« 戸田ボートコース(戸田漕艇場)を歩く2012。 | トップページ | 駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた(2012.02.18)。 »

2012年3月16日 (金曜日)

新曽氷川神社を訪れた2012。

ボートのまち戸田を歩いています。珍しい柿の木があるという神社に立ち寄った。

20120316_jinjya1

さて、訪れたところは、埼玉県戸田市にある新曽氷川神社です。鳥居の右側にある1本の木が、その柿の木です。

20120316_jinjya2

まずは、拝殿にて参拝。

新曽氷川神社の創立は永享元年(1429年)と伝え、古くから旧新曽村の鎮守として祀られてきました。祭神は素盞嗚命、奇稲田姫命ほか四柱です。

20120316_meotogaki1

鳥居の右隣にある高さ10mを超える大きな柿の木は、俗に「夫婦柿」(めおとがき)と言われます。戸田市の指定文化財(天然記念物)に指定されています。

20120316_meotogaki2

夫婦柿は、1本の木に雌型(丸形)と雄型(細形)の柿が実る珍しいものです。柿は雌雄異花といって1本の木に雌花と雄花とができて受粉し、雌花に結実するようになっていますが、この夫婦柿は雄花にも実が成るものです。雄花の結実は、退化したはずのめしべが突然変異によって不完全ながらその役を取り戻したためと考えられています。

この夫婦柿は、市内ではここにしか見られないそうだ。

夫婦柿にちなんで、夫婦守というお守りの販売されています。末永い幸せと健康・長寿・無病息災がもたされるよう祈願しているそうだ。ご家族どなたでも御利益があるとの事。

20120316_omikuji1

おぉ、おみくじがありますね。1回50円と珍しくリーズナブル。

せっかくなので、ひいてみたよ。えぃっ。

20120316_omikuji2

じゃん、おみくじです。さっ、開いて運勢を見てみると...。「小吉」でした...。う~ん。

訪れたのは2月なので柿の実は成っていなかったが、珍しい柿の木を見てここをあとにしました。

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。

「新曽氷川神社」 〒335-0027 埼玉県戸田市氷川町2-12-9 TEL:048-443-9448

« 戸田ボートコース(戸田漕艇場)を歩く2012。 | トップページ | 駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた(2012.02.18)。 »

寺・神社めぐりねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新曽氷川神社を訪れた2012。:

« 戸田ボートコース(戸田漕艇場)を歩く2012。 | トップページ | 駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた(2012.02.18)。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ