« 川越まつり会館、見学してみた2015。 | トップページ | 川越椿の蔵、椿の足湯でひと休み2015。 »

2015年2月14日 (土曜日)

ねこまんま焼おにぎりは旨いにゃあ~@かつおぶし中市本店2015。

小江戸川越、蔵造りの街並みで店頭販売する、焼きおにぎりはニャンとも旨し!。

20150214_nakaiti

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある「かつおぶし中市本店」です。小江戸川越、蔵造りの街並みにある鰹節や昆布などを販売するお店だ。いつも、このお店の前には行列ができているんだよね。皆さんのお目当ては、そう、ねこまんま焼きおにぎりだ。

お店の屋根は、ただ今、修繕工事中のようである。

20150214_syouyu2

お店の前で、おにぎりを店頭販売だ。炭火で焼き目を付けていきます。そして、お醤油を塗りつける。見ているだけで、とてもワクワク。

ねこまんま焼おにぎりは、鰹節屋の六代目が考案。炭火で香ばしく焼いてから鰹節と昆布で出汁をとった秘伝のだし醤油を塗り、猫ちゃんが大好きな鰹節をたっぷりとかけて召し上がります。

20150214_katuobusi

こちらは、かつお節です。たっぷりふりかかっているね。おにぎりが隠れるくらいどっさりだ。熱々の三角焼きおにぎり、早速頂きましょう。

20150214_katuobusi2

では、パクッ。ほほぅ~、美味しいにゃ~ぁ。こりゃ、猫ちゃんも喜ぶ味わい?!。丁寧に四番カビまでつけた本枯節の風味。そして、醤油の旨味、表面の焼き目、とても美味だ。

おにぎりのお米は、地元埼玉県産のコシヒカリです。

20150214_iwasi

こちらは、いわしです。片口いわしの頭とハラワタを取り除き丁寧に削ったいわしの削りは、臭みがなくくせになる味わいですよ。鰯節も旨し!。

20150214_syouyu

ねこまんま焼きおにぎりは、かつお(bonito)・いわし(sardine)共に1個220円(税込)です。ふりかける鰹節や鰯節は、店内にて販売もしています。

20150214_setumei

ねこまんま焼きおにぎりの店頭販売は定休日を除く毎日お昼12時より販売開始します。とにかく人気の行列店なので、販売開始12時少し前に並ぶと早くゲットできるかも。数量限定売り切れ終了なので、食べると決めたなら、早めに並ぶ事をお勧めします。

ちなみに、2012年10月20日(土)放送、テレビ東京の出没!アド街ック天国「本川越」で中市本店は第21位にランクインされました。

20150214_kuranomati

小江戸な景観の蔵造りの街並みで、手づくり焼きおにぎりを食べ歩きがGoodかもね。猫まんま焼きおにぎり食べてっ亭♪。

という事で、かつおぶし中市本店のねこまんま焼おにぎりを食したレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。

「かつおぶし中市本店」 〒350-0063 埼玉県川越市幸町5-2 TEL:049-222-0126 10時~19時 焼きおにぎり販売は12時から売り切れまで 定休日:水曜 西武新宿線本川越駅から徒歩約12分

« 川越まつり会館、見学してみた2015。 | トップページ | 川越椿の蔵、椿の足湯でひと休み2015。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 川越まつり会館、見学してみた2015。 | トップページ | 川越椿の蔵、椿の足湯でひと休み2015。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ