最近のコメント

« かしわ市場まつり2014に行ってきた。 | トップページ | 小幡武家屋敷が連なる中小路を歩く2014。 »

2014年10月21日 (火曜日)

雄川堰に沿って、養蚕農家の町並みを散策2014。

小幡城下を貫いている雄川堰の水路は、昔潅漑のほか陣屋や武家屋敷の生活用水としたもので異色である。

20141021_ogawazeki_1

さて、やってきたところは、群馬県甘楽町にある雄川堰です。(おがわぜき)。雄川堰は8代、152年にわたり小幡藩を統治した織田氏が1642年に完成させたとされる水路。

20141021_ogawazeki_2

玉石を積み重ねた構造で、県道下高尾小幡線に沿って現存しており、住民が水を利用できるように所々に洗い場が設けられている。

各所に芋車が設置され、水の流れを利用して、里芋・じゃが芋・人参等の野菜を洗い、毎日の食生活に利用されていたんだそうだ。

20141021_yousan_nouka_1

堰の水は武家屋敷や養蚕農家建造物群が残る小幡地区の町並みの中を網目状に流れ、一部は国名勝の大名庭園「楽山園」にも注ぎ込んでいるそうだ。

20141021_yousan_nouka_2

蔵があり養蚕業として栄えていたのだろう。こういう昔ながらの雰囲気は、残していって欲しいものですね。

20141021_ogawazeki_3

訪れた日は大雨で、増水して水流多し。

現在は、日本百名水選の1つに数えられている。春にはソメイヨシノ56本桜並木が続く。花見に風情があって良さそうな景観だな。

20141021_sinsyuuya

こちらは、お休み処信州屋。時間があったら、ちょっと立ち寄ってみたかったけど..。またの機会に。

20141021_ootemon

大手町交差点に出ると、左手には町営無料お休み処、右手には甘楽町歴史民俗資料館がある。

歴史民俗資料館の建物は、大正15年、製糸工場甘楽社小幡組の繭倉庫として建築されました。町指定重要文化財。

20141021_setumei

雄川堰は名水百選の他、疏水百選や土木学会選奨土木遺産にも選定されている。町指定重要文化財として、これからも残されていくのであろう。

という事で、雄川堰に沿って、養蚕農家の町並みを散策したレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「世界遺産・富岡製糸場と織田家の城下町・甘楽を歩く」に参加してきた。」へどうぞ。

「雄川堰」(おがわぜき) 群馬県甘楽町小幡

« かしわ市場まつり2014に行ってきた。 | トップページ | 小幡武家屋敷が連なる中小路を歩く2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雄川堰に沿って、養蚕農家の町並みを散策2014。:

« かしわ市場まつり2014に行ってきた。 | トップページ | 小幡武家屋敷が連なる中小路を歩く2014。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ