« さわってなでて病気平癒、おびんずる様が鎮座する蓮馨寺を訪れた2015。 | トップページ | 川越ベーカリー楽楽、お店横庭で焼きたてパンを食べる2015。 »

2015年2月18日 (水曜日)

松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山試飲してきた2015。

二年仕込はつかり醤油が作られる醤油蔵を見学してきたよ。

20150218_matumoto_syouten

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある松本醤油商店です。店内には、主力商品である醤油をはじめ、お漬物、たれ・つゆ・ドレッシング、川越名酒鏡山などの販売をしています。

松本醤油商店には、昔から受け継ぐ醤油蔵があり、週末(土日祝)は、1日3回蔵見学会が開催されています。(13時~・14時~・15時~)。参加無料で約20分程の見学。予約不要なので、気軽に参加できるよ。という事で、蔵見学へGo!。

20150218_koujizukuri

こちらでは、麹づくりが行われる。大豆と小麦が醤油の原材料で、それらに麹菌をまき麹を作ります。

20150218_kura2

江戸・天保の時代から受け継ぐ蔵と醤油造りの伝統を守る川越の醤油蔵です。文政13年(1830年)建造で約185年の歴史がある蔵だ。

20150218_kura

杉桶の中で天然醸造による醤油づくりがおこなわれる。蔵の中で菌が生きているので、蔵の拭き掃き掃除は行えない。じっくり手間暇かけて、素晴らしい醤油ができるのだ。

20150218_moromi

時間をかけてつくられた諸味。なんと、貴重な諸味の試食する事ができます。この旨みが素晴らしい~。

20150218_ajikurabe

スタッフの解説による蔵見学は約20分程。この後は、売店へ。ここの醤油の味比べができます。味わいの違いをお試しあれ。

20150218_matuko

TBSテレビ「マツコの知らない世界」で、マツコ・デラックスさんがここの「はつかり胡麻ドレッシング」を紹介。すると、たちまち売り切れになったそうです。発言力、強いねぇ~。

20150218_kikizake_1

松本醤油商店は、小江戸鏡山酒造と併設されています。川越唯一の酒蔵があり、地酒を作っています。その銘柄「鏡山」の利き酒ができますよ。1杯200円。

20150218_kikizake_2

もちろん、頂く~♪。鏡山の純米吟醸を選択。お洒落なガラスグラスに注がれます。では、くぴっ。ぷはぁ~、美味しい。

20150218_kikizake_3

埼玉・川越の地酒「鏡山」。美味しく頂きました。

20150218_ura_tatemono

裏庭にまわってみた。建物、雰囲気あるね。

20150218_kengaku_tirasi

歴史受け継がれる醤油蔵、開始時間にあわせて蔵見学してみると良いですよ。ちょっとした、大人の社会科見学です。

20150218_hatukari_syouyu

お土産は、はつかり醤油です。松本醤油商店のメイン醤油。天然醸造で2年間熟成させた味に深みがある醤油です。旨みと香りがよいので、味わってみてはいかがかな?。

という事で、松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山試飲してきたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。

「松本醤油商店」 〒350-0065 埼玉県川越市仲町10-13 TEL:049-222-0432 9時~18時 年中無休 西武新宿線本川越駅から徒歩約11分

« さわってなでて病気平癒、おびんずる様が鎮座する蓮馨寺を訪れた2015。 | トップページ | 川越ベーカリー楽楽、お店横庭で焼きたてパンを食べる2015。 »

地酒日本酒呑みねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山試飲してきた2015。:

« さわってなでて病気平癒、おびんずる様が鎮座する蓮馨寺を訪れた2015。 | トップページ | 川越ベーカリー楽楽、お店横庭で焼きたてパンを食べる2015。 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ