« 日本庭園と八重桜、子持ふれあい公園を訪れた2014。 | トップページ | 矢板で恋チュン!第4回やいた軽トラ市・春を訪れた2014。 »

2014年5月11日 (日曜日)

白井城址を訪れた2014。

白井城は、山内上杉氏の有力な配下で家老職を勤めた長尾一族のうち、白井を本拠とした白井長尾氏の居城である。

20140511_jyousiato

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある白井城址です。利根川と吾妻川の合流点に突き出した台地の先端に自然の要害を利用して築かれた崖端城である。ここには、枡形門があり、太田道灌が指導したとの伝承が残る石垣が現存する。

城址という事で、当時の建造物はこの石垣以外はほぼ現存しない。あったという事だけだ。

20140511_hiroba

15世紀中頃、長尾景仲によって白井城を築かれたと考えられる。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めの際、北条方に属していたので落城。後に、徳川家康の関東入りにしたがい本多広孝・康重が城主(二万石、のち五万石)となり、現在の姿に整備されたと考えられる。

広場があります。ほぼ散りかけであるが、シダレサクラが咲いているよ。

20140511_sasakaku

こちらは、笹郭。

20140511_road6

笹郭からぐるり土塁へ向かう遊歩道がある。

20140511_road4

ウッドチップを埋めているのかな?。ふかふかな感触の歩道だ。

20140511_road5

細い道になってきた。気を付けながら、まっすぐ歩く。昨年訪れたときは、ここに大きな木があったのに...。伐採されていたな。

20140511_dorui

土塁に到着。先に見えるのが本丸石垣だ。

20140511_sidarezakura

うっすら花びらが残るだけ。散りかけの枝垂桜ですな。

20140511_nagame2

崖上にあった白井城。ここからの眺めは良いぞ。下は吾妻川が流れ、先は渋川市市街地、そして、奥には榛名の山々が見えるね。

20140511_kitanotoogamae

こちらは、北遠構。源空寺付近にあります。

北遠構の石碑から白井城址本丸まで歩いてみましょう。

20140511_kitakaku

この付近に北郭があり。

20140511_sannomaru

この付近に三の丸があり。

20140511_ninomaru

この付近に二の丸があり。

20140511_honmaru

そして、本丸です。

20140511_fukugenzu

白井城復元図です。昔はこんな感じだったようです。

20140511_setumei

白井城址案内板。説明文を読みながら、お勉強。

20140511_road1

では、白井城址から三日月掘を経由して白井宿通りへ降りていきます。

20140511_road2

森の小路いいね。三日月堀と言うので、当時は堀になっていたんでしょうね。

20140511_taikaku

こちらは、帯郭。

20140511_road3

森の中の散策。散歩にもいいよ。

20140511_nagame1

下へ降りる階段を進むと、白井宿通りにぶつかります。

20140511_siroijykudouri

白井宿通りに着きました。白井城址~白井宿通り間は徒歩約8分。雰囲気ある建物に、八重桜が咲いているね。

20140429_gyouretu2

訪れた日は、武者行列が行われていました。白井長尾手作り甲冑隊が白井宿通りを練り歩く。お馬さんも登場だ。

という事で、白井城址を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、今回ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた(2014.04.27)。」へどうぞ。

「白井城址」(しろいじょうし) 〒377-0204 群馬県渋川市白井

« 日本庭園と八重桜、子持ふれあい公園を訪れた2014。 | トップページ | 矢板で恋チュン!第4回やいた軽トラ市・春を訪れた2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白井城址を訪れた2014。:

« 日本庭園と八重桜、子持ふれあい公園を訪れた2014。 | トップページ | 矢板で恋チュン!第4回やいた軽トラ市・春を訪れた2014。 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ