« 第4回さいたまTHE(地)スイーツフェアに行ってきた2014秋。 | トップページ | 浅間神社(流山市)の富士塚を登ってみた2014。 »

2014年11月 6日 (木曜日)

一茶双樹記念館を訪れた2014。

旅人でもあった小林一茶は、流山にはよく立ち寄ったようです。

20141106_kinenkan_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある一茶双樹記念館です。江戸時代の俳人・小林一茶と親交があった5代目秋元三左衛門(俳号・双樹)は、みりん醸造で繁栄の基礎を築きました。

入館料は100円。では、入ってみよう。

20141106_kinenkan_2

当時の状況を再現しています。

20141106_niwa_1

幕末に造られた奥座敷(双樹亭)に面し、往時の姿を復元した庭園が見事だ。

20141106_wasitu_1

一度はこういうお屋敷に住んでみたいな。

20141106_wasitu_2

畳の和室は趣きがあります。

20141106_teien_1

晩秋の紅葉は、見事な景観だろうな。

20141106_issa

一茶庵という名の茶室があります。有料で抹茶が頂けます。

一茶と蛙の小さな人形がかわいい。

20141106_siryousitu

2階資料室には、みりん醸造や俳句関係の資料が展示している。

20141106_ryoukin

一茶双樹記念館は、市指定史跡「小林一茶寄寓の地」の保全及び文化の振興を図るとともに、市民の福祉の増進に資するために設置された施設です。

という事で、一茶双樹記念館を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「「白みりん誕生200年」と流山の歴史散策」に参加してきた。」へどうぞ。

「一茶双樹記念館」 〒270-0164 千葉県流山市流山6-670-1 TEL:04-7150-5750 9時~17時 休館日:月曜・年末年始 観覧料:一般100円・小中学生50円 流鉄流山線平和台駅から徒歩約6分

« 第4回さいたまTHE(地)スイーツフェアに行ってきた2014秋。 | トップページ | 浅間神社(流山市)の富士塚を登ってみた2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一茶双樹記念館を訪れた2014。:

« 第4回さいたまTHE(地)スイーツフェアに行ってきた2014秋。 | トップページ | 浅間神社(流山市)の富士塚を登ってみた2014。 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ