« 若泉公園に立ち寄る(2012年1月)。 | トップページ | 旧本庄商業銀行煉瓦造倉庫を訪れる2012。 »

2012年2月10日 (金曜日)

本庄宮本・蔵の街を訪れた2012。

本庄市内、旧中山道をてくてく歩く。昔ながらの街並み面影が少し残っていますね。

20120210_ichinokura

さて、訪れたところは、「本庄宮本・蔵の街」です。元々酒卸売「小森商店」があったのだが、平成21年(2009)に閉店された。開店は明治43年と、歴史的に貴重な蔵づくりの建築物群があり、保存目的として残される事になったようです。

ここには、1年ぶり2度目の訪問だ。ちょいと立ち寄ってみましょう。

道路沿いに面して建つ建物は、「一の蔵」です。ちょっと中を伺ってみると、...。

20120210_tosyoshitsu

小さな部屋があり、図書室?のようである。

20120210_ninokura

手前の白い建物が、「二の蔵」です。醤油や味噌等の保管蔵だったそうです。

20120210_ninokura2

現在、この二の蔵では、カフェ屋さんになっています。

20120210_menu

コーヒーや紅茶、ビール・焼酎・日本酒などの飲み物があり。食べ物は、日替わりごはんの他、ベーグルサンドや本庄郷土料理つみっこ、カレー、デザートがある。

お店の名前は、「CAFE NINOKURA」。月・火・水は11:00~18:00、金・土は11:00~21:00、日・木は定休日(イベント時は営業、振替休日有)である。

20120210_hataoriki

二の蔵の2階を見学してみた。織物の展示でしょうか。

20120210_ninokura3

いい雰囲気ですね。

20120210_sannokura

そして、こちらは、「三の蔵」です。大正10年に完成した建物。現在は、「本庄赤煉瓦ホール」として利用されている。

20120210_sannokura2

本庄赤煉瓦ホールは、煉瓦の魅力ある空間の中で、小コンサート、美術展、サークル等の会議やパーティーなど、いろんな利用が可能のようです。平成22年(2010)9月にオープンされました。

ちょっと中に入ってみましょう。

20120210_rikusensya

こちらは、世界最古の自転車「陸船車」を復元されたものです。享保14年(1729)、本庄に住んでいた庄田門弥が発明、時の将軍吉宗に上覧されました。

全長約2.7mで、船型の四輪車。記録が残っている自転車機能で世界最古らしい。

20120210_map

旧小森商店があった場所を、本庄宮本・蔵の街として、現在、「一の蔵」・「二の蔵」・「三の蔵」と3つの蔵が残されている。歴史的建造物なので、大事に残していって欲しいものですね。

20120210_beer

お土産に、本庄赤煉瓦ホール地ビールを購入しました。早速、頂きま~す。ぷはぁ、美味しいです。

20120210_riyou_annai

赤煉瓦蔵の雰囲気を味わって、ここをあとにしました。

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。

「本庄宮本・蔵の街」 埼玉県本庄市千代田4-2-4

« 若泉公園に立ち寄る(2012年1月)。 | トップページ | 旧本庄商業銀行煉瓦造倉庫を訪れる2012。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本庄宮本・蔵の街を訪れた2012。:

« 若泉公園に立ち寄る(2012年1月)。 | トップページ | 旧本庄商業銀行煉瓦造倉庫を訪れる2012。 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ