のボードが。この漫画の舞台のモデルになっているのが流山なのだ。

20160904_nagareyama_st

流山駅は、関東の駅百選に選ばれた事がある。

20160904_train_3

歩道橋からパチリ。流山線電車が入線してきます。

20160904_train_4

水色カラーの「流馬」が流山駅に到着。

20160904_train_5

イエローカラーの「なの花」は、イベント用に開放されていて、駅構内はグルメエリアとなっている。

20160904_kinen_bord

流鉄開業100周年。今年、2016年は記念の年だ。おめでとう。そして、これからも。

20160904_sengen_jinjya_1

イベントの合間に、流山本町にある浅間神社にやってきた。同日開催イベントとして、「切り絵行灯と音楽の夕べ」が行われました。

20160904_live

神楽殿にて、音楽ライブが行われた。神社の境内という場所で、大人の雰囲気の演奏に酔いしれたよ。

20160904_panf_2

流鉄流山線「流山駅」にて1日だけの限定開催!!。料理やお酒が楽しめる「流鉄ビア電車」、昭和のレトロ感な雰囲気がノスタルジックに漂う。

20160904_gate_2

陽が暮れてきても、続々と来場者があります。

20160904_tsuriwa

入場ゲートには、暖簾の変わりに吊り輪がぶらさがる。鉄道会社らしい演出だね。

2016年流鉄開業100周年を記念したビール祭り。これからも、流山駅が盛り上がる毎年恒例の目玉イベントになっていくといいですね。来年、2017年も流鉄BEER電車開催がある事を願いつつ..。

という事で、流鉄BEER電車に行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去開催時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20160904_poster

告知ポスターです。

「流鉄BEER電車」~Jazz&ビール&美食&電車~ 開催日:2016年9月3日(土) 開催時間:16時~21時 会場:流鉄流山線流山駅構内(車両内&ホーム等)(〒270-0164 千葉県流山市流山1) 入場無料

2016年9月 3日 (土曜日)

加越能バス「わくライナー」に乗って、氷見から和倉温泉へ乗車2016。

高岡から氷見経由で和倉温泉へ向かう直行バスです。

20160903_waku_liner_2

さて、富山県氷見市にある「ひみ番屋街」にいます。これから、路線バスに乗車するよ。そのバスは、加越能バス「わくライナー」です。高岡駅から新高岡駅・氷見を経由し和倉温泉へ直行する特急バス。予約不要。1日4往復運行されています。

20160902_waku_liner

氷見の観光スポット「ひみ番屋街」(道の駅氷見)に乗り入れされるので、途中下車して立ち寄るのも良いかも。そんな時は、2日間有効の高岡~和倉温泉間乗り降り自由の「わくライナーフリーきっぷ」を利用しよう。

20160903_himi_banyagai_1

ひみ番屋街バス停、14時45分発和倉温泉行きに乗車しました。氷見~和倉温泉間は800円です。乗車時に運賃を支払います。

20160903_keshiki

ひみ阿尾の浦温泉、岩井戸温泉を経由し、能越自動車道を走行します。のんびり山々風景。

20160903_nanao_st

石川県に入りました。七尾駅前バス停に到着。ここで、他の乗客全員降車された。ここからは、貸切状態。

20160903_waku_liner_3

15時40分、終点和倉温泉バス停に到着。ひみ番屋街から和倉温泉までは約55分の乗車です。

20160903_wakura_onsen

潮の香りと湯けむりの街「和倉温泉」にやってきました。和倉温泉のキャラクター「わくたまくん」がお出迎えだ。

という事で、加越能バス「わくライナー」に乗って、氷見から和倉温泉へ乗車したレポでした~。

20160903_waku_liner_1

2016年9月 2日 (金曜日)

氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」(道の駅氷見)を訪れた2016。

氷見市No.1の観光スポット。多くの客で賑わいます。

20160902_banyagai_1

さて、やってきたところは、富山県氷見市にある氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」です。道の駅氷見としても機能する。グルメ、特産品、温泉まで。氷見の魅力、まるごと&ゆったり体験できる施設として、2014年10月5日にオープンしました。

20160902_kaki

氷見港に水揚げされた新鮮な魚介類を販売しています。岩牡蠣はその場で食べる事ができるよ。

20160902_sushi_1

お寿司弁当等も販売している。購入して、お外で食べるのも良いかも。

20160902_hotate

帆立焼串を味わいます。

20160902_himimaezushi

氷見漁港直送のお魚を使った回転寿司、氷見うどん、氷見牛、氷見カレーなど、地元でしか味わえないさまざまな料理が味わえ、富山湾の海の幸を満喫できる店舗がずらりと並びます。

その中で、回転寿司屋さんに入ってみよう。人気あるのかウェイト待ちで入店に約40分程待ったよ。

20160902_sushi_2

氷見と言えばブリ。新鮮なお寿司を味わったよ。美味しい~。

20160902_tsumirejiru

つみれ汁も味わい深い。落ち着く~。

20160902_kinpaku_softcream_1

金沢らしいスイーツがあるぞ。金箔ソフトクリームだ。450円。豪華だなぁと思った、さらに、すごいのが...。

20160902_kinpaku_softcream_2

金箔のかがやきソフトクリーム。891円。金箔に包まれているよ。

20160902_hattorikun

お土産処では、おっ、富山の忍者ハットリくん忍にんゴーフレッドだ。

20160825_goods

富山県氷見市は、漫画家・藤子不二雄A氏の出身地である。忍者ハットリくんなど、人気キャラクターのグッズコーナーもあるよ。

ちょいと、外をぐるり散策してみよう。

20160902_himibouzukun

これは、ひみぼうずくん。氷見の海からやってきた愉快な海坊主のこども。いつも釣り竿を持ちブリをかかえている。彼の頭をなでると幸せがやってくる。

20160902_ashiyu_1

無料足湯があますよ。天気が良ければ、立山連峰の絶景を眺めながら、温まることが出来る。利用無料。

20160902_ashiyu_2

この温泉は、「氷見総湯温泉」といい、1250mの地中深くから湧き出ています。温泉の温度は約67度で、毎分157リットル湧き出しています。

20160902_souyu

隣接して、日帰り温泉施設「日帰り温泉郷 総湯」があります。

20160902_umi_1

もう少し先を見ると、富山湾が見えます。

20160901_park_3

海岸線沿いに、比美乃江公園が整備されています。のんびり、海を眺めてみよう。湾なので、波穏やか。

20160825_bus

ひみ番屋街には、バスが乗り入れるよ。氷見市街地周遊バスには、怪物くんやその仲間たちがデザインされている。

20160902_waku_liner

長距離バスも乗り入れる。ひみ番屋街から、名古屋駅行き・わくライナー(高岡駅行き・和倉温泉行き)が出る。名古屋へは6便、わくライナーは4便の運行。

高速 わくライナー
名古屋行 和倉温泉行 高岡駅行
06時20分 10時15分 09時55分
07時15分 11時50分 12時20分
09時50分 14時45分 14時15分
12時40分 16時45分 16時55分
15時20分 --- ---
17時20分 --- ---

2016年8月現在 名古屋行きは予約制・わくライナーは予約不要

20160902_burikani_bus

こちらは、富山ぶりかにバスのバス停。新湊きっときと市場経由富山駅前行きです。土日祝は1日3便出ています。時刻表は以下の通り。

富山ぶりかにバス
富山駅前行き
平日 土日祝
14時00分
(新湊市場止)
11時40分
15時45分 14時00分
--- 15時45分
2016年8月現在

20160902_map

施設案内地図です。屋上に展望広場があるんだって。

訪れた日は、30度を超す真夏日。暑いです。建物内お魚を販売するところが、とても涼しいよ。

という事で、氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」(道の駅氷見)を訪れたレポでした~。

「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街 (道の駅氷見)」 〒935-0011 富山県氷見市北大町25-5 TEL:0766-72-3400 無料駐車場326台 JR氷見線氷見駅から徒歩約21分

2016年9月 1日 (木曜日)

比美乃江公園で、のんびり海を眺める2016。

氷見沖の潮風をのんびりと味わおう。

20160901_park_1

さて、やってきたところは、富山県氷見市にある比美乃江公園です。海岸沿いに整備された公園だ。展望台もあり、芝生広場が広がるよ。

20160901_lake

貯水池がある、水辺広場だ。

20160901_hatoba

港町「氷見」、波止場だねぇ。テトラポットもある。

20160901_park_2

富山湾内という事もあり、波は穏やかだ。

20160901_park_4

海岸線がカーブを描く。

20160901_park_5

いゃあ~穏やか過ぎて静かです。

20160901_park_3

しばし、座って海を眺めていました。海風もGood。先は日本海だ。

20160901_himi_banyagai

隣接して、ひみ番屋街があります。多くの人で賑わっているよ。

20160901_map

比美乃江公園の案内図です。

道の駅氷見・ひみ番屋街に訪れた際に、海を見にこの公園に立ち寄ってみてはいかがかな?。夏の氷見は、30度を超す暑さ。さすがに、昼間は長居するにはちょっと..。熱中症等には注意だ。

という事で、比美乃江公園を訪れたレポでした~。

「比美乃江公園」 〒935-0004 富山県氷見市北大町  ひみ番屋街に隣接 JR氷見線氷見駅から徒歩約23分

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ