« 八潮駅からもピアラシティへ行けるようになりました2006。 | トップページ | 柏→いわきへは「ひたち」で乗り継ぎ。 »

2006年2月21日 (火曜日)

水戸黄門と助さん格さん。

20060221_Mito1 次の列車に乗り換える為に、ホームにおりた。次の列車が来るのに約15分程ある。待っているのも何だし、ちょっと改札を出てみよう!。

 そう、ここは、茨城県の県庁所在地である、JR常磐線の水戸駅です。

 水戸と言えば、水戸のご老公様ですね。やはりですが、駅を出たところには、石像が設置されています。水戸駅北口再開発事業を記念して作られたもので、1993年2月に建立。

中央に水戸黄門、左が助さん、右が格さんをイメージされたようです。

20060221_MitonoUmematuri この時期になると、そう、梅まつりですね。列車に乗っている途中、偕楽園が見えるが、天気がよかっただけに、人もいたような..。ちなみに、今年の「第110回記念 水戸の梅まつり」は、平成18年2月20日(月)~3月31日(金)までのようです。

20060221_MitoST 水戸駅の北口は、再開発され13年もたっている。この後、南口も見てきたが、これまた綺麗になってしまいましたね。うーん、びっくり。

 そうこうしつつ、まもなく列車がくるので、駅ホームへ戻りました。

« 八潮駅からもピアラシティへ行けるようになりました2006。 | トップページ | 柏→いわきへは「ひたち」で乗り継ぎ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さかきんぐさん、こんにちは。
水戸にいらっしゃったんですか。
10年程前に仕事で1年強水戸に住んでいた事があり、非常に懐かしく思いました。
当時は北口こそ、丸井や駅ビル等があって賑やかでしたが、南口は駅前に駐車場以外何にも無くて寂しいところでした。
今では茨城県庁が南口側に移り、南口側も大分賑やかになったようです。

それと偕楽園の梅ですが、この冬の寒さでほとんどがまだつぼみの状態だそうです。今の状態だと見頃は3月中旬位だとか。
当時はこの梅まつり開催中の週末だと常磐道水戸インターは出口渋滞がひどく、勤務していたお店の食材配送トラックが臨時にルートを変更するくらいでした。
(通常の配送ルートは水戸から6号を勝田・日立方面へ北上するのですが、梅まつり開催中のみ日立から勝田・水戸方面へ南下していました。)

やはり、梅まつりには偕楽園(臨時駅)を利用するのが一番かと…。

こんばんわ。takashiy3310さん。
水戸に住んでいたんですね。
以前、南口を見た時は工事中だったので、今回シャレた近代的なような感じになっていて、びっくりしました。
もうすぐ3月、梅の季節ですね。早いものです。そうですね、偕楽園駅を利用して久々訪れてみようかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水戸黄門と助さん格さん。:

« 八潮駅からもピアラシティへ行けるようになりました2006。 | トップページ | 柏→いわきへは「ひたち」で乗り継ぎ。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ