« 蝋梅咲き鯉泳ぐ天然寺を訪れた2014。 | トップページ | 松本醤油商店で醤油蔵を見学してみた2014。 »

2014年2月16日 (日曜日)

お芋風味サイダー「サイモー」を飲んでみた2014。

小江戸川越のお土産にサイダーはいかがかな。

20140216_cimor1

さて、川越を訪れた際、お土産を購入してきました。川越にある会社が販売した炭酸飲料3本です。その中でも、お目当ての商品はコレだー。そう、「サイモー」です。210円。開運堂が販売するこのサイダーは、川越の特産・さつまいもの風味がするのだ。サイモーという名は当然ながら、サイダーと芋を組み合わせた造語だ。一度は味を試したくなる1品だね。

20130215_saimooo2

かわいイモん...だって。

時の鐘・蔵のまちがパッケージにデザインされているので、ご当地お土産にはバッチシ。では、飲んでみよう。キャップを開けると、....。うわ~~~~、大量に吹きこぼれた...。しくしく。テーブルや床を拭き掃除...。

気を取り直して..。頂きます。ゴクッ...。ゲップ..。ものすごい芋の香料がします。芋焼酎のもわっとした味わいが、風味として再現されている。味は若干微妙な感じで好き嫌いわかれそうだが、芋好きにはたまらないかも。でも、飲みやすくなっているよ。お土産・話のネタにいかがかな。

20140216_cyapper

他にも、川越のご当地サイダーが販売していたので、ついでに購入してみた。これは、「妖怪炭酸チャッパー」です。280円。十吉という会社が販売。お茶屋さんでしょうか。これまた、蔵のまち・時の鐘をバックに河童?がデザインされているパッケージ。怪しげな感じはするが、JAPANESE TEA SODAと書かれているように、お茶のサイダーです。では、ゴクッ。うむ、飲みやすい。サイダーに抹茶をかき混ぜた感じだね。

あと、もう1本は、アライという会社が販売する「蔵の街さいだぁ」です。210円。松本醤油商店と山本商店と共に共同で作られた昔懐かしいサイダーだ。川越の銘酒「清酒鏡山」と同じ仕込み水を使用し、果糖やブドウ糖は一切使わず、上質のグラニュー糖にこだわった味わいだ。

20140216_koedo_kurari

本川越駅から徒歩3分程のところにある、小江戸蔵里(こえどくらり)。川越市の物産等を楽しめる施設です。

20140216_meijikura

小江戸蔵里の中の施設の1つ、こちらは、おみやげ処明治蔵です。川越のお土産物が集まったショップだ。ここで、今回購入したサイダー3本をゲットしたのだ。

という事で、川越のご当地サイダー、「サイモー」・「妖怪炭酸チャッパー」・「蔵の街さいだぁ」を飲んでみたレポでした~。

ちなみに、過去に公開した記事は、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加レポートは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた。」へどうぞ。

「小江戸蔵里」(こえどくらり) 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-10-1 TEL:049-228-0855

« 蝋梅咲き鯉泳ぐ天然寺を訪れた2014。 | トップページ | 松本醤油商店で醤油蔵を見学してみた2014。 »

飲み物ねた。」カテゴリの記事

川越市ねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お芋風味サイダー「サイモー」を飲んでみた2014。:

« 蝋梅咲き鯉泳ぐ天然寺を訪れた2014。 | トップページ | 松本醤油商店で醤油蔵を見学してみた2014。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ