« 蔵のまち、小江戸川越・蔵造りの町並みを歩く2015。 | トップページ | 川越まつり会館、見学してみた2015。 »

2015年2月12日 (木曜日)

川越のシンボル「時の鐘」を訪れた2015。

時薫るまち川越。川越のシンボルと言えばココだね。

20150202_tokinokane

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある「時の鐘」です。小江戸川越、蔵造りの町並みに建てられている時計台です。川越市指定文化財だ。

川越の観光スポットの1つで、鐘つき通りには多くの人が記念撮影しているな。

20150212_tokinokane_2

大衆演劇一座が”妖艶に”川越市内を人力車に乗ってねり歩き!。劇団京弥の川越おねりだ。時の鐘をバックに記念撮影。江戸だねぇ~。

20150212_tokinokane_1

鐘撞堂とも呼ばれる時の鐘は、3層構造の塔で高さは16m。約400年前の寛永年間に川越藩藩主・酒井忠勝によって建設された鐘楼です。火災によりたびたび焼失しており、現在は4代目である。(改築1894年)。

ちなみに、2012年10月20日(土)放送、テレビ東京の出没!アド街ック天国「本川越」で時の鐘は第9位にランクインされました。

20150125_kangei_3

川越駅のコンコースには、川越市のマスコットキャラクター「ときも」がお出迎えしてくれました。「ときも」の名は、時の鐘(とき)とサツマイモ(いも)を組み合わせたもの。さいたま市・川越市合同観光キャンペーンという事で、さいたま市のPRキャラクター「つなが竜 ヌゥ」と一緒におもてなしだ。

20130217_tokimo1

ときもの頭の上に乗っかっているのが、時の鐘だね。ちなみに、ときもの誕生日は、さつまいもの日である10月13日です。へぇ~。

20150125_tokinokane

現在は、1日4回(6時・12時・15時・18時)に機械式で自動で鐘を鳴らしている。情緒ある鐘の音が、なんとも懐かしく感じる。日本の音風景100選にも選ばれているよ。

川越の時を刻み続ける時の鐘。周辺に響き渡る鐘を音を聴き入り、時を感じてみてはいかがかな?。

という事で、川越のシンボル「時の鐘」を訪れたレポでした~。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。

「時の鐘」 〒350-0063 埼玉県川越市幸町15-7 西武新宿線本川越駅から徒歩約13分

« 蔵のまち、小江戸川越・蔵造りの町並みを歩く2015。 | トップページ | 川越まつり会館、見学してみた2015。 »

川越市ねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越のシンボル「時の鐘」を訪れた2015。:

« 蔵のまち、小江戸川越・蔵造りの町並みを歩く2015。 | トップページ | 川越まつり会館、見学してみた2015。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ