« 道の駅オアシスなんもくに立ち寄る2011。 | トップページ | 三郷駅のキオスクが工事中?閉店?。 »

2011年9月 2日 (金曜日)

線ヶ滝を訪れた2011。

楽しみにしていた場所へ訪れました。秘境ですな。

20110902_sengataki01

群馬県道201号星尾羽沢線をずんずんと上っていきます。すると、群馬県南牧村星尾地区に、「線ヶ滝」があります。南牧村にある滝「南牧三名瀑」の1つです。初めて訪れてみたよ。

道路沿いの休憩小屋があるところから見た眺め。結構高さのある滝だね。 

20110902_houkou_annai

滝壺へ徒歩2分と書かれた看板があり。ここから、下へ降りて行くと滝壺に行けます。では、早速行ってみよう。

20110902_hodou

雨で地面がぬかるんでいる。足場が悪く滑りやすいので注意が必要だ。

20110902_sengataki02

中間地点まで降りてきました。おぉ、すごい!。滝の高さは約35m。線のように流れ落ちる事から線ヶ滝と名付けられた。

20110902_sengataki03

中間地点から滝壺へは、鉄の螺旋階段を降りて行く事になります。高さがあるので足がガクガク。勇気振り絞って、手摺りにしっかりつかまりながら1歩ずつ降りていく。

20110902_sengataki04

滝壺に到着。もう目の前が、滝が水面に落ちるところ。目の先4~5mくらいだろうか。間近だ。水しぶき、いいねぇ。いゃあ、すご~い。

20110902_sengataki05

ぐぉーっ、一直線に落ちる直瀑が心躍るね。優美な滝だ。数日前からの雨の影響だろうか。かなり水量が多いと思う。細い線のようなイメージを思っていたが、この日は太線だ。

ちなみに、この滝は四季を通してとだえることがないそうです。

20110902_sengataki07

滝壺にて、目を閉じて深呼吸。はぁ~~、ふぅ~~。マイナスイオンたっぷり浴びるぞ。

やっぱり、このグォーーっという滝の落ちる音。滝に来たーという気分です。

20110902_sengataki06

落ちてきた滝は、両側の岩壁の間をすり抜け、星尾川へ流れていきます。

ここの滝壺には、狭いエリアの岩場スペースがある。ここで滝を眺める訳だが、狭いので多くて5~6人くらいしか滞在できないだろう。しかも、この岩場かなり滑りやすい。移動するにも細心の注意が必要です。

20110902_kaidan

もう一度、滝をしっかり眺め、呼吸して、マイナスイオンゲットして戻る事にした。

鉄の階段を登っていきます。これも足場滑るんだよね。登りもビクビクしながらゆっくり上へあがったよ。

20110902_setsumei

線ヶ滝は、群馬県指定天然記念物及び名勝となっています。(2008年3月27日に指定)。説明案内の写真では、細い滝だな。普段はこんな感じだと思うが。

ちなみに、ここでは山奥なので私の携帯電話は圏外です。

20110902_kangei

西上州へようこそ!と歓迎の幕があり。いゃあ、いいところ訪れたよ。滝壺近いところから眺められる線ヶ滝。心洗われる素晴らしいスポットですね。

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベント(駅からハイキング)のコースルート上であった為。その時の記事は、「駅ハイ「西上州の秘境「南牧村」滝めぐり」に行ってきた(2011.08.21)。」へどうぞ。

「線ヶ滝」 群馬県甘楽郡南牧村星尾 群馬県道201号星尾羽沢線沿い 道路沿いからでも少し見える そこから滝壷へは徒歩約2分

« 道の駅オアシスなんもくに立ち寄る2011。 | トップページ | 三郷駅のキオスクが工事中?閉店?。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 線ヶ滝を訪れた2011。:

« 道の駅オアシスなんもくに立ち寄る2011。 | トップページ | 三郷駅のキオスクが工事中?閉店?。 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ