« 千葉公園のアガパンサス2013。 | トップページ | 千葉神社の七夕飾り2013。 »

2013年7月18日 (木曜日)

千葉公園のわずかに咲く大賀ハス2013。

2000年の時を超えて咲いた古代ハスです。

20130718_oogahasu1

さて、やってきたところは、千葉県千葉市中央区にある千葉公園・ハス池です。ここで、「千葉公園大賀ハスを観る会」が開催されていました。千葉公園のハス池には、時期になると大賀ハスが咲き誇ります。このピンク色の色付き合いが見事です。綺麗ですなぁ。

20130718_hasuike

イベントが開催されているという事もあって、ハス池周辺には多くの人が訪れています。しかし、...。

肝心の大賀ハスの花はピークを過ぎてしまっていて、緑色の葉だけが埋め尽くす状態だ。というか、ほとんど花が咲いていない。

例年は6月下旬~7月中旬が開花時期なのだが、今年は暑い日が続いたからだろうか、約2週間程ピークが早まってしまった。ちなみに、2013年度の開花のピーク日は6月17日だったとの事。(例年は7月初め頃がピーク)。

20130718_oogahasu2

それでも、ちょこんと花が咲いているところには、写真撮影で人だかり。

ハスの花は開花して3日後に散ります。開花して2日目と3日目の朝が最高な見頃のようだ。

20130718_hasuike2

大賀ハスは千葉市検見川(現花見川区)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代ハスの実から発芽・開花した古代ハスの事。大賀一郎博士が発掘した実から開花に成功した為、博士の姓をとって命名された。

20130718_wadaiko

ステージでは、日本太鼓・和太鼓の演奏がありました。

20130718_tihanacyan

おっ、「ちはなちゃん」がいます。千葉市の都市イメージ「花の都・ちば」を推進する「花のあふれるまちづくり」のシンボルキャラクターです。大賀ハスの妖精をイメージしているとの事。魔法のステッキを使って、魔法が使えるんだって。

ちなみに、大賀ハスは千葉県の天然記念物であり、千葉市の市花にもなっています。

20130718_ensyujyo

ここ千葉公園の戦前は、鉄道第一連隊演習所であった。旧陸軍の演習所で、架橋工事訓練やトンネル工事訓練や爆破訓練等、鉄道を専門とする部隊でした。公園内にはその名残がいくつか残されています。ハス池に隣接して、この橋桁が残されています。

20130718_monorail

綿打池からは、千葉モノレールが眺められます。2両編成ですね。千葉モノレールは、懸垂式モノレールとしては世界最長の総営業距離(15.2km)を誇ります。

20130718_poster

イベントには、ハスの葉でお茶・お酒を楽しむ「象鼻杯」(ぞうびはい)というのがあるらしい。(先着順整理券配布)。お酒ってどんな味なんだろうなぁ?。

という事で、千葉公園大賀ハスを観る会立ち寄りレポでした~。

ちなみに、千葉公園内では他の花も見頃を迎えていました。その記事は、「千葉公園のアガパンサス2013。」へどうぞ。

「千葉公園大賀ハスを観る会」 2013年7月6日(土) 8時~11時 千葉公園「蓮華亭・ハス池」 (千葉県千葉市中央区弁天3-1)

« 千葉公園のアガパンサス2013。 | トップページ | 千葉神社の七夕飾り2013。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉公園のわずかに咲く大賀ハス2013。:

« 千葉公園のアガパンサス2013。 | トップページ | 千葉神社の七夕飾り2013。 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ