« 一茶双樹記念館を訪れた2014。 | トップページ | 遊食伊太利庵「丁字屋 栄」にてランチを頂く2014。 »

2014年11月 7日 (金曜日)

浅間神社(流山市)の富士塚を登ってみた2014。

流山富士からの眺めはいかが。

20141107_sengen_jinjya_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある浅間神社(せんげんじんじゃ)です。江戸時代初期創建の流山根郷の神社だ。

20141107_haiden

まずは、拝殿にて参拝。祭神は木花開邪姫命(このはなさくやひめのみこと)。

20141107_fujituka_1

拝殿裏にやってきた。ここには、富士塚があります。

美しい富士山を敬い畏れる人々の思いは強く、古くから信仰の対象となっていた。江戸時代になると、富士山を崇拝する人々が集まって「富士講」をつくり、白衣姿で鈴を振り、六根清浄を唱えて登山し、祈願をしたりした。

富士塚は富士山をかたどって人工的に築いたもので、信仰の対象に、また本物の富士山を遠くから拝む場所にされている。

では、登ってみよう。

20141107_fujituka_2

十合目、頂上に到着。おぉ、少し丘高い感じ~。

この浅間神社の富士塚は、社殿の後ろに溶岩を用いて築かれた大規模なものである。頂上に明治19年の「富士浅間大神」の碑をはじめ、中腹には多くの石造物が建てられて、一合目から二合目、三合目...と頂上に至る「登山道」がつくられています。

この富士塚は、流山市指定文化財となっている。ここの富士塚は「流山富士」とも呼ばれるのかな?。

20141107_fusimi_inari

富士塚の前には、稲荷神社がある。

境内には、不動明王坐像(ふどうみょうおうざぞう)などの石造物やエノキなどの保存樹木があります。7月上旬の土日には、浅間神社大祭が行われるようです。

という事で、浅間神社の流山富士を登ってみたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「「白みりん誕生200年」と流山の歴史散策」に参加してきた。」へどうぞ。

「浅間神社」(せんげんじんじゃ) 〒270-0164 千葉県流山市流山1-154 流鉄流山線流山駅から徒歩約3分

« 一茶双樹記念館を訪れた2014。 | トップページ | 遊食伊太利庵「丁字屋 栄」にてランチを頂く2014。 »

流山市ねた。」カテゴリの記事

寺・神社めぐりねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅間神社(流山市)の富士塚を登ってみた2014。:

« 一茶双樹記念館を訪れた2014。 | トップページ | 遊食伊太利庵「丁字屋 栄」にてランチを頂く2014。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ