« 臨時駅、偕楽園駅を下車してみた2014。 | トップページ | 陰から陽へ、偕楽園の歩き方2014。 »

2014年3月28日 (金曜日)

第118回水戸の梅まつりに行ってきた2014。

偕楽園の梅祭りに行ってきたよ。

20140328_higashimon

さて、やってきたところは、茨城県水戸市にある偕楽園です。現在、第118回水戸の梅まつりが開催中だ。綺麗に咲き誇る梅を見に、多くの人たちが訪れているね。

偕楽園駅から坂道を登っていくと、偕楽園東門に到着する。では、入りましょう。入園無料です。

20140326_ume

国指定史跡、及び、特別名勝である偕楽園は、岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並んで日本三大名園の一つに数え上げられている。

偕楽園には、100種3000本の梅が植えられている。園内の梅は、ほぼ満開ですな。見事です。

20140326_ume2

白い花びらが光を通す。うむ、美しい。そして、梅の香りがいい感じだ。

でも、まだ蕾の状態も少しあり、まだ数日は楽しめそうだな。

20140328_ume1

枝垂れ具合も見事なものだなぁ。

20140328_ume2

いろんな品種の梅があるので、よ~く見てみると、違いに気付くと思う。

20140328_ume3

梅林の中は、遊歩道が整備されているので、歩きまわってみても、散歩のように楽しめるね。

20140328_ume4

梅の花びら、見ているだけでも、うっとり。

20140328_mito_cyan

こちらも、うっとり?!。おっ、水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」がいるぞ。さらに、両脇には、水戸の梅大使のお2人が記念撮影に応じています。観光客との写真撮影に行列ができている...。

20140328_post_card

別会場にて、2014年の水戸の梅大使、集合写真のポストカードがもらえました。昭和38年、初代水戸の梅むすめが登場してから、2014年水戸の梅大使で第52代目となります。

20140328_sakon_no_sakura

偕楽園は日本庭園としても名高い。ちょいと園内をぶらり。こちらは、左近の桜。(さごんのさくら)。ヤマザクラの一種の白山桜で、幹の周囲は3.84m、高さは約16mです。

20140328_senekidai

こちらは、仙奕台。(せんえきだい)。「奕」は囲碁を意味し、四方を眺め湖上から吹き上げる涼風を受けながら碁や将棋などを楽しんだところです。

20140328_nagame

先は千波湖が見える風景。高台にある偕楽園からの眺めはいいね。

20140328_nagame2

斜面にも梅の花が咲き誇り、湖の青色と梅の白色と映えるね。

20140328_hiroba

青空広がり、とても暖かな日になりました。見晴広場には、のんびり座ってお弁当など食べているね。

20140328_map

偕楽園の地図です。線路(常磐線)の南側にも、梅林が広がるんだよね。結構広いぞ。

20140328_poster

さすが、水戸・偕楽園の梅ですな。天気も良く、梅見日和でした。偕楽園は、陰の世界から陽の世界へと味わえる空間がある。という事で、偕楽園・後半レポはまた明日~。

ちなみに、偕楽園訪問関連レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「第118回水戸の梅まつり」 開催日:2014年2月20日(木)~3月31日(月) 会場:偕楽園(茨城県水戸市常磐町1)・弘道館公園 入園無料 本園開園時間:6時~19時 年中無休

« 臨時駅、偕楽園駅を下車してみた2014。 | トップページ | 陰から陽へ、偕楽園の歩き方2014。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第118回水戸の梅まつりに行ってきた2014。:

« 臨時駅、偕楽園駅を下車してみた2014。 | トップページ | 陰から陽へ、偕楽園の歩き方2014。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ