« 快速ぶらり川越号に乗車してきた2015。 | トップページ | 川越のお不動様、成田山川越別院を訪れた2015。 »

2015年2月 3日 (火曜日)

川越大師喜多院を訪れた2015。

本日2月3日は節分。ここでも、節分会が行われます。

20150125_kitain

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある喜多院です。天台宗の寺院で、山号は星野山。川越大師とも呼ばれる。参拝客で賑わってますな。

20150203_fukumame_1

毎年2月3日は、喜多院節分会が開催されます。12時から13時30分頃まで行われ、豆まき式は13時20分頃だ。

喜多院では、「福は~内」は言うけど、「鬼は~外」は言わないんだって。鬼は仏の一部だからと考えとの事のようだ。

喜多院の福豆を購入してきました。

20150203_daikokuten

拝殿の裏手には、小江戸川越七福神第三番「大黒天」を祀ります。

20150203_sitifukujin

大黒天は古代インドの神様で、密教では大自在天の化身、生涯の神様です。くろ(黒)くなってまめ(魔滅)に働いて大黒天を拝むと、財宝糧食の大福利益が得られます。

20150203_kyakuden

三代将軍家光公誕生の間や春日局の化粧の間を拝観できます。拝観料は400円。館内写真撮影は不可。

20150203_rakan

こちらは、五百羅漢です。日本三大羅漢の1つ。いろんな表情をした羅漢様がお出迎えだ。

20150203_tahoutou

こちらは、多宝塔です。本瓦葺の三間多宝塔で下層は方形、上層は円形でその上に宝形造の屋根を置き、屋根の上に相輪をのせている。県指定・建造物で見事な建物だ。

20150203_rousyoumon

こちらは、鐘楼門附銅鐘です。国指定重要文化財。上層にある銅鐘を撞いて時を報せ、僧達の日々の勤行を導いたと考えられます。

20150203_cyoukoku

極彩色仕上げの花鳥の彫物を飾ります。見事な出来だなぁ。

20150203_dango_1

境内には川越大師名物「厄除けだんご」が販売しているよ。

20150203_dango_2

厄除けだんご1本購入した。100円。焦げ目が旨し。

20150203_keidai

冬なので木々は枝だけだが、暖かく春になったら、桜が見事でしょうな。

20150203_fukumame_2

喜多院の福豆で、今夜は、自宅で豆まきだな。福は~内!。

という事で、喜多院を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。

「喜多院」 〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1-20-1 TEL:049-222-0859 西武新宿線本川越駅から徒歩約12分 東武東上線・JR川越線川越駅東口から徒歩約20分

« 快速ぶらり川越号に乗車してきた2015。 | トップページ | 川越のお不動様、成田山川越別院を訪れた2015。 »

コメント

喜多院、いつも駆け足で訪れるので
こんなにいい所だとは知りませんでした。
今度ゆっくり行ってみたいと思います。

チョコミィさん、こんばんわ。

川越七福神めぐりで、蔵のまちを含めて川越を満喫してきました。川越はいいところです。

喜多院には、有料ではあるが、家光公誕生の間や春日局の化粧の間を見学ができたり、いろいろな顔を持つ五百羅漢など、見学してみるといろいろと楽しめますよ。

今は寒いので、暖かくなった春の桜の時など、喜多院などの川越めぐりはいかがですか?。

当分の間、川越散策レポが続きます。お楽しみに~♪。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越大師喜多院を訪れた2015。:

« 快速ぶらり川越号に乗車してきた2015。 | トップページ | 川越のお不動様、成田山川越別院を訪れた2015。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ