« 住宅街の中にある、南院遺跡を立ち寄る2016。 | トップページ | 家康公を祀る仙波東照宮を訪れた2016。 »

2016年1月29日 (金曜日)

駅からハイキング、2016年4月よりリニューアル。駅ハイチャレンジがスタートします。

週末の日帰りウォーキングイベント「駅ハイ」が、今春から装い新たにリニューアル!。

20160129_top_logo

さて、週末ちょっとした運動がてらにウォーキングイベント参加している、JR東日本が主催する「駅からハイキング」。2016年4月から仕組みが新しくなります。

【リニューアルするポイント】

  • ホームページ上で参加履歴と連動した「駅ハイチャレンジ」を実施
  • ホームページを見やすく、検索しやすく統一
  • 会員カード・受付方法・コースの種類を統一
  • その他

平成12年(2000年)から始まった駅からハイキング。17年目の平成28年(2016年)に一新、現状や問題点に対応した形にしたという事か..。

20160129_ekihai_challenge

 『ホームページ上で参加履歴と連動した「駅ハイチャレンジ」を実施』

ホームページには、新幹線路線図が表示される。「東北新幹線・北海道新幹線を歩いたつもり!チャレンジ」と題して、駅ハイで歩いた距離分?を、もし新幹線上を歩いたらどの位置になるか表されるらしい。参加すると距離ポイントのようなものが加算されていくのだろう。距離ポイント2倍・3倍コースが出現する事でしょうね。

獲得した距離数に応じて、賞品を応募できるとの事。2016年度の賞品は以下の通り。

  • A賞 地・温泉ペア宿泊プレゼント [900km] 10組20名
  • B賞 青森県産 お米 青天の霹靂 [500km] 100名
  • C賞 ワンタッチスリムボトル [100km] 1000名

まぁ、当たったらラッキーというレベルだな...。

20160129_kensaku_page

 『ホームページを見やすく、検索しやすく統一』

地図から問い合わせできるのがポイント。スマホ版のホームページも開設されるそうだ。

20160129_kawasakijyou

 『会員カード・受付方法・コースの種類を統一』

ゴールド会員や一般会員という区分の廃止。今後受付分から統一された新カードの配布となるでしょう。

受付にある機器がスマホを使用したシンプルな受付端末になるそうだ。

基本的に予約不要で参加可能になる。現行のように、事前予約が必要なコースや単日開催のコースも一部存続します。

 『その他』

駅ハイポイントの付与廃止。

ゴールド会員特典である、びゅう商品券のプレゼント廃止。

「駅から歩くウォークラリー えきぽ」の廃止。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

基本的に予約がいらないようなので、当日の状況で参加したりできるようだな。しかし、びゅう商品券をゲットする為に、頑張ってポイントを集めていたからなぁ。廃止は残念だよ。

個人的には、期間指定のコースよりは、予約必要の単一日開催の駅ハイが好きだったんだけどな...。コース上の行く先々に地元の人たちのおもてなしがあったりと歩きがいがあったのだが..。これからは、歩くだけのイベントになりそうで、なんかつまんなくなりそうだなぁ。

まっ、興味出そうなコースが開催されるといいですな。

20160305_kaiin_card

で、一般会員に先駆けて、ゴールド会員に向けて、新会員カードが自宅に届きました。これが、4月から使用される会員カードだ。会員番号7桁と照会番号7桁が記載されたカードです。今後はこのカードを使用して受付となります。※今まで使用してきた現会員カード(ゴールド・一般共に)は3月末までの使用となります。ご注意を。

尚、新ホームページは、2016年3月16日(水)オープン予定です。

という事で、駅ハイがリニューアルされるというレポでした~。

« 住宅街の中にある、南院遺跡を立ち寄る2016。 | トップページ | 家康公を祀る仙波東照宮を訪れた2016。 »

JR駅からハイキングねた。」カテゴリの記事

コメント

さかきんぐ様
どうもはじめまして
私もこのJR東日本主催の駅からハイキング(以下駅ハイ)には2005年にデビューしました。今の私の土曜日・祝日はこの駅ハイで過ごしております。
今回の駅ハイリニューアルの件につきましては、本日参加した際、スタート・ゴール地点の某観光案内所にA4のチラシが置いてあったので、それを見て知りました。
駅ハイチャレンジ…おもしろそうですね、今までの歩行距離を東北新幹線・北海道新幹線にたとえるなら、私はどこまで行けるかな?
※ちなみに私はゴールド会員です。

Koiken様

こんばんわ。コメントありがとうございます。

2005年から参加とは、長く続けられているのですね。駅ハイは自分のペースで歩けるので、自分もハマっています。

駅ハイで初めて訪れた場所も多く、新たな発見する事もしばしばです。

今春からスタートする駅ハイチャレンジ。新幹線で距離を表されるようで、スケールの大きい話しだな。1年間でどこまで行けるだろうか?。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 住宅街の中にある、南院遺跡を立ち寄る2016。 | トップページ | 家康公を祀る仙波東照宮を訪れた2016。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ