« 自転車通勤、土手のサイクリングロードを快走する。 | トップページ | 冬の湯野上温泉駅(日暮れ前イルミネーション編)。 »

2011年3月20日 (日曜日)

新幹線遅延で特急料金の払い戻しに行ってきました。

会社で交通費の申請したところ、「料金の払い戻しは受けていないの?」と聞かれた。出張で名古屋から東京へ新幹線で帰る際、大幅な遅れで到着した。なので特急料金が戻ってくるよと教えてもらいました。

そこで、列車の遅れによる料金の払い戻しについて調べてみた。まずは、遅れた列車の状況は以下の通り。

20110320_shinkansen

名古屋駅14時10分発のぞみ122号に乗車。走行中、地震による停電で緊急停車。運転見合わせが続き、その後運転再開したものの、東京駅には予定では15時53分着だったが22時02分に到着。なんと、6時間9分の遅れとなった。

そこで、JR東海のホームページにて列車の遅れによる払い戻しを調べてみた。「事故などの場合の取り扱い」を参照。すると、特急・急行列車が、到着時刻より2時間以上遅れた場合は、特急・急行料金の全額をお返しします。と、書かれている。おっ、条件クリアだ。

払い戻し方法を調べる為、JR東海テレフォンセンターに問い合わせてみた。すると、乗車した特急券との引き換えに駅窓口にて払い戻ししますとの事。

もし特急券が無かった場合を尋ねると、到着駅で発行された遅延証明書があればと言われた。(そんな証明書もらってないよぉ。到着駅の窓口は混雑していたし..)。領収書やクレジット支払書ではダメとの事。

自動改札機を通ったから切符が無いかもと伝えたら、2時間以上遅れた列車の切符の時は、改札機から切符が出てくるとの事。その切符に「遅払」の印字がされていると言われました。

あと、払い戻し場所を尋ねると、JRの駅窓口で対応との事。JR東海に関わらず、JR東日本などJR各社の駅で駅員がいればどこでも対応可との事。極端な話、JR北海道やJR九州などの駅でも取り扱ってくれるという事だね。

そうしたら、何が何でも特急券切符の捜索だ。

すると、家のデスク上にありました。捨ててなくて良かったよ..。

20110320_kippu

で、対象となる特急券を見てみると...。おぉ、切符に赤色で入退場記録が印字されている。「13:58 名古屋 入」、「22:06 東京 遅払●」。●印はなんて印字されているか不明。とにかく、「遅払証」と印字されているよ!。おっ、これで証明になるのかぁ。

20110320_cibarai

次の日、最寄りの駅でこの特急券だけを渡したら、「遅払証」と「特急料金」の印字を確認し、すぐに現金で払い戻しを受けられた。書面に記入したり、身分証明書の提示は求められなかった。あっさりと、特急料金4690円を渡されたよ。手数料は無し。切符はクレジットカードで購入したが、現金で返金された。ちなみに、乗車券は払い戻し対象外である。

遅延による特急料金の払い戻しは1年間有効です。遅れた当日は窓口が混雑しているので、落ち着いた頃最寄りの駅で払い戻しをすると良いでしょう。今回は、指定席だったので、列車の特定が可能だったが、自由席の場合は列車の特定ができないので、到着駅で遅延証明を受け取る必要があるでしょうね。(おそらく...)。

JR線の急行・特急・新幹線は2時間以上の遅れで、料金の払い戻しになるが、京成スカイライナーや西武レッドアロー、小田急ロマンスカー等、私鉄線の特急は1時間以上の遅れで料金の払い戻しになるようです。

遅延した時、車内放送では遅延のお詫びはあるものの、料金の払い戻しの案内は全く無いんですよね。だから、知らないでそのまま払い戻ししない人も多いのでは。あと、遅延時の特急料金が払い戻しされるのを知っている人は、すぐ到着駅の窓口に並ぶのだが、実は、自動改札機を通すと、「遅払」と印字されて切符が出てくるというのは意外と知られていないかも。後日最寄り駅で払い戻しができるのを知っていれば長い時間払い戻しの為に並ばすに済むと思う。同じように、遅延証明書をもらう為や、遅延のスタンプを押してもらう為に長時間並ぶ必要がないという事。自動改札機にて特急券切符に「遅払証」の印字をしてくれますよ!。

ちなみに、この日は、東日本大震災の影響で、首都圏のJR線、私鉄線が全面ストップとなってしまった。(一部の地下鉄や私鉄が運転再開し始めたが..)。東京駅に着いたはいいものの、ここからどうやって帰るか。高速道路もダメで道路は大渋滞。結局この日はここから帰宅ができず、夜を明かして翌日夕方に帰宅できた。その時のレポは「帰宅難民でした...。」へどうぞ。

今回の払い戻しで、2時間以上遅れたら自動改札機から切符が出てくるという大きな発見をしたよ。しかも、「遅払証」と印字してくれます。という事で、遅延時の新幹線特急料金払い戻しレポートでした。

« 自転車通勤、土手のサイクリングロードを快走する。 | トップページ | 冬の湯野上温泉駅(日暮れ前イルミネーション編)。 »

鉄道ねた。」カテゴリの記事

コメント

遅払●の●、証だと思います。私が乗車したときには2時間半の遅れで終着の新大阪駅に到着する前に丁寧に説明してくれました。改札機に入れると印字されることも、1年以内なら払い戻しできることも。

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

●部分、何て印字されているか見づらかったのですが、「証」のようですね。

遅延した日は、東日本大震災の日でした。首都圏は停電で全電車動かなくなるし、大幅に遅延して東京駅に着いても、動いている電車は東海道新幹線と一部地下鉄のみで、JR・私鉄全線ストップという前代未聞の事態でしたから...。パニック状態だったからかも知れません。

丁寧に説明してくれて、いい車掌さんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線遅延で特急料金の払い戻しに行ってきました。:

« 自転車通勤、土手のサイクリングロードを快走する。 | トップページ | 冬の湯野上温泉駅(日暮れ前イルミネーション編)。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ