« 第34回葛飾菖蒲まつり(水元公園会場)に行ってきた2015。 | トップページ | 旧大塚家住宅を訪れた2015。 »

2015年6月16日 (火曜日)

猫実の庚申塔を訪れた2015。

浦安市内において、青面金剛菩薩を刻んだ庚申塔では最も古いものです。

20150616_kousintou_1

さて、やってきたところは、千葉県浦安市にある猫実の庚申塔です。(ねこざねのこうしんとう)。この庚申塔は、正徳5年(1715年)1月、猫実村の庚申講の信者によって建てられました。

20150616_kousintou_3_2

塔の正面には、邪鬼(たたりをする神)を踏みつけておさえている青面金剛菩薩、庚申の干支にちなんで「見ざる」「聞かざる」「言わざる」の三猿が刻まれています。

20150616_kousintou_2

庚申信仰は、もともと道教(中国の民間信仰から発達した宗教)の三戸説に始まったものです。

この地域では、大正時代には毎月25日が祭礼日とされ、現在でもこの日に病気の回復などが祈願されています。かつては、祭礼の日には、お堂の前の道に露店が立ち並び、多くの参拝客でたいへん賑わったといわれています。

20150616_kousintou_5

お地蔵さまも祀られています。

20150616_setumei

今日でも、先人たちの信仰心が脈々と受け継がれ、この塔は、「猫実の庚申様」として、地域の人々に大切にされています。

20150616_photo

庚申塔の説明付拡大図。

20150616_nekogosai_2

2015年6月7日(日)、第8区自治会集会所にて、「猫五祭」が行われたようです。三世代、絆を深める地域の祭りとの事。

20150616_kousaten

という事で、猫実の庚申塔を訪れたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「青べか物語の浦安 歴史文化ハイキング」に参加してきた(2015.05.30)。」へどうぞ。

「猫実の庚申塔」 〒279-0004 千葉県浦安市猫実4 東京メトロ東西線浦安駅から徒歩約5分

« 第34回葛飾菖蒲まつり(水元公園会場)に行ってきた2015。 | トップページ | 旧大塚家住宅を訪れた2015。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫実の庚申塔を訪れた2015。:

« 第34回葛飾菖蒲まつり(水元公園会場)に行ってきた2015。 | トップページ | 旧大塚家住宅を訪れた2015。 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ