« 三郷市わくわくライブラリー(新市立図書館・郷土資料館)に行ってみた2014。 | トップページ | せしぼんのあんぱんまんを食べ歩き2014。 »

2014年6月 3日 (火曜日)

本太観音堂を訪れた2014。

観音坐像と絵馬が奉納されている観音堂。

20140603_motobuto_kannondou1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にある本太観音堂です。本太観音堂には、木造聖観音坐像と連経講絵馬が奉納されていて、市の文化財に指定されています。

20140603_motobuto_kannondou2

【木造聖観音坐像 一躯】 市指定有形文化財(彫刻)

本太観音堂の本尊。総高65.7cmで菩薩形。印は禅定印で蓮台上に結跏跌坐し、法衣の裾は台座正面に長く垂れる。寄木造り、玉眼。南北朝時代の制作と考えられるが、光背等は江戸時代の後補と考えられる。また台座は、他の像のものを転用したものと思われる。

【本太観音堂の連経講絵馬 三面】 市指定有形民俗文化財

  1. 「天保11年の絵馬」...本堂の前で13人の男性が数珠を手に半円を描くように座り、うち右端の2人が大太鼓と小太鼓をたたいているもので、連経講の行われる様子と思われる。
  2. 「明治15年の絵馬」...二代目市川団十郎が初演した「菊重栄景清」の景清の牢破りと思われる。
  3. 「明治36年の絵馬」...一面の額と、宙を飛ぶ経巻、馬に乗る鎧武者である。

これら三面の絵馬は、江戸時代後期から明治末まで、この地で連経(観音経)講が継続していたことを示しており、民間信仰を知るうえで貴重な資料といえる。

20140603_motobuto_kannondou3

という事で、本太観音堂を訪れたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「浦和のまち ぶらり歩き」に参加してきた。」へどうぞ。

「本太観音堂」 〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太2-23-5 JR浦和駅から徒歩約9分

« 三郷市わくわくライブラリー(新市立図書館・郷土資料館)に行ってみた2014。 | トップページ | せしぼんのあんぱんまんを食べ歩き2014。 »

さいたま市ねた。」カテゴリの記事

寺・神社めぐりねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本太観音堂を訪れた2014。:

« 三郷市わくわくライブラリー(新市立図書館・郷土資料館)に行ってみた2014。 | トップページ | せしぼんのあんぱんまんを食べ歩き2014。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ