« 中山道の旅籠・武村旅館に立ち寄る2015。 | トップページ | 桶川稲荷神社の大盤石2015。 »

2015年7月 8日 (水曜日)

蔵造りの商家、矢部家住宅を訪れた2015。

桶川宿で現存する土蔵造りの店蔵。

20150708_yabeke_home_1

さて、やってきたところは、埼玉県桶川市にある矢部家住宅です。矢部家住宅は、中仙道に面した土蔵造りの店蔵と、その奥に続く塗屋造りの住居、土蔵造りの文庫蔵、切妻造りの勝手場他の建物で構成されています。

矢部家は屋号を「木半」(木嶋屋半七)といい、主には穀物問屋を営んでいました。また紅花の商いも行い、桶川の稲荷神社境内に残る「紅花商人寄進の石燈籠」(市指定文化財)に刻まれた24人の紅花商人の中に名を連ねています。

20130716_kurazukurisyouka

現存する建物の中で最古のものは中山道から最も奥に位置する土蔵造りの文庫蔵で、棟札から明治17年の建立であることがわかります。この土蔵は、屋根の鬼瓦の上から鋳鉄製の棘状の棟飾りが出ているのが特徴です。これは「烏」または「烏おどし」とも呼ばれ、烏よけと言われていますが、周辺地域でも数少ない珍しい意匠です。

では、ちょっと中を拝見してみよう。

20150708_yabeke_home_2

中山道に面した土蔵造りの店蔵は、矢部家第6代当主の五三郎(安政4~大正9年)が明治38年に建立しました。桁行五間(約9m)、梁間三間、黒漆喰塗りの重厚な構えで、棟札には、川越の土蔵造り商家を多く手がけた職人たちをはじめ、地元の職人たちが名を連ねています。

20150708_setumei

桶川宿で現存する土蔵造りの店蔵はこの矢部家一軒のみとなりましたが、往時の桶川宿の繁栄と賑わいを偲ぶことができる貴重な建造物の1つです。

という事で、矢部家住宅を訪れたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「中山道桶川宿とべに花観賞ハイキング」に参加してきた(2015.06.13)。」へどうぞ。

「桶川市指定文化財 矢部家住宅」 〒363-0016 埼玉県桶川市寿2-1-10 JR高崎線桶川駅東口から徒歩約5分

« 中山道の旅籠・武村旅館に立ち寄る2015。 | トップページ | 桶川稲荷神社の大盤石2015。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵造りの商家、矢部家住宅を訪れた2015。:

« 中山道の旅籠・武村旅館に立ち寄る2015。 | トップページ | 桶川稲荷神社の大盤石2015。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ