« せしぼんのあんぱんまんを食べ歩き2014。 | トップページ | メタセコイアが立ち並ぶ別所沼公園を訪れた2014。 »

2014年6月 5日 (木曜日)

寅薬師を立ち寄った2014。

浦和区文化の小経。目を治すとして信仰されている薬師堂を訪れました。

20140605_torayakusi1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にある寅薬師です。寅薬師の由来は、徳川広忠が鳳来寺(愛知県)本尊の薬師如来に祈願したところ、天文11年(1542年)寅年、寅刻に家康が生まれ、同時に寺の薬師堂から寅神(真達羅大将)が騒然と消えたという伝説から、鳳来寺本尊を「寅薬師」と呼んだといわれています。子授け、安産の仏として信仰されています。

ここ寅薬師堂は、高野家先祖の重兵衛が江戸時代初期に高野山からお招きし、御倉山にお堂を建て祀りましたが、昭和初期の耕地整理で岸町六間道路の用地となり、この場所へ移転しました。

20140605_torayakusi2

薬師如来は、病気を治癒し、延命・長寿に導く仏でもありますが、『日本霊異記』に、盲目の女性が薬師如来に願掛けをし、目が見えるようになる逸話があることからも、寅薬師は特に目の病を治す仏として信仰されました。

20140605_torayakusi3

めめと書かれた絵馬がいっぱい掛けられているね。眼病平癒・視力回復の祈願です。

20140605_torayakusi4

寅薬師堂の裏手には、小さな神社があります。

石柱の御詠歌には「あさぼらけ とらのかしらにゆめさめて るりのひざしを みるぞうれしき」とあります。またここは、足立十二薬師の十一番礼所でもあり、寅年には御開帳されます。

20140605_torayakusi5

という事で、寅薬師を立ち寄ったレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「浦和のまち ぶらり歩き」に参加してきた。」へどうぞ。

「寅薬師」 〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-9-5 JR浦和駅西口から徒歩約9分

« せしぼんのあんぱんまんを食べ歩き2014。 | トップページ | メタセコイアが立ち並ぶ別所沼公園を訪れた2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寅薬師を立ち寄った2014。:

« せしぼんのあんぱんまんを食べ歩き2014。 | トップページ | メタセコイアが立ち並ぶ別所沼公園を訪れた2014。 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ