« 榎本牧場でジェラートアイスを食べる2010。 | トップページ | 国立天文台三鷹キャンパスを訪れた2010。 »

2010年6月 9日 (水曜日)

星と森と絵本の家を訪れた。

住宅街の街並みが続くなか、木々が多い自然の中へ...。

20100609_photo1

訪れた場所は、三鷹市にある「星と森と絵本の家」です。三鷹市が設置、運営する展示施設。入館無料です。

20100609_photo2

中に入ると、少し昔に戻った住居があるぞ。これは、国立天文台旧1号官舎だ。三鷹市有形登録文化財に指定されている。早速、中へ入ってみよう。

20100609_photo3

中は小学校の教室のような雰囲気?。大きな満月の写真が掲示されている。ここの施設は、子どもの好奇心をはぐくむ場となっている。

20100609_photo4

多くの絵本が展示されています。これらの本は自由に見ることができる。

20100609_photo5

地球儀あったり、顕微鏡があったりと、学べる環境になっているな。

20100609_photo6

旧1号官舎は、大正期に建設されたそうだ。90年近く使用されたとの事。現在、この建物はいったん解体して復元・再築されたものです。

背の低いちゃぶ台に、座布団、畳と懐かしい空間だよ。ここで絵本を読んだりもできる訳だ。

20100609_photo7

書斎もあります。

20100609_photo8

理科室やおもちゃ室があったりと、子供が楽しめるように工夫されている。この他、管理棟では、回廊ギャラリーがあり。

20100609_photo9

庭に出てみました。雨水取水ポンプがあります。ちゃんと水を汲み出すよ。

20100609_photo10

手造り感のある池があるね。周辺は木々があっていい雰囲気。ハンモックもあったな。

20100609_photo11

望遠鏡が設置されています。のぞいてみると、先の木々の葉がくっきりと見えるよ。

施設名となっている星と森と絵本の家は、

  • 「星」....国立天文台の知的資源の活用や天文学者等の協力
  • 「森」....天文台の森の豊かな自然の中にあるという環境
  • 「絵本」...子どもと絵本の活動に集う多彩な人々との協働
  • 「家」....大正時代の官舎を保存活用した建物の魅力

という意味合いがあるようだ。児童館のような子供の施設ではあるが、国立天文台に併設されている施設なので、ついでに立ち寄ってみるのも良いかもね。

星と森と絵本の家」 〒181-0015 東京都三鷹市大沢2-21-3 国立天文台内  TEL:0422-39-3401 10時~17時(入館16時30分まで) 火曜日休館 小田急バス天文台裏バス停下車から裏門経由で徒歩1分


大きな地図で見る

« 榎本牧場でジェラートアイスを食べる2010。 | トップページ | 国立天文台三鷹キャンパスを訪れた2010。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星と森と絵本の家を訪れた。:

« 榎本牧場でジェラートアイスを食べる2010。 | トップページ | 国立天文台三鷹キャンパスを訪れた2010。 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ