« 西導寺(氏家)を訪れた2015。 | トップページ | 駅からハイキング「いにしえの誘い ~奥州街道と古雛・つるし飾りをめぐる早春のハイキング」に参加してきた(2015.02.28)。 »

2015年4月 2日 (木曜日)

浮島地蔵尊(大中地区)を立ち寄った2015。

洪水による水の進入を防いでくれたお地蔵さまが祀られています。

20150402_ukisima_fudouson_1

さて、やってきたところは、栃木県さくら市にある浮島地蔵尊です。鬼怒川に近い、氏家の大中地区にあります。

20150402_ukisima_fudouson_2

享保8年(1723年)に起きた五十里洪水の時のことです。大中嶋(現大中)にも洪水の濁流が押し寄せて来たが、古くから大中嶋に立っていたお地蔵様が泥水の中に浮いて水の侵入を防ぎました。

助かった村人はこのお地蔵様を「浮島地蔵」とか「いかり地蔵」と呼んで感謝したそうです。

20150402_ukisima_fudouson_3

大中の浮島地蔵の背中には「享保八年みずのとう四月十一日」と彫られています。

鬼怒川に近い大中地域では、浮島地蔵がある所が微高地であるため、近年まで「洪水の時には浮島地蔵の所に逃げなさい」と言われていたそうです。地域の防災の知恵が浮島地蔵の伝説になったのかもしれませんとの事。ほぅ。

20150402_ukisima_fudouson_5

氏家には浮島地蔵尊が2か所あります。ここ大中地区の浮島地蔵尊とは別に、上阿久津地区にある浮島地蔵尊もあります。

ちなみに、上阿久津の浮島地蔵尊は、鬼怒川を石の重いお地蔵さんが流れてきているのを漁師が拾い上げ、安置したとの伝説を持っています。安産や子育てに御利益があるとして、女性に手厚く信仰されました。

20150402_ukisima_fudouson_4

という事で、浮島地蔵尊(大中)を立ち寄ったレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「いにしえの誘い ~奥州街道と古雛・つるし飾りをめぐる早春のハイキング」に参加してきた(2015.02.28)。」へどうぞ。

「浮島地蔵尊」 〒329-1325 栃木県さくら市大中 JR宇都宮線氏家駅から徒歩約21分

« 西導寺(氏家)を訪れた2015。 | トップページ | 駅からハイキング「いにしえの誘い ~奥州街道と古雛・つるし飾りをめぐる早春のハイキング」に参加してきた(2015.02.28)。 »

寺・神社めぐりねた。」カテゴリの記事

さくら市ねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮島地蔵尊(大中地区)を立ち寄った2015。:

« 西導寺(氏家)を訪れた2015。 | トップページ | 駅からハイキング「いにしえの誘い ~奥州街道と古雛・つるし飾りをめぐる早春のハイキング」に参加してきた(2015.02.28)。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ