« 万華鏡ギャラリー寺田園茶舗見世蔵を訪れた2012。 | トップページ | 東福寺を訪れる2012。 »

2012年5月14日 (月曜日)

一茶双樹記念館を訪れた2012。

俳人小林一茶寄寓の地を訪れてみました。

20120514_kinenkan

多く旅していた小林一茶がよく訪れた場所の1つがここ流山。訪れた一茶双樹記念館は、その保全や文化の振興を図るために設置された施設です。

みりん業を営んでいた建物は、安政年間(19世紀中頃)のもので、それを解体修理し、茶会・句会等に利用できる双樹亭及び往時を偲ばせる主庭を中心に、商家を再現し、みりん関係資料などを展示する秋元本家、茶会・句会等に利用できる一茶庵から構成されています。

施設の名前は、小林一茶とみりん醸造創設者の一人、秋元三左衛門(俳号双樹)の名からつけられている。では、早速入ってみよう。入館料100円です。

20120514_teien2

この建物は、双樹亭です。お茶会があるのかな?。

20120514_teien

枯山水となる庭園。見事ですなぁ..。

20120514_chii_sanpo

この施設には、ちい散歩の地井武男さんがロケで訪れたそうですね。

一茶が流山を訪れて、いっぱい俳句を詠んだんだろうなぁと思いながら、施設内ぐるり見学してきました。

「一茶双樹記念館」 〒270-0164 千葉県流山市流山6-670-1 TEL:04-7150-5750 9時~16時50分 休館日:月曜 入館料:100円

« 万華鏡ギャラリー寺田園茶舗見世蔵を訪れた2012。 | トップページ | 東福寺を訪れる2012。 »

流山市ねた。」カテゴリの記事

社会科見学ねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一茶双樹記念館を訪れた2012。:

« 万華鏡ギャラリー寺田園茶舗見世蔵を訪れた2012。 | トップページ | 東福寺を訪れる2012。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ