« 食堂あぐり亭でそばを食す2008。 | トップページ | 新三郷駅西口立体横断施設が利用できるようになりました。 »

2008年11月 7日 (金曜日)

高速バスから八潮PA経由TXへの乗り継ぎ実証実験を利用してみた2008。

20081107_shinmoriyastentbusstop 茨城方面から東京方面へ向かう高速バスで、途中で鉄道への乗り継ぐ機会を提供することで、道路渋滞に関わらず目的地に着けるという観点での実証実験が行われている。利用してみる機会ができたので早速体験してみた。

風が強いが天気の良い日。つくばエクスプレス総合基地からてこてこ歩いて13分程で新守谷駅入口バス停に到着。パーラーさくらんぼ前にあるこのバス停は、高速バス東京駅行きの停留所だ。運賃1000円前払いして乗車した。(自由席)。7割位の乗車率だ。

20081107_yashiopa 常磐道谷和原ICから高速走行。渋滞もなく順調だ。約22分程で八潮PAに到着。早いね。

乗り継ぎ券100円を購入し、下車。

 

20081107_yashiopabusstop ちゃんと、八潮PAバス停が設置されている。

八潮駅へは左(←)と案内されている。

20081107_txnoritugigyousyaken で、これが100円で購入した「高速バス・TX乗継乗車券」です。

つくばエクスプレス、八潮→秋葉原間の乗車券だ。

券の左下に、バス乗務員が日付をスタンプする。

PA内にセブンイレブンや食事処があるので、立ち寄っても良いかも。

20081107_road PA内を少しぐるり周りゲートを出る。

細い道を通り、外へ出ます。

目の前は、フレスポ八潮。駅はすぐだ。

20081107_ent 外の道路に出ました。

通ってきた通路の入口はこんな感じ。

逆方向で、歩いて八潮PAへ行っても良し。

20081107_yashiost つくばエクスプレス08八潮駅に到着。八潮PAからは、約6分程。

ここから、鉄道で東京方面へ向かう事になる。

20081107_poster 駅有人カウンターで、乗継券を提示し、そのままホームへ。一応、八潮→秋葉原となっているので、途中駅、例えば、北千住や新御徒町で降りてもいいのかも。

秋葉原駅では、駅カウンターで乗継券を渡し、改札を出た。

この実証実験は、2008年6月16日~2009年3月31日まで。その後はどうするのかな。八潮バスストップとして正式運用してもいいと思うけど。

20081107_annaizu 八潮パーキングエリアから、TX八潮駅までの案内図。

駅と少しだけ離れているげと、便利な乗り継ぎだと思うけどね。どう?。

« 食堂あぐり亭でそばを食す2008。 | トップページ | 新三郷駅西口立体横断施設が利用できるようになりました。 »

つくばエクスプレスねた。」カテゴリの記事

八潮市ねた。」カテゴリの記事

SA・PAねた。」カテゴリの記事

コメント

このニュースを知らずに乗ったので、車内放送ではじめて気づきました。。
ちょうどアキバに寄ろうかどうしようかと思っていたので買ってもよかったのですが、道に迷うリスク&本当に100円か疑問、というのがあったので、結局買いませんでした。
社内にパンフレットを用意するとか、もう少し情報を伝えてくれれば、利用者は増えるのかもしれませんね。

2009年4月から正式運用が開始されましたね。

本当は、TX乗り継ぎ専用とは言わず、正式なバス停留所にしても良いような気もするけどね。

最近は大幅な渋滞遅延は減ったものの、小菅・堀切JCT付近は渋滞しやすいからね。八潮PAからTX八潮駅経由TX秋葉原駅まで約35分くらいなので、急いでいる人には重宝するのかな...。

八潮PAのバス停は東京都内だけでなく松戸の親戚の家に行くときにも使え便利です。八潮からtxに乗り北千住で常磐線に乗り松戸で下車も出来るので行き限定だが助かります。

にあまひさん、コメントありがとうございます。

確かに、浅草・上野・東京で下車するより、八潮・北千住経由で松戸へ向かう方が便利で楽ですからね。

せっかくなので、八潮PAを通常の停留所にしてもらえたら良いのになと思います。八潮駅から松戸駅行きの路線バスがありますしね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 食堂あぐり亭でそばを食す2008。 | トップページ | 新三郷駅西口立体横断施設が利用できるようになりました。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ