« 第18回仁勇蔵祭りに行ってきた2016。 | トップページ | フジハン醤油にて、醤油蔵を見学2016。 »

2016年3月18日 (金曜日)

なんじゃもんじゃの木がある神崎神社を訪れた2016。

国の天然記念物に指定された、なんじゃもんじゃの木があります。

20160315_kouzaki_jinjya

さて、やってきたところは、千葉県神崎町にある神崎神社です。「こうざきじんじゃ」と読む。白鳳時代に大浦沼二つ塚より現在の地に遷座し、明治6年に郷社、大正10年県社に昇格しました。

高台にある神崎神社は町の守護神として鎮座しています。

20160318_keidai

それにしても、大きな木だなぁ。いゃあ~感嘆しますよ。

森に覆われ、静かな空間です。

20160315_nanjyamonjyanoki

拝殿の右隣には、大クスノキがあります。この木は国指定天然記念物「神崎の大クス」です。通称、「なんじゃもんじゃの木」。主幹は明治40年に火災で焼け、高さ7mほどで切断されているが、そのひこばえがよく育ち、樹高20m以上に達している。

20160318_ookusu

延宝2年(1674年)4月、黄門様である水戸光圀公がここを訪れた際、「この木は何というもんじゃろうか」と自問し、感嘆されたという。

それ以来、この御神木は、「ナンジャモンジャ」の名をもって広く知れ渡っている。

木の根を見るだけでも、パワーを授かるような感じです。

20160315_nanjyamon

神崎町PRキャラクター「なんじゃもん」は、なんじゃもんじゃの木がモチーフなのだ。なんじゃもんは、なんじゃもんじゃの木の分身という設定です。年齢はなんと2000歳なんじゃ。

20160318_torii

神崎神社は高台にあります。最初の鳥居からは、階段を登っていきます。

20160318_sandou

一旦降りるが、再び階段を登っていきます。

7000坪あまりの境内は「神崎の森」と呼ばれ、全域が県の天然記念物に指定されています。

20160318_komaininu

凛々しい狛犬さんです。

20160318_haiden

拝殿にて参拝。御祭神は天鳥船命、少彦名命、面足命、惶根命であり、交通・産業守護の神として深く信仰されています。

という事で、なんじゃもんじゃの木がある神崎神社を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、訪れた日は神崎町の最大イベントがここの周辺で開催。そのレポは、「発酵の里こうざき酒蔵まつり2016に行ってきた。」へどうぞ。

「神崎神社」(こうざきじんじゃ) 〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1994 JR成田線下総神崎駅から徒歩約20分

« 第18回仁勇蔵祭りに行ってきた2016。 | トップページ | フジハン醤油にて、醤油蔵を見学2016。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃの木がある神崎神社を訪れた2016。:

« 第18回仁勇蔵祭りに行ってきた2016。 | トップページ | フジハン醤油にて、醤油蔵を見学2016。 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ