« L涌井投手圧巻12K完封11勝目。 | トップページ | 期日前投票で瑞沼市民センターへ行ってみた。 »

2009年7月17日 (金曜日)

養老川沿いに歩く中瀬遊歩道。

20090717_kannonbashi 今日も暑かったな。33度くらいまで上がったようだね。

全英オープン初日。初出場の石川遼くん。タイガーウッズと同組でまわり、いきなり2アンダー。すごいね。この調子で、まずは予選通過だ。

さてさて、本題。写真は養老川にかかる赤い橋。観音橋だ。出世観音に通ずる橋だ。

20090717_tobiishi 養老渓谷ハイキングで目当てのスポットの1つ、中瀬遊歩道にきました。スタート地点となる、観音橋付近から下に降りていき、養老川沿いに歩いていく。

おおっと、いきなり飛び石だね。ここを渡って対岸へ。う~ん、気持ちいいねぇ。

橋ではなく、飛び石で渡るってのがいいね。

20090717_michi2 養老川沿いをてくてくと歩いていく。

緑の木々に囲まれた中を川沿いに歩く。川の流れの音と鳥の声。まさしく、自然道だ。

キャンプ場があり、自然の中ゆっくりするのも良いだろう。

20090717_tobiishi2 2つ目の飛び石だ。

ここも、気持ち良く渡っていく。

川の水も透明できれいですな。

20090717_michi ちょっとした、木々の中の道を歩いていく。

狭い道だが、こういう自然道もいいものだ。

20090717_koubundouato ここは、弘文洞跡。養老川の支流、夕木川(別名・蕪来川)と合流する地点。

なんか、独特な風景だね。

弘文洞跡は、39代弘文天皇が訪れたといわれる伝説の名勝だそうだ。

以前は、川廻しのトンネルだったが、昭和54年の上部崩落により、現在の切り立った崖の景観になったようです。

20090717_tobiishi3 3つ目の飛び石を渡る。

足元はゴツゴツしているが、まぁ、滑り止めのような役割があるのかな?。

バランスよく、軽快に対岸へ渡っていく。

こういったところは、涼しげな感じでとても気持ちが良い。

20090717_kyoueibashi 目の前に見える赤い橋は、共栄橋だ。

中瀬遊歩道は、ここで終了となる。橋を渡るため、ちょっとした急坂を上っていく。

20090717_kyoueibashi2 共栄橋から、養老川を見てみた。

こういったところを歩いてきたんだね。

この中瀬遊歩道は約1.2km。約16分程で歩いた。

この後は、次のポイント、老川小学校へ向かうのであった。

さらにその後は、粟又の滝へ向かった。その記事は「滝めぐり遊歩道から粟又の滝へ。」へどうぞ。今回のウォーキングメインの記事は「駅ハイ「山とせせらぎ養老渓谷ハイキング」に行ってきた。」へどうぞ。

« L涌井投手圧巻12K完封11勝目。 | トップページ | 期日前投票で瑞沼市民センターへ行ってみた。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養老川沿いに歩く中瀬遊歩道。:

« L涌井投手圧巻12K完封11勝目。 | トップページ | 期日前投票で瑞沼市民センターへ行ってみた。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ