« 見事な大カヤ、徳星寺を訪れた2015。 | トップページ | 阿弥陀三尊を祀る、小林寺を訪れた2015。 »

2015年7月 1日 (水曜日)

上尾畔吉・諏訪神社を訪れた2015。

ささら獅子舞と万作踊り。地域の民俗文化が受け継がれています。

20150701_suwa_jinjya_1

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある諏訪神社です。春秋の例祭は万作踊りとささら獅子舞でにぎわいます。

20150701_haiden

畔吉は、古くは畔牛・阿世吉とも称した。創建年代は明らかではないが、口碑によれば、当社は元々、江戸期に名主を務めた井原家の氏神であったという。

20150701_tikaraisi

こちらは、諏訪神社の力石。村の力自慢の若者が祭りなどの付属行事として、持ち上げた石を神社に奉納したものです。

20150701_honden

拝殿裏の本殿です。

20150701_sasara

こちらは、ささら獅子舞の案内のチラシ。獅子舞は悪疫退散、風雨順調を願って奉納され、舞の伴奏に竹製のササラを用いることから「ささら獅子舞」と呼ばれています。

20150701_odori

牡獅子を巡って中獅子と王獅子が争い、最後は互いに争いの無意味を悟って和解するという三頭で舞です。

岩槻城主、太田氏房のお抱え獅子と言われ、寛文年間から行われていたと伝えられ、今日では10月中旬の日曜日に諏訪神社境内と地区の壇那寺の徳星寺で執り行われています。昭和53年3月、上尾市指定無形民俗文化財に指定。

という事で、上尾市畔吉にある諏訪神社を訪れたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」に参加してきた(2015.06.07)。」へどうぞ。

「諏訪神社」 〒362-0065 埼玉県上尾市大字畔吉835 TEL:048-781-8942 JR高崎線上尾駅から徒歩約50分

« 見事な大カヤ、徳星寺を訪れた2015。 | トップページ | 阿弥陀三尊を祀る、小林寺を訪れた2015。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上尾畔吉・諏訪神社を訪れた2015。:

« 見事な大カヤ、徳星寺を訪れた2015。 | トップページ | 阿弥陀三尊を祀る、小林寺を訪れた2015。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ