« 鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア(JR大宮会場)に行ってきた2014。 | トップページ | 延命寺のムクノキを見に訪れた2014。 »

2014年5月29日 (木曜日)

上を向く神様を祀る、本太氷川神社を訪れた2014。

上を向いている神様はこの神社だけです。

20140529_haiden

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にある本太氷川神社です。「もとぶとひかわじんじゃ」と読む。今から一千有余年前、武蔵荘園時代に奉祀され、神祇管領の奉幣をはじめ室町時代の記録を留める宮殿や、又、江戸初期に修理した旧本殿等の、県指定文化財が鎮座しています。

中世の高塙郷の拠点であり、ふるさとの由緒と文化遺産を伝える、この地方きっての鎮守様です。主祭神は建速須佐之男命。まずは、拝殿にて参拝します。

20140529_kyuhonden_enter

拝殿の左側奥には、旧本殿への入り口があります。先に進むと、...。

20140529_kyuhonden

こちらは、本太氷川神社旧本殿です。埼玉県指定有形文化財(建造物)となっている。この旧本殿には、宮殿(くうでん)と呼ばれるものがあり、宝徳三年(1451)の墨書銘がある。

20140529_uwamukifukutokusin

こちらは、上向福徳神。上を向いている神様はここ本太氷川神社だけなんだそうだ。家内安栄・商売繁盛のご利益が!。ゑびすさまと大黒さまに感謝しましょう。

いろいろと向上しますようにと、お願いしました。明るく日々を過ごしましょう。

20140529_tikaraisi

こちらは、力石。約170km余の、この重い石を村の若者が持ち上げ、競い合ったと伝えられる。江戸時代中頃の年号が刻み込まれている。今はウェイトリフティングの信仰が厚い。

20140529_suejagousiden

こちらは、末社合祀殿。本太に由縁ある境内社。

20140529_syouwa_torii

弥栄(いやさか)三鳥居くぐり「人は祈る事により生かされています。」との事。

①昭和鳥居(東側の赤大鳥居)→②室町鳥居(正面木造赤鳥居)→③明治鳥居(南面石造鳥居)、本太氷川神社では、この順番で参拝をするのが正しいようだ。

こちらが、①東側の赤い鳥居「昭和鳥居」です。

20140529_muromati_torii

こちらが、②正面木造赤鳥居「室町鳥居」です。

20140529_meiji_torii

こちらが、③南面石造鳥居「明治鳥居」です。

20140529_asobiba

境内には子供の遊び場もありますよ。

20140529_komainu

という事で、本太氷川神社を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「浦和のまち ぶらり歩き」に参加してきた。」へどうぞ。

「本太氷川神社」(もとぶとひかわじんじゃ) 〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太4-3-33 TEL:048-885-7412 JR浦和駅東口から徒歩約13分

« 鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア(JR大宮会場)に行ってきた2014。 | トップページ | 延命寺のムクノキを見に訪れた2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上を向く神様を祀る、本太氷川神社を訪れた2014。:

« 鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア(JR大宮会場)に行ってきた2014。 | トップページ | 延命寺のムクノキを見に訪れた2014。 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ