« 矢板市内を一望できる長峰公園を訪れた2014。 | トップページ | 道の駅やいたで、やいたのりんごソフトクリームを食べる2014。 »

2014年5月18日 (日曜日)

勝海舟が書いた社額がある、塩竃神社を訪れた2014。

拝殿内には、勝海舟が自ら書いた社額が奉納されています。

20140518_siogama_jinjya3

さて、やってきたところは、栃木県矢板市にある塩竃神社です。神社の由来(口伝)によると、製塩に関係のある神社です。

20140518_siogama_jinjya1

古代には矢板市内の塩田、高塩、玉塩(現在は玉田)などに塩水が出て、それを集めて釜で蒸発させ製塩したということです。そこには、現在でも須釜という地名(幸岡と館の川の境付近)残っており、そこに須釜社があったと伝えられています。

これが塩釜神社となり、その後現在地の西方の本社(小字名として残る)に移り、天正8年(1580年)現在地に移転したと言われています。

20140518_siogama_jinjya2

塩竃神社の主祭神は、塩土翁命・武甕槌命・経津主命。

拝殿内には、勝海舟が「塩竃神社」と書いた額が奉納されています。勝海舟は当社を深く崇拝していて、多年の念願を成就する為、病床において社額を揮毫奉献されたとの事。

参拝した後、中に入り勝海舟直筆の社額をしばし眺めていました。

20140518_kesiki

塩竃神社の西側には、田園風景が広がります。田植えが終わった頃でしょうかね。

20140518_setumei

という事で、矢板市にある塩竃神社を訪れたレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、駅からハイキング「新緑の里山 緑豊かな田園風景を歩く」に参加してきた。へどうぞ。

「塩竃神社」(しおがまじんじゃ) 〒329-2123 栃木県矢板市上町6-11 TEL:0287-44-1823

« 矢板市内を一望できる長峰公園を訪れた2014。 | トップページ | 道の駅やいたで、やいたのりんごソフトクリームを食べる2014。 »

寺・神社めぐりねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝海舟が書いた社額がある、塩竃神社を訪れた2014。:

« 矢板市内を一望できる長峰公園を訪れた2014。 | トップページ | 道の駅やいたで、やいたのりんごソフトクリームを食べる2014。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ