« 氷川天満神社を訪れた2013。 | トップページ | 快速一村一山号に乗車してきた2013夏。 »

2013年7月13日 (土曜日)

中山道の旅籠・武村旅館に立ち寄る2013。

桶川宿の旅籠が現在も残されています。

20130713_takemura_ryokan1

さて、立ち寄ったところは、埼玉県桶川市にある武村旅館です。昔の雰囲気を出す建物ですね。

桶川宿には、大名や公家などの宿泊施設である本陣、脇本陣のほかに、中山道を往来する一般庶民の宿である旅籠(はたご)が数多くあった。その数は、江戸時代末期の天保年間(1840年頃)には、36軒を数えたという。

20130713_takemura_ryokan2

この武村旅館は、宿場町当時の旅籠の姿を今にとどめる貴重な建物である。

皇女和宮が中山道を下向した文久元年(1861年)には、ここで紙屋半次郎が旅籠を営んでいた。当時の間取りは現在もほぼ引き継がれています。

20130713_takemura_ryokan3

ちょっと中に入ってみた。入口の部分だけ、ちょっと雰囲気を味わってみました。現在は、ビジネス旅館として営業しています。

貴重な建物であり、国登録有形文化財(建造物)に認定されています。

20130713_hatago

という事で、中山道の旅籠・武村旅館立ち寄りレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのルートコース上であった為。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道桶川宿とべに花観賞ハイキング」に参加してきた。」へどうぞ。

「武村旅館」 〒363-0015 埼玉県桶川市南1-8-8 TEL:048-771-1032

« 氷川天満神社を訪れた2013。 | トップページ | 快速一村一山号に乗車してきた2013夏。 »

桶川市ねた。」カテゴリの記事

コメント

旅籠ですか! 
レトロで良い感じだね♪ 
部屋を覗いてみたい^^; 
さかたんなら、お酒を頼みそうだよね( ´艸`) 
牛さん、今夜は鷹さんに快勝でしたよ♪ 
このまま、ずっと負けなきゃいいのに!( ̄∇ ̄;) 
引き分けばかりでも困るけど・・・( ̄。 ̄;)

響さん、こんばんわ。

中山道桶川宿の通りは、こういう建物が多く残っていて、雰囲気があるよ。その中で、この武村旅館はほぼそのままの姿が残されている貴重な建物。

こういう旅館で1泊してみるのも良さそうだね。熱燗頂きたいです~。

牛さん結構いい状態だと思うんだよね。あっ、今日も勝って5位浮上したね。(ハムさんも負けたら一気に4位浮上!!)。明日も勝って5割復帰だ!。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山道の旅籠・武村旅館に立ち寄る2013。:

« 氷川天満神社を訪れた2013。 | トップページ | 快速一村一山号に乗車してきた2013夏。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ